今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2012年4月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年6月

2012.06.05

金星と地球

金星が太陽を横切る天体ショーが、もう数時間後の22:07GMTから約6時間半かけて行われます。その前に月食だの日食だの、スーパームーンだのなんだのってもういろいろあって、興味のない向きには「だから何?」なんでしょうけど、この金星の太陽トランジットは、この次は2117年だそうなので、今地球上に居る人間にとっては生涯で1回しかないチャンスのめったに起こらない事、と言うことになります。

Transit of Venus, 8 June 2004

そう言われるとなんだか見ないといけない気がしてしまうのが人間の心理。でもいったいこの金星の太陽トランジットってどんな意味があるんでしょう。

金星は地球とほぼ同じぐらいの大きさで、質量も似ている星ですが、表面の温度がとても高く、水も存在していません。大気もそのほとんどが二酸化炭素なので、おそらく生命はいないであろうと言われています。

そっち系の本などでは、金星はとっくの昔に次元上昇してしまっていて、いま私たちが見ているのは、3Dにおけるその残骸だとも言われています。金星は地球の次元上昇を応援しながら待っているとも、また私たちの次元が上がれば次元上昇した金星の姿が見られるだろうとも言われています。

こういうことは証明も出来ないし根拠は?とか言われると何も出せないので、正しいか正しくないかを議論するのは不毛です。自分がどう感じるかどう思うかが一番大切です。

金星の次元上昇云々は置いといて、今現在私たちが知覚出来る金星は、地球から見て太陽と月以外では一番明るい物体です。厳密には星じゃなくて惑星なので物体と書きました(笑)。

この金星ですが、地球との関係において地球に驚くべき様々な祝福をもたらしてくれています。もちろん神聖幾何学的、数学的に見た場合と言うことですけど、惑星は言葉が話せないし、金星に居るかもしれない生命体は波動が違い過ぎて地球人とコミュニケート出来ないから、こういう動きを分析した結果、惑星がどういうメッセージをくれているのかっていうことから見て行くのは一理あるはずです。

占星学でも金星はべネフィック・吉星です。金星の英名はビーナス。愛と美を象徴しています。

金星は地球から見て8年かけてほぼ同じ位置に戻ってきます。それゆえ8年前の2004年にも太陽トランジットという現象が見られました。そしてその8年間に10回太陽とコンジャンクトします。地球から見て、5回が太陽の前で、5回は太陽の後ろ側で。そのコンジャンクトポイントを結ぶと完璧なペンタグラム(五芒星)が描けます。

またその軌道を描きだすと、美しい5つの花びらのローズペタル(バラの花弁=金星のシンボル)になります。それゆえに金星は愛と美の象徴なのですね。

神聖幾何学を勉強するとわかりますが、ペンタグラムは完璧な黄金比からなる図形で、ある意味史上最強の図形ともいえます。黄金比が何故最強なのかは、マカバの日記などで少し触れていますが、無条件の愛を表わすからです。

愛を図形化??というと意味がよくわからないかもしれませんが、この黄金比にはちゃんと数学的・理論的に何故それが最強で何故それが無条件の愛なのかを表せる根拠があるんです。到底日記では説明できませんのでここでは割愛しますが。。ちなみに私たち人間もこの神聖幾何学の理論にのっとって生まれてきています(笑)。

金星と地球の様々な関係が黄金比で出来ていると言うことを突き詰めていくと、金星と地球は双子の星だった、というおとぎ話見たいな話が急に信憑性を持ってきます。。

そんな金星が今日は地球と太陽と一直線に並んで、地球に影を作ります。ペンタグラムの瞑想をして迎えようと思っています。

ペンタグラムの瞑想は、アンジェリックレイキのサイトからダウンロードできますので、興味のある向きはどうぞ。ただし英語です。私のリビング&トリートメントルームには、東西南北のペンタグラムが天使の名前とともに貼りつけてあります。これかなり強力です。無条件の愛の図形ですからね(笑)

この時期に来てエネルギーの劇的な変化を感じています。この金星の動きもそのうちの一つなのかもしれません。3D的にはますます2極化が進んでいるように感じています。目覚めていく人とかたくなに背を向ける人と。

ようやく私たちは意識であり、私たちの意識が私たちの現実を造っていることを、特定の側面だけではなく、すべての面で実感してきている今日この頃です。まだまだ先は長いですが、金星の祝福を私も受け取りたいと思います。ありがとう。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ