今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 豊かになることを許す | トップページ | 今この瞬間 その1 »

2011.06.19

感情の浄化

ここ2-3カ月、自分のために使える時間が沢山増えたこともあって、内観することが多くなっています。時間が出来たら、やりたいと思っていたことが沢山あったはずなのですが、どうやら私のたましいは、数年間の忙しさのために消耗していた本来の自分自身を取り戻すことから始めるという賢明な選択をしたようで、まだ勉強とか知識を増やすとかという頭を使うことを始めるほどまでにはまだ回復していないのかもしれません。

その代わりと言うわけではないと思いますが、内観、つまり自分自身の心に向き合い、その中で起こっていることを静かに見つめることが多くなっています。そうすることによって、意識がそちらに向かうので、出てくる出てくる、まだまだこんなにあるのか、と思うほど様々な、どちらかというと否定的な感情が泉のように湧いて表面に出てきます。

そういう感情が湧いてきても、今まで忙しくて足早にそこから立ち去って見ないようにしてきたものも沢山あります。感情の浄化は時にややこしくて大変ですが、これを行って、心の曇りをなくさないと瞑想しても、マカバを回しても、チャネリングを試みても、どこかで波動が下がってしまったり、100%純粋なものとして受け取れなくなってしまうので、たましいの波動をあげるためには避けて通れないものです。

特にこの数日間、第二ラウンドに入ったNESの影響もあるかもしれませんが、自分の心の奥底深くに住みついていたしつこい否定的感情に光が当たり始めて、心が不安定になっていました。見たくない自分のネガティブな感情に向き合うのは気分のいいものではないからです。でも光が当たり始めた、と言うことは手放す準備が出来たということですから、今がチャンスだと肝に銘じ浄化の瞑想を何度か行いました。感情の特定、それを映し出してくれている人々と出来事を探り出して明確化し、そのクオリティをチェックして、映し出されている感情は自分のどの部分でどういう感情・波動なのかを特定し、ビジュアライゼーションと、アファメーションを使って、その感情、人々、物事、波動、それに執着している自分自身と物事を自分のあらゆる次元のボディから断ち切って、それが二度と戻ってこないことを自分にアファームします。

こういうことをするときには、私は通常全部英語で行います。私の感情の言語は間違いなく日本語ではなく英語で、感情に向き合う時には波動的に英語の方が感情に簡単に共鳴できるからです。

こういう感情は、時には自分だけのものではなかったりします。DNAに刻み込まれた祖先の記憶、人類の持つ共通の記憶、などから来るものもあります。だからしつこいほど沢山あるのです。ただそれが自分の中にあることに気づかされるときは、大抵自分自身のリフレクション(映し出されるもの)として出てきます。多くの人が浄化をして行くことによって、集合的記憶、集合意識もどんどん浄化されて行き、後の人たちがどんどん楽になって行くはずです。

・・・この記事を書き始めた時には、全然別のことを書くつもりだったのになぜか浄化の話しになってしまいました。タイトルも全然別のものでした。もちろん私の中で関連性があるから、浄化の話から始めたのですが、ここからその本題に入るのが何だか正しくない気がするので、書こうと思っていたことはまた別の機会にします。

震災後の原発問題で、今現在の多くの日本人は「恐怖」「不安」「疑心」「あきらめ」「絶望」「憤り」「怒り」「自暴自棄」「罪悪感」「無力感」など沢山の否定的な感情と向き合っています。決して放射能の問題を軽く思っているわけではありませんが、原発・放射能の問題のもう一つのとても重要な側面は、この問題に否応なく日常で向き合わなければならなくなった日本人たちがこのとても難しい問題に対してどういう感情を持って、現実問題としてどういう風に向き合って逃避せずに、実際的にも、精神的にも、感情的にも対処して浄化できるか、と言うことなのではないかと思っています。これもおそらく次元上昇の課題の一つとして地震・津波災害に加えて日本人に与えられたのではないかと感じています。

安全なところに居る私は、原発問題に触れることを出来るだけ避けてきました。当初はものすごく心配し、最悪の事態になることを怖れ、また正しい情報が発表されないことに対して憤りも感じていました。でも、怒っても心配しても、怖れても、何の解決にもなりません。そういう否定的な感情は、すぐに同じ感情を持つ人のそれと共鳴し、どんどん大きくなって広がります。そうすると心配していない人たちまで心配し始め、起こらなくても済んだかもしれない否定的な事を引き寄せる可能性もあります。なので否定的感情をまき散らすのではなく、前向きな対処策を1人1人が考えていけたらと思います。もちろんあまり良くない状況に居る人たちに我慢しろと言っているのではありません。福島原発は、原発の恐ろしさを世界に知らしめただけでも、ものすごい前向きな貢献をしています。この問題に否応なく向き合わなければならなくなってしまった日本人がどんな風に問題に対処し、そこから未来に向けてどう変わって行くのか、間違いなく地球と人類へのかけがえのない貢献になります。代替エネルギーの開発とともに、放射能への耐性を上げられるようなDNAの進化についても前向きに真剣に考えてほしいと思います。もちろんある程度のレベルまでの耐性と言うことですが、決して不可能なことではないと思います。

« 豊かになることを許す | トップページ | 今この瞬間 その1 »

Spirituality スピリチュアリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊かになることを許す | トップページ | 今この瞬間 その1 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ