今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.25

大掃除

この前大掃除したのはいつだっただろう、確か日記を書いたはず、と見返してみると2008年の9月でした。

自慢ではありませんが、それからほとんど掃除らしい掃除をしていません。家に持ち帰る仕事が多過ぎて、書類の山が散乱している状態のまま次の仕事に取りかからないと行けないというあまりにも忙し過ぎる状態が長く続いたことと、仕事をすることにほとんどエネルギーを奪われて、家で時間があったらただひたすら休みたい、眠っていたいと言う状態が3年ぐらい続いてしまったせいですね。

今、週休4日の状態なので少しずつ家をきれいにしています。でもあまりにも散らかっているのがリビングだけでなく、ベッドルーム、バスルーム、キッチン、すべてなのでやり始めて数時間すると、うんざりしてきてしまうのです。ダメですね。。。

このイースターは頑張って、ベッドルームの2コーナーとリビングルームの2コーナーをきれいにしました。いやはや、私の掃除はいつも大々的過ぎて、だからたまにしか出来ないんだと反省しています。

それにしても、なんで知らない間にものって増えて行くんでしょう。私はもうきれいな洋服やアクセサリーやガジェット類、雑誌や音楽CD、DVDなどをほとんど買わないので、そんなにものが増えるはずはないと思っていました。でも、確実に大量に増えているのは「紙」です。こんなに物事がデジタル化しているのに、なんでこんなに「紙」が散乱するほどあるのだろうと目を疑います。多分、翻訳の仕事、翻訳を含む企画の仕事などをやったせいで、資料やそれに付随するものが大量にあちらこちらに散乱しているのです。ほとんど捨てて良いものなのですが、ちゃんと整理してチェックしてからでないと捨てられないものばかりなのです。

翻訳や編集は画面だけでやると間違いが多くなるので、どうしても何度かはプリントすることになるから仕方ないとして、去年からたびたび趣味で短期間旅行に出かけているその資料がもうひとつの散乱の原因です。趣味なのでまたいく可能性があるから、資料として取っておきたい。そう思うと捨てられない、でも旅行で使ったもの一式と一緒くたになって山積みになっているから、それを見るだけで憂鬱になってしまうのです。

家の掃除をしながら、これからの構想を練っています。だいぶいろんなことがクリアになってきました。自分が何をしたいのか、何がしたくないのか、何が出来そうか、どんなことに挑戦したいか、掃除が進むにつれてどんどんクリアになって来ます。自分の周りがデブリだらけだと、本当にビジョンも曇ってしまうのだとつくづく思います。

先週、NESというセラピーを受けました。凄く興味深いものでした。私のあらゆるレベルのエネルギー状態を読み取って、診断されるというものなのですが、それをコンピューターのソフトが行うのです。それをセラピストが読解して、被施術者である私と話をしながら進めていくというセラピーでした。いやはや、凄かったです。今そこで処方されたティンクチャーを計画に沿って1ヶ月間飲んで、身体のエネルギーレベルを整えているところです。このセラピーに関しては、ちゃんとした記事を書こうと思っています。掃除が終わるまでには。。。

と言うことで掃除に戻ります。

2011.04.15

Angelic Reiki アンジェリック・レイキと意識の変化

ここ最近、AR(アンジェリック・レイキ)のエネルギーに繋がる機会が多くなっています。

お客様にARをリクエストされたり、ヒーリングが必要なCSTのセッションを行ったり、が通常よりかなり多くなっています。何でもかんでも地震に関連させたくないけれど、3月11日以来、地球全体とそこで暮らす私たちの意識が変わったことをひしひしと感じています。

意識が変わって、波動が上がっていくにつれ、不要な物の浄化、今まで気づかなかったたましいの成長を妨げていた感情ブロックのアンブロック、まとまっていない散乱した思考の再構築、そしてたましいの急激なる覚醒に追いつかない様々なレベルの自分の調整、多くの人たちにこのようなことが必要になっているような気がします。ARの素晴らしいところは、皮をむくように少しずつではなく、一度にこういう問題に働きかけられる点にあり、開発者が声高に言うところの、「いま、この時、この時代に必要とされるヒーリング」なのだと実感しています。

これだけの変化が訪れ、程度の差こそあれ多くの人が嫌でも「再生」することを強要されているこの時こそ、小さな自己(ローワーセルフ)にとどまらず、もう少し高次の自分に目を向けてそこから自分の立ち位置を考えて欲しいと切に思います。大災害そのものは目を覆うほど悲惨なものであり、その後の安定しない生活の中では、変化をしなければならない事を感じていても、つい保守的に今までの自分に逃げようとしがちになることも良くわかります。

でも、何万人もの人の命を奪い、世界中の人を震撼させたこの3月11日の出来事を自分の人生の中で消し去ることが出来るのでしょうか。被害を受けていない人も、3次元的には地震を感じなかった人にも、地球と言う共通の場所に住む人間として、大きな影響を与えてたこの出来ごとの意味を、1人1人に考えて欲しいと思います。そして、その影響を自分自身とその生活範囲内だけでなく、もう少しそこから先の大きな視野で感じて見ることができたら、地球にいる私たちの集団の意識を上げることに貢献できます。

大きな視野、とは何も政治家になってこの混乱をどう収拾しようかと考える、と言うことを言っているのではなく、もう多くの人たちが始めていること、「自分に何ができるか考える」ことからでいいと思います。

例えば、地震で家にあるものが棚から落ちたり倒れたりして壊れたものがある人は、まずそれを掃除して修復すると思います。次に壊れてしまったものを買いなおす、もしくは見直して本当に必要かどうかを考える。次に停電を思い節電する。買占めをしないように努力する。こういったことは自分の生活範囲での変化です。自分の周りが少し落ち着いたら、今度は周りに目を向けてください。家族、友達、その次に知り合いではないけれど同じ日本人の被災者の人たち、救済・復興を助ける多くの職業の人たち、原発を決死の覚悟で守っている人たち。それを見守っている世界中の人たち。その世界中の人たちを乗せているたった一つしかない、代えがない地球。そういう自分の意識を大きく広げて行くときに、自分が小さく感じるか、それとも大きく感じるか、良く感じてみてください。自分の思考を注意深く観察してみてください。恐怖や怒り、悲しみや、罪悪感と言った否定的な思考が出てくるか、それとも希望、喜び、優しさなどの肯定的な気持ちがするか、もしくは両方ごった混ぜで感じるのか。

あなたは今そこで1人でそれを考えているかもしれませんが、この意識は集合意識に繋がっているんです。あなたの思考や考えがこの集合の意識に常に影響を与えているんです。一人ひとりが出来るだけ前向きになることで、皆の気持ちが変わっていきます。自分になんか何もできないなんていうのは妄想です。もしあなたが本当に何もできないのであれば、あなたは何故そこに生きているのか、考えてみてください。

無理やり前向きになることはストレスを生み出しますのでお勧めしませんが、もう少し自分の思考や感情を理解するところから始めてもいいかもしれません。余震が毎日来て、原発事故による放射能の恐怖が有って、また大きな地震が来るかもしれないという予言を聞くと、嫌になって逃げ出したくなる気持ちも良くわかりますが、これは現実で、あなたは嫌でもその現実を直視しなければならないんです。現実を直視できないと、どこに行っても同じようなことが押し寄せて来ます。結果は同じ。これは私たちの今の人生で学ばなければならないことなのです。

ARの話でしたね、また話がそれちゃいました。この素晴らしいヒーリングを出来るだけ沢山の人に体験してもらえるために、私もそろそろ始動しなければなりませんね。ここに書いてあることは半分自分に向けて言ってることです(笑)。ここにきて多くの人たちがARを望むことが私にとって励みになっています。

2011.04.11

震災から1カ月

もうすぐあの震災から1カ月が経とうとしています。

この1ヶ月間、私自身本当にいろんなことを考えました。そしていろんなことを考える人たちを沢山見ました。3月11日を境にいろんなことが加速して起こっているように思います。でも本当は3月11日ではなく、もっとずっと前から起こっていたのです。ただ覚醒に向かうエネルギーがあの地震でうねりのように大きくなって、加速がついたように感じています。特に日本地域と日本人については。

地震の5日後に「東日本大震災と次元上昇 (eathquake and ascension)」という記事を書いた後から、いつもはたいして閲覧者もいないこのブログのヒット数が普段の5倍以上に跳ね上がりました。ピーク時には10倍以上あったかもしれません。あの記事は本当に地震に対する当時の感想日記のようなもので、今回の地震とそれに続くさまざまなことを順を追って記録し、そのころに私が感じていた事をそのまま記しただけのものだったので、本当に「地震とアセンション(次元上昇)」を考察しているとは言い難いものでした。おそらく「東日本大震災・地震・アセンション・次元上昇・ポールシフト」という検索ワードをすべて含んでいるせいでヒット数が増えたのだと思いますが、それだけアセンションに関して今回の地震との関連性を沢山の人が感じているのでしょう。

アセンションに関しては私たちの今いる3D(3次元)的な枠を超えて考えないと理解しにくい部分が多々あるので、誤解を生みやすく、否定的にとらえている人も多くいるようでとても残念です。アセンションは選ばれた人たちだけがする特別なものではありません。アセンションなんて言葉もなにかも知らなくてもそのレベルの霊性を持っていれば、今すぐにでも可能ですし、本気で望めば、地球上にいる人たちすべてが上昇することだって決して不可能なことではないのです。もちろん今の現実を見ているとそれはとても難しいことではありますが。。

以前に何度も書いていますが、アセンションはただそこに座って待っていればやってくるものではありません。一人ひとりが自分のたましいの存在の意味と目的を理解し、実現に向けて達成していかなければ何も起こらないのです。2012年12月21日のカレンダーに丸印を付けてその日を指折り数えてカウントダウンしているような人は、もう一度自分を見つめ直して欲しいと思います。アセンションはチケット買って待っていれば必ずやってくるロックコンサートやトーナメントの決勝戦のようなイベントではありませんし、この日に必ず起こるもというものでもありません。そういう風に日付が決まっていて皆一斉に上昇するとかマニュアル本や試験の点数のように条件を満たしたからパスとかというものではないのです。

このように前々からスケジュールされているイベント的なものではないですが、今回の地震のように人々の生活や環境、考え方や生き方を大きく変えるような出来事によって人々のたましいの覚醒が加速すれば、より多くの人たちの上昇が可能になります。1人が覚醒すれば次の人の覚醒はその人より容易になりますので、沢山が覚醒すればさらに大規模に広がっていくものです。

今回のこの大災害とそれに続く原発の危機によって、多くの人たちが日常を見直し、自分の生き方を内観し、これからどうやって生きて行くかを、そうと気づかずとも多次元的に考え始めています。地震の前にだって皆そのように生きて来ていたのですが、この出来ごとをきっかけに大きな「気づき」がもたらされ、意識的な脱3Dが始まってきました。

「多次元」とはそれほど難しいことではなく、今自分に見えているもの、保有しているものだけにとらわれる3次元だけでなく、もう少し多角的な自分のあり方、生き方を、目に見えないもの(感情、思考、精神性)も含めて高い志を持ってしっかりと感じて生きて行くということで、多次元に存在するようになるのが始まりです。自分の存在があらゆるところに点在出来るようになる、と言ったらわかりやすいでしょうか。

地震・津波の大災害に有ってなお懸命に真摯に生きて行こうとしている現地の方たちとそれを支える日本人・東北人特有の我慢強さ、そして多くの人たちがそれを支え、必ず日本を復興させて見せるという気概を感じさせるほどの力強さ、正気でいるのですらつらいであろう被災者たちが見せるあのクオリティーは何なんだろう、と遠い外国にいて日本人の底力を見せられているような不思議な気持ちになりました。世界中を見渡しても、自然災害的にかなり危うい位置にあり、ほとんど何の資源も持たないこの経済大国は、「日本人」という素晴らしい資源を持って作られたと言っても過言ではないと思います。その日本人はもっとその資源に誇りを持ち、これから、その危うい状況でも人間としての尊厳を失わずに行動できるという手本になり、そこから世界に、そして地球の次元上昇に貢献していってほしいと心から思います。

震災が起こってから本当に沢山の思わぬ国の人たちが日本人に対して深い同情と敬意を表してくれることを本当に嬉しく誇りに思っています。そういうことは日本にいるとなかなか聞こえてこないかもしれませんが、多国籍の人が住むロンドンにおいては、地震発生後に本当に沢山の人から声をかけられました。決して裕福でもない言ってみればマイナーな彼らの国で日本が援助を行ってきたことを彼らはちゃんと覚えていて感謝してくれているのです。普段は機会もないからそんなことを声高に言ったりはしないのでしょうけれど、こういう日本の状態をみて心から同情し、昔自分たちが日本にしてもらったお返しをしたいと言ってくれるのです。世界はちゃんと見ているんです。

安全なところで勝手に希望論をかざしているだけの私は、そうだと言われてしまうと何の反論も出来ません。でも私も日本人のDNAをもつ者として、自分の生活基盤の中で出来ることを精いっぱいやっていきたいと思います。ただいま経済危機の私は募金も神戸の震災の時に比べると本当に気持ばかりしか出来ませんでしたが、先日はチャリティーイベントでトリートメントを無償で提供すると言う機会に恵まれました。当日福島の南相馬市出身の方にトリートメントをさせていただきました。明るくふるまっていらっしゃいましたが、身体がとても強張っていて感情的に緊張の毎日を過ごされていることがうかがえました。

被災地の方たちに直接何かを行えなくとも、今、目の前にいる人たちに対して優しさと思いやりを持って、日常を生きて行くことが大切だと感じています。人生は長いのです。いつか東北に被災地に直接何かが出来る機会があったときにそれを実行すればよいのだと思います。今はただ祈りのエネルギーを送り続けたいと思います。原発にもずっと祈りのエネルギーを送り続けます。

原発反対のうねりも頼もしいと思います。私はかなり昔に原発反対を表明しデモにも参加したことがありましたが、また機会があったらそういうものにも参加して行きたいと思います。

1カ月って長いような短いような、あっという間ですね。不自由な暮らしをしている方たちの今日が、昨日より少しでも良くなっている事を願い続けています。

2011.04.06

Faith 信義

信義=信を守り義を行うこと(広辞苑)

2月に仕事を辞めてからまだ仕事を探していません。収入が半減してしまったので、当たり前ですが経済的に窮地に立っています。

私の中の私の1人が、「速く仕事探しなさい」と大きな声で言っている反面、もう一人が、「慌てて変な仕事をつかむと、今までと同じパターンに陥るからゆっくり探せ」と言っています。さらに別の私は「今の生活パターンが理想的なんだから、それで暮らしていける道を探せばいいのでは?」などと悠長なことを言ってます。(今の生活パターンは、週3日仕事、週休4日)。

確かに「人は週に5日働かなければならない」と言うのは誰かの作った思いこみで、生活可能であれば週に3日だろうと2日だろうと、毎日だろうとその人の望む労働パターンで良いのだと思います。でも現実的には今のパターンでずっと暮らしていくのはシングルの私には不可能です。特に週に3日の仕事のうちの2日間の仕事がプロダクティブでないので、多くの収入を得ることはあまり期待できそうも有りません。

銀行の残高を見ると心臓に悪いので、見ないようにしています。これからビジネスを始めるには体力(預金)がなさすぎなので、今持っているもので創意工夫していかなければなりません。

2月に仕事を辞めると決めた時に、沢山の人に辞めてどうするのか聞かれましたが、私自身が明確な答えを持っていなかったので、答えようが有りませんでした。不安じゃないと言ったらウソになりますが、同時に私にはしばらく休養が必要であるということも感じていたので、今自分の感じることに従って、慌てて何かをしないようにしようとしています。

自分が本当に望んでいること、自分が心から楽しんで、100%満足できること、いつもどんなときでも仕事をすることにワクワクしていられることをしたいと思っているので、その道付けを行うために、今は自分の内面を見つめるべきだと感じているのです。そのために今は山籠りのようなことをして、自分のエネルギーの向かっている方向をしっかりと見極め、100%確信を持って「やりたいこと」を引き寄せたいと思っています。

私が100%信じていれば、必ずヘルプが現れると思っています。私の私と言う存在の在り方についての「信念」と「信義」が試されているのだと感じています。

最近夜にマカバを活性化させると、意識状態が不安定になるような変な感じがしていたので、今朝、目覚めてから活性化させてみました。久しぶりに安定して活性したので、そのままハイヤーセルフに繋がっていろいろ質問してみましたが、今ここに書いているようなことが答えです。自分の内観をすることが大切だと言われました。マカバも一日1回では少ない、もっとやれと。。目をそむけていることに向き合えと。

今年は、アセンションに向き合って生きて行こうと思っていました。日本で起こった地震と津波、その後の原発事故、そしてそれに対する人々の様々な反応と自分が感じていること、と自分のリアクションを見るにつけ、自分の役割というものについてもう一度考え直しています。

今は、自分自身の浄化を行い、時が来たら自然と呼ばれるのだと思っています。自分が積み重ねてきたたましいの成熟度をもっと上げて行くために、疲れた部分を休ませ、次のステップに上がっていきたいと思います。

2011.04.02

休息の必要性

先週、休暇を取ってポルトガルに行ってきました。

東日本大震災から10日あまり、ずっとそのことに心を奪われ続け、被災者でもないのにまるで被害にあったかのように気持ちは落ち込み、さまざまなことを考え続け、福島の原発の状況に一喜一憂して、「災害ハイ」になっていたあの状態から抜け出せたのは良かったと思っています。

未だに避難所生活している方たちや、ライフラインが復旧していない地域の人たち、見えない放射能に不安を持ったり、計画停電に巻き込まれたり、特定の品物が不足して不自由をしている方たちのことを考えたら、気持ちの落ち込みなんて言うのは些細なことでは有りますが、それでもこの未曽有の大災害から受けた精神的影響は測りしれず、そこから一時的にでも日常と違う空間に行くことができたことはいろんな意味で助けになりました。

ポルトガルから帰って来て、行く前のようにニュースを執拗に追ったりはしなくなりましたが、だからと言ってリフレッシュして元気になれたかと言うと良くわからないです。間違いなく、自分を取り戻すことはできました。でも、何度かここにも書いたように、私はここ2-3年あまりにもインテンスに仕事をしてきたことで3D的に本当に疲れきってしまっているのだと思います。だからこの大災害や原発問題云々を直視して、立派に行動を起こしている人たちを見て感心する半面、だからと言って私が立ち上がって何かをしようという元気がまだ湧かないのです。

もちろん私は、被災地である日本にいるわけではないので、たとえやる気があったとしても出来ることは限られますが、原発のこと、地球のこと、次元上昇のこと、さまざまな角度からヒューマニティに貢献できる道は沢山あるのだろうと考えます。

今、あの大災害をきっかけに沢山の大きなエネルギーのうねりのようなものが起こっていて、人々が目覚め、立ち上がって意見を言い、自分に何が出来るかを考え、実行しているのを見るにつけ、人々の霊性(スピリチュアリティ)がものすごいスピードで覚醒しているのを感じます。

そんな素晴らしい状況になんだか水を差すようですが、決してやり過ぎて、今の私のようにバーンアウトにならないでほしいなと思います。自分が出来ることを自分が出来る範囲で、自分のペースでやっていってほしいと思います。何事もその時だけでなく、続かなければ意味がないのですから。また周りがそうだからと言って無理して何かをやる必要は全くないのです。人はそれぞれ得手と不得手があるのだし、何かをしたから偉くて何もしなかったからと言って非難されることなど何もないのです。

3月27日に予定されていた父の7回忌がキャンセルになりました。父が亡くなったのは6年前私がベニス旅行に行こうとしていた前日でした。当然旅行をキャンセルし日本に飛んで、すべてを済ませた2週間後に今度はバルセロナ旅行に行きましたが、あの時私は、「Guilt=罪悪感」という感情について嫌というほど学びました。この感情は私たちを不幸にします。誰かが不幸だからと言って、自分が幸せになってはいけないなんていう法則はないのです。あの時の学習がしっかりと生きていて、その後この感情で自分の楽しみを自ら台無しにしたことはありません。だから今回の休暇もしっかりと心から楽しむことができました。

被害に遭っていない日本人の方たちも、被災者たちの悲しみや苦しみを感じ、同情し、そういった感情を何かの形で表現することは人間としてごく自然のことですが、だからと言って必要以上にその感情に同調して、日常をねじ曲げてまでも何かを自粛したり、我慢したりせずに、明るく幸せに生きて行ってほしいと思います。

ポルトガルから帰国して、日本にいる母に電話したら「空いてる部屋が2つもあるんだから、被災地の子供を預かろうと思って、登録してきたわ。だからしばらくは日本に帰ってこないでね。」と言われました(笑)。私の母はとにかく昔からこういうことがあると真っ先に立ちあがって行動を起こす人で、いつもその行動力と迅速な決断を尊敬していました。彼女のささやかな貢献が上手くいくことを祈ります。

私はとにかく自分の元気を回復するのが先ですね。今度はビーチホリデーにでも行こうかな。あ、新しい仕事まだ決まってないからお金ないか。。。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ