今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年12月

2011.12.24

クリスマスと家族

気がつくと2011年ももう残すところ1週間余りとなってしまいました。

例年通り今年もクリスマスの日に日本への里帰りに旅立つ予定なので、もう年内の仕事はすべて終了させました。木曜日と金曜日にプライベートのお客様のトリートメントをしたのが今年の仕事納めとなりました。

木曜日のお客様は最近毎週のように来てくださる方で、ここ2年ほど本当にいろいろと大変な時期を過ごされて来て、とにかく元気になりたいとヒーリングに来られて、レイキ、そして時間を見てはクレニオのトリートメントを行っています。その彼女は、両親、特にお母様との関係が殆ど修復不可能なほどに断絶してしまっていて、子供のころからそのお母様の母親、つまりお祖母様に育てられたのだそうです。もちろんそのお母様は行方不明とかではないので、時々話さなければならないことがあると電話などで話すこともあるそうですが、「出来れば関わりたくない。」「愛情のひとかけらも感じていない」と淡々とその彼女が自分の母親を語るのを聞くにつけ、親子の絆について考えさせられます。無理してそういう風に虚勢を張って「愛してない」と言ってるのかもしれないとクレニオなどのセッションで何度も母親について尋ねましたが、即答で「とっくの昔にそういう感情は消えうせた」とアタッチメントすらあまりない様子です。本当の深い部分がまだ出てきていないのかもしれませんが、真剣に憎しみを持つことすら放棄している、考えるだけ無駄、というほど、今は母に対してのなんらかの感情を持つことすらない様子です。

金曜日に来たお客さまも夏からずっとレギュラーで来てくれているのですが、こちらはマッサージとクレニオをいつも行っています。彼はもともとレギュラーのお客様のご紹介なのですが、こちらは昨年の今頃お父様が急死されて以来、ずっとその感情的処理が出来ずに体調にまで影響が出ているとのことで、とくに今の季節になると1年前のお父様の急死が思い出されて、鬱気味、と言ってました。お母様はずっと若いころに無くなっているため、両親2人とも他界、30代で2人とも亡くすというのは少し早いですね。そんな彼は自分で言っている通り、感情的に落ち込んでいるせいなのかエネルギーの循環が鈍っていました。

先の彼女はクリスマスは一人で過ごすと言ってましたが、この国でクリスマスを一人で過ごすという人にはめったにお目に書かれないほど珍しいことです。小さいころから育ててくれたお祖母様16歳の時にお亡くなりになったそうなので、自分で天涯孤独だと言ってました。

両親を若いうちに亡くしたり、縁を切ったりしている人に続けてあって、その話を聞いて、人によって本当に全然違うものだと興味深く感じました。

特にこの国のクリスマスは、家族なしには語れないものだから、今の時期人々は家族について、クリスマスプレゼントとかどこの誰の家族のところでクリスマスを過ごすか、とかそいう言う風に家族のことを沢山考えるんです。

私が毎年年末年始に必ず里帰りをするのは、この時期ぐらいはちゃんと日本に帰って母や家族に会いたい、会うべきだと強く感じているからです。遠く外国に暮らしていると、嫌でも考えてしまうのが、「あと一体何回、どのぐらい、母に、家族に会うことが出来るだろうか」ということです。たまにしか会わない親は、会うたびごとに老いて行くのが感じられるし、会うたびに小さくなっていくような気がして、それはそれで寂しく感じますが、生きていてくれるうちは出来るだけ会える機会に会っておきたいと思って無理してでも里帰りをしています。

今月の初めに、かなり弱っていた伯母が亡くなりました。7年前に旦那様を亡くされてからはどんどん弱っていく一方だったので、もう苦しい思いから解放されて、そういう意味では良かったのかもしれません。光になって伯父さんにもう一度会って笑っていることを祈ります。

もう後1日でクリスマスですね。今年のイギリスは大不況で、皆イマイチ浮かない顔していますが、それでも年に一度この国の大多数の人たちにとっての一番大切なイベントなので、すべての人々にとって、優しいエネルギーに満たされた、良い一日になってほしいです。

メリークリスマス!


2011.12.12

自分自身

また、1カ月以上、このブログを放ったからしてしまいました。忘れた訳ではないけれど、ブログの存在すら遠くへ行ってしまってるような感じで、私はここのところ、自分自身に集中していました。いや、集中というより、自分自身で生きることに精いっぱいだった、と言う感じで、でもそれは別に何かに挑戦したり、限界擦り切れるほど自分を使って何かをしてたのでもないので、忙しかったと言うことでもありません。その状態を上手く表せないのですが、今までと違う領域に居た、と言う感じが一番しっくりくる感じでしょうか。

 

自分が本当は何が好きで、何がしたくて、何をすると幸せに感じて、どんなことが嫌いで、気が進まないと感じたり、どんなことを避けようとしたりするのか、そしてどんなことを怖れたりしているのか、そういう無視しても生きていけるようなことをつぶさに感じて観察しながら、自分から逃げないように自分の気持ちに出来るだけ正直になれるように、だからと言ってそれに対して気負いを持ったりせず、とにかく「○○すべき」「○○してはいけない」と言うようなことを全部出来るだけ考えないようにしていました。

 

その間、とても大きなディセンションを経験しているような気分でした。マカバも全く活性化出来ませんでした。だからと言って嫌な感じもなく、ただありのままに過ごしていただけです。こんな風に過ごす時間が後どれぐらい続くのかはわかりませんが、一つだけ言えるのは、今はこれでいいと強く感じている、と言うことです。

 

数ヶ月前に計画を立てていたことをどれ一つ実行できていない、と言うのも事実です。でも自分を責めてはいません。上手く他人には説明できないのですが、計画通りちゃんと進んでいると思っています。

 

結局、私が今の私らしく在るかどうか、が一番大切なことで、今それを存在全体で経験しているのだと思います。マカバとか波動とか、アセンションとかはその先にちゃんと有るものなので、たましいがそれを本当に望んでいるのであれば、あえて何かをしなくても導かれていくはずなのです。そして私のたましいがそれを望んでいることは私もわかっているから、今は道に迷っているような気がしても、それは迷っているのではなく、そこまで到達するために通るべき道なのだと感じているのです。

 

ただ、とても波動が濃いので、苦しくなったりします。どこか自分の中から罪悪感にもにた不思議な感じがわき上がってくるんです。自分に集中していると言うことは、エゴと向き合って、時にそれと知っていながら容認しているような気がするのです。自分をジャッジしないでありのままでいることに対して罪悪感も感じないでいられるようになるのは、結構骨の折れることだったりもします。

 

ブログの更新がまたあまりできないかもしれませんが、今の私はこのディセンション状態で、もう少し自分を見つめてみたいと思っています。

 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ