今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.19

感情の浄化

ここ2-3カ月、自分のために使える時間が沢山増えたこともあって、内観することが多くなっています。時間が出来たら、やりたいと思っていたことが沢山あったはずなのですが、どうやら私のたましいは、数年間の忙しさのために消耗していた本来の自分自身を取り戻すことから始めるという賢明な選択をしたようで、まだ勉強とか知識を増やすとかという頭を使うことを始めるほどまでにはまだ回復していないのかもしれません。

その代わりと言うわけではないと思いますが、内観、つまり自分自身の心に向き合い、その中で起こっていることを静かに見つめることが多くなっています。そうすることによって、意識がそちらに向かうので、出てくる出てくる、まだまだこんなにあるのか、と思うほど様々な、どちらかというと否定的な感情が泉のように湧いて表面に出てきます。

そういう感情が湧いてきても、今まで忙しくて足早にそこから立ち去って見ないようにしてきたものも沢山あります。感情の浄化は時にややこしくて大変ですが、これを行って、心の曇りをなくさないと瞑想しても、マカバを回しても、チャネリングを試みても、どこかで波動が下がってしまったり、100%純粋なものとして受け取れなくなってしまうので、たましいの波動をあげるためには避けて通れないものです。

特にこの数日間、第二ラウンドに入ったNESの影響もあるかもしれませんが、自分の心の奥底深くに住みついていたしつこい否定的感情に光が当たり始めて、心が不安定になっていました。見たくない自分のネガティブな感情に向き合うのは気分のいいものではないからです。でも光が当たり始めた、と言うことは手放す準備が出来たということですから、今がチャンスだと肝に銘じ浄化の瞑想を何度か行いました。感情の特定、それを映し出してくれている人々と出来事を探り出して明確化し、そのクオリティをチェックして、映し出されている感情は自分のどの部分でどういう感情・波動なのかを特定し、ビジュアライゼーションと、アファメーションを使って、その感情、人々、物事、波動、それに執着している自分自身と物事を自分のあらゆる次元のボディから断ち切って、それが二度と戻ってこないことを自分にアファームします。

こういうことをするときには、私は通常全部英語で行います。私の感情の言語は間違いなく日本語ではなく英語で、感情に向き合う時には波動的に英語の方が感情に簡単に共鳴できるからです。

こういう感情は、時には自分だけのものではなかったりします。DNAに刻み込まれた祖先の記憶、人類の持つ共通の記憶、などから来るものもあります。だからしつこいほど沢山あるのです。ただそれが自分の中にあることに気づかされるときは、大抵自分自身のリフレクション(映し出されるもの)として出てきます。多くの人が浄化をして行くことによって、集合的記憶、集合意識もどんどん浄化されて行き、後の人たちがどんどん楽になって行くはずです。

・・・この記事を書き始めた時には、全然別のことを書くつもりだったのになぜか浄化の話しになってしまいました。タイトルも全然別のものでした。もちろん私の中で関連性があるから、浄化の話から始めたのですが、ここからその本題に入るのが何だか正しくない気がするので、書こうと思っていたことはまた別の機会にします。

震災後の原発問題で、今現在の多くの日本人は「恐怖」「不安」「疑心」「あきらめ」「絶望」「憤り」「怒り」「自暴自棄」「罪悪感」「無力感」など沢山の否定的な感情と向き合っています。決して放射能の問題を軽く思っているわけではありませんが、原発・放射能の問題のもう一つのとても重要な側面は、この問題に否応なく日常で向き合わなければならなくなった日本人たちがこのとても難しい問題に対してどういう感情を持って、現実問題としてどういう風に向き合って逃避せずに、実際的にも、精神的にも、感情的にも対処して浄化できるか、と言うことなのではないかと思っています。これもおそらく次元上昇の課題の一つとして地震・津波災害に加えて日本人に与えられたのではないかと感じています。

安全なところに居る私は、原発問題に触れることを出来るだけ避けてきました。当初はものすごく心配し、最悪の事態になることを怖れ、また正しい情報が発表されないことに対して憤りも感じていました。でも、怒っても心配しても、怖れても、何の解決にもなりません。そういう否定的な感情は、すぐに同じ感情を持つ人のそれと共鳴し、どんどん大きくなって広がります。そうすると心配していない人たちまで心配し始め、起こらなくても済んだかもしれない否定的な事を引き寄せる可能性もあります。なので否定的感情をまき散らすのではなく、前向きな対処策を1人1人が考えていけたらと思います。もちろんあまり良くない状況に居る人たちに我慢しろと言っているのではありません。福島原発は、原発の恐ろしさを世界に知らしめただけでも、ものすごい前向きな貢献をしています。この問題に否応なく向き合わなければならなくなってしまった日本人がどんな風に問題に対処し、そこから未来に向けてどう変わって行くのか、間違いなく地球と人類へのかけがえのない貢献になります。代替エネルギーの開発とともに、放射能への耐性を上げられるようなDNAの進化についても前向きに真剣に考えてほしいと思います。もちろんある程度のレベルまでの耐性と言うことですが、決して不可能なことではないと思います。

2011.06.17

豊かになることを許す

過渡期にいる私にぴったりなガイド本を、数か月かけて読んでいました。

クリエイティング・マネー―光の存在オリンとダベンが語る豊かさへの道 クリエイティング・マネー―光の存在オリンとダベンが語る豊かさへの道

著者:サネヤ・ロウマン,デュエン・パッカー
販売元:マホロバアート
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お正月に日本に里帰りした時に買ってきたうちの1冊で、本当は同じ著者の、チャネリングの本を買おうと思っていたのですが、そちらは残念ながら購入時に在庫がなく、早めに注文をかけたのに日本滞在中に入庫しなかったので、代わりにちょうど今の時期の私に必要であったこちらの本を購入しました。

読み始めたのは、例の某事務局の仕事を辞めた2月ごろで、やっと最近読み終わりました。文中のエクササイズをやってみたり、一つ一つの大切な言葉を反芻したり、いろいろ試したりしていたためか、完読するのに4カ月もかかってしまいました。

私がスピリチュアル関連やセルフヘルプ系統の本を本当に沢山読んでいるためだと思いますが、タイトル、著者、本の公式説明文と、読者のレビューを読むと大体の内容のイメージが出来るようになりました。そのためこの本も、きっと私の生活と仕事形態の変化に当たって助けになってくれるであろうと最初から期待していましたが、期待以上のものでした。

タイトルにあるように、この本の主たる内容は「お金を作り出し、豊かになるためのガイドブック」ですが、ここで語られている本質は、ただ単に「いかにお金を作り出すか」と言うことではなく、もっと大きな意味での豊かさの本質について、そして自分が豊かになることを自分自身に許すことによって、お金を含む豊かさを引き付けることができるのであると言うことをいろいろな角度から繰り返し教えてくれます。お金は物質ではなくエネルギーであり、宇宙は安全で無限の豊かさとエネルギーに富み、自分以外の誰かが沢山お金を持っているからと言って、自分の分がなくなったりはしないのです。自分の本当にやりたいライフワークに集中し、自分が幸せでワクワクすることをすることを自分に許す時、お金や欲しいものが自分に還元されて行くのです。

フルタイムで会社勤めをしていたころ、「何故私たちはこんなに奴隷のように、月曜日から金曜日までの週5日間、朝から夕方までの決められた時間に働かなければならないのだろう、そうしなければ生きていけないなんて誰が決めたのだ?」とずっと思っていました。そういう風に、誰が決めたのかわからない、決して自分が納得して受け入れた訳ではない、ただ暗黙の了解のように社会が決めた決めごとに従うことに抵抗を感じていた私は、もともと会社勤めのサラリーマン的な仕事には向いていなかったのだと思います。それで、そういう仕事形態から抜け出したいと言うことと、自分が好きなことをしたい、という思いからホリスティックセラピストとしてフリーランスになった訳ですが、心のどこかで、「安全で安定した収入をそれなりにもらえる会社勤めを自らの希望で辞したのだから、金銭的に苦労するのは当たり前」「その代わりに自由を手に入れているのだから、収入が少ないのは仕方がない」という思い込みをどこかで捨てきれずにいたと思います。

ここ最近の日記に何度か書いたように、自分が常に幸せで、仕事を楽しむことができれば週に何日働こうが、何日休もうが、自分が自分で適切だと思う形で働いて良いはずではないか、と思っていたことをこの本に思いっきり後押しされ、勇気をもらうことができました。そう、社会がどう思うかではなく、私がどうしたいか、私がやりたい仕事をして幸せであり続けることによって、そのエネルギーを人々に与えることができれば、そのエネルギーが循環し、私はどんどん豊かになれるし、豊かになっていいのです。私が豊かになるために誰かからお金や機会を奪う必要はなく、人々は喜んで私にお金を払ってくれるのだと言うことを信じることが重要なのです。

この本はお金をいかに作り出すかということより、いかに自分が豊かになるのを自分自身に許すのかを教えてくれる、魂を成長させるためのガイドブックです。

私はいつも本を読むときに、鉛筆で本に線をひいたり書き物をしたりしてしまうのですが、この本は全部の言葉に線を引きたいぐらいでした。

この本の中にある「欲しいものを引き寄せるエクササイズ」を何度か行いました。やるたびにいろんな発見がありました。自分自身は100%欲しいと思っていたはずのものが、実はそうではないことに気づいたり、その欲しいものの中にある本質を見直さなければならない事に気づかされたりして、何故欲しいと思っていたはずなのに引き寄せられていないのか、に嫌というほど気づかされるのです。

先週から、先日記事にしたNESセラピーの第二ラウンドに入っていますが、ここでまた私の身体や感情、思考のエネルギーが強化されることにより、欲しいものを手に入れるだけの元気がどんどん戻って来ているような感覚があります。この本の本質をしっかりつかんで、本当に欲しいものを引き寄せて行きたいと思います。

2011.06.11

時の流れとエネルギーの流れ

ボケボケと時を過ごしていたら、もう6月も10日以上が経っていました。さすがに6月になったときは、2011年ももうすぐ半分になろうとしているのだと気が付き、時の流れの速さにやや焦り気味になりました。でも、焦っても何の解決にもならないし、時間は皆に(表向きは)公平に流れて行っているのだから、事実を受け止めるしかないです。でも、時間の流れ、絶対に速くなってますよね?

以前に読んだフォトンベルトの本にある「マージング・ポイント」と、バーバラ・マーシニアックの本にある、「ナノセカンド(1987年から2012年の25年間)にエネルギーの強烈な加速が起こると言うこと」その他にあるように、現在の私たちの時間は加速して進んでいるので、時の流れが速くなった、と言うのは錯覚ではなく、また長く生きていれば相対的に時間が経つのが速く感じる、以上に速く感じられるのは、宇宙や地球の波動の変化と、私たちの意識の変化によるものだと思います。

東日本大震災から3カ月が経ちました。「もう3カ月」なのか、「まだ3カ月」なのかというのは、人それぞれの主観によって違うと思います。ある部分では「もう3カ月」と思いながらも、当事者でない私は自分の日常が震災による直接的影響を受けた訳ではないので、そういう部分では、あの震災の記憶がすこし遠くへ行ったな、とも感じています。

震災から3カ月経って、被災地は確実に復興に向けて動いています。瓦礫が取り除かれたり、道が整備されたり、ライフラインが復旧されたり、といった様子が載っている写真記事を目にして、被災地の3カ月に思いを馳せながら、自分はいったいこの3カ月間何をしていたのだろうと考えてみました。

大きな変化としては、家の大掃除をして、自宅でも仕事をすることが可能になり、少しずつそれを実行に移しています。家全体が整頓され、清浄なエネルギーに満ちた空間になり、自分のエネルギー値も上がったような気がします。いや、正確に言うとエネルギー値が上がったのではなく、エネルギーの流れが格段に良くなったので、「循環」している感覚がもたらされ、それによって自分の意識とその実行力、実現力に確信を持つことができるようになりました。つまり、エネルギーが循環している事を感じているので、自分が行った行為によるリアクションを受け取れる確信が格段に上がったのです。

また、自分の時間が増えたことによって気持ちに余裕が出来たので、様々なことの見極めが上手く出来ているように思います。そして何よりも、自分自身を見つめて、自分自身の感情や思考を正しく受け止め理解することが出来るようになってきました。

自分の課題、陥りがちなパターン、対人関係、自分のミラーとなってくれる人たちと向き合うこと、今まで自分の時間とエネルギーがなくてやりたくても出来なかった「内観」をこの数カ月良く行えるようになったのは、とても自分の精神的、霊的健康に取って重要なことだと感じています。

次の課題は、次のステップに進むための準備をすることです。もうずっとドアをノックされているのに、私がその気になるまで保留してきたこと、を本腰を入れてやる時期が来たようです。アンジェリック・レイキ、そしてマカバ。人に伝えていけるように、準備を始めたいと思います。そういうエネルギーの流れを感じています。時が先に流れて行ってしまう前に、しっかりとエネルギーを捕まえてそれに乗って行きたいと思います。

2011.06.10

Soul Union Project ソウル・ユニオン・プロジェクト

ソウル・ユニオン・プロジェクトという東日本大震災を支援するためのチャリティープロジェクトを縁あって、お手伝いすることになりました。

このプロジェクトを立ち上げられた友人と、ずいぶん前に会ってから最近まであまり頻繁に会ったり連絡し合ったりしていたわけではないのですが、このタイミングで再会したのも、エネルギー的に繋がりが有ったのだと思います。

このプロジェクトは、5人のアーチストが作成したステッカー(1つはバッジ)と引き換えに募金を募り、集まったお金を、「被災者たちを長期的にサポートする」NPOもしくはNGO団体へ寄付するという活動を行うものです。

話は聞いていたものの、ステッカーはいつできるんだろう?なんてのんびりしていたら、先週印刷会社から、出来あがったものが届けられたと言うことで、急遽6月4日(土曜日)のIFAのUKカンファレンスで募金を募る活動をすることにしました。

このカンファレンス、久しぶりに、1会員として、そして参加者として出席したのですが、とても楽しく過ごしました。IFA事務局の仕事を辞してから、久しぶりにスタッフやメンバー、理事たちにも会って、懐かしくおしゃべりする合間に、出展スタンドの並びの小さな一角を借りて、ソウルユニオンへの募金を呼びかけました。

Table_small

久しぶりに参加者としてちゃんと参加出来る事もあって、講義やワークショップを楽しみにしていたので、それらに出席出来るように朝の登録時間と、ブレークの合間、それにランチタイムの短い時間に精力的に活動し、持っていた30セットはすべて捌くことができました。IFAはチャリティー団体、と言うこともあるし、チャリティーなどには関心が高い英国の人たち、そして日本への募金なので、日本人の方たちの関心が高く、本当に励みになりました。

ステッカーの印刷ができたばかりで、PRマテリアルなど何もなかったので、前日夜なべして作った手作りのポスターとチラシを置いただけでしたが、場所をもらってPR出来たのは良かったです。急にお願いしたのに、快く了承してくれたIFAには深く感謝いたします。

このステッカー、さりげなく「I'm with you Japan」というメッセージが入っているとてもアーティスティックで素敵なデザインのものです。震災からすでに3カ月になりますが、今までですでにもう本当に多くの人たちが何らかの形で募金したり義捐金集めに協力したりしてきていることと思います。ソウルユニオンは、「被災地のこれから」に重点を置いた「長期的サポート」、つまり一過性のものでなく、継続的な支援をして行くことを目的としてプロジェクトを行っているので、何か形に残るものと引き換えに募金をすることによって、自分がサポートしたことを継続的に思いだせる、と言うことを考えて敢えてステッカーと引き換えにした募金を募るものです。

Soul_union_small

スポーツ界や芸能界、有名人たちが日本をサポートすることを前面に出すために、ステッカーを貼ったり、特別なデザインの服や小物を身につけたりするのと同じ感覚で、サポートしていることをさりげなく表明できるので、募金してステッカーをゲットしてくれた人が広告塔になれるという利点もあって、輪が広がることも期待しています。

このステッカー、ヨーロッパだけでなく日本でも印刷し募金を募って行くことになっているので、日本の皆さんもぜひぜひご支援ください。

詳細はウェブサイトが有りますので、興味のある方はのぞいてみてください。英語のサイトも作成中、そしてフェイスブックも作る予定です。

ウェブのURLはこちらです: www.soulunion-project.com

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ