今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« Faith 信義 | トップページ | Angelic Reiki アンジェリック・レイキと意識の変化 »

2011.04.11

震災から1カ月

もうすぐあの震災から1カ月が経とうとしています。

この1ヶ月間、私自身本当にいろんなことを考えました。そしていろんなことを考える人たちを沢山見ました。3月11日を境にいろんなことが加速して起こっているように思います。でも本当は3月11日ではなく、もっとずっと前から起こっていたのです。ただ覚醒に向かうエネルギーがあの地震でうねりのように大きくなって、加速がついたように感じています。特に日本地域と日本人については。

地震の5日後に「東日本大震災と次元上昇 (eathquake and ascension)」という記事を書いた後から、いつもはたいして閲覧者もいないこのブログのヒット数が普段の5倍以上に跳ね上がりました。ピーク時には10倍以上あったかもしれません。あの記事は本当に地震に対する当時の感想日記のようなもので、今回の地震とそれに続くさまざまなことを順を追って記録し、そのころに私が感じていた事をそのまま記しただけのものだったので、本当に「地震とアセンション(次元上昇)」を考察しているとは言い難いものでした。おそらく「東日本大震災・地震・アセンション・次元上昇・ポールシフト」という検索ワードをすべて含んでいるせいでヒット数が増えたのだと思いますが、それだけアセンションに関して今回の地震との関連性を沢山の人が感じているのでしょう。

アセンションに関しては私たちの今いる3D(3次元)的な枠を超えて考えないと理解しにくい部分が多々あるので、誤解を生みやすく、否定的にとらえている人も多くいるようでとても残念です。アセンションは選ばれた人たちだけがする特別なものではありません。アセンションなんて言葉もなにかも知らなくてもそのレベルの霊性を持っていれば、今すぐにでも可能ですし、本気で望めば、地球上にいる人たちすべてが上昇することだって決して不可能なことではないのです。もちろん今の現実を見ているとそれはとても難しいことではありますが。。

以前に何度も書いていますが、アセンションはただそこに座って待っていればやってくるものではありません。一人ひとりが自分のたましいの存在の意味と目的を理解し、実現に向けて達成していかなければ何も起こらないのです。2012年12月21日のカレンダーに丸印を付けてその日を指折り数えてカウントダウンしているような人は、もう一度自分を見つめ直して欲しいと思います。アセンションはチケット買って待っていれば必ずやってくるロックコンサートやトーナメントの決勝戦のようなイベントではありませんし、この日に必ず起こるもというものでもありません。そういう風に日付が決まっていて皆一斉に上昇するとかマニュアル本や試験の点数のように条件を満たしたからパスとかというものではないのです。

このように前々からスケジュールされているイベント的なものではないですが、今回の地震のように人々の生活や環境、考え方や生き方を大きく変えるような出来事によって人々のたましいの覚醒が加速すれば、より多くの人たちの上昇が可能になります。1人が覚醒すれば次の人の覚醒はその人より容易になりますので、沢山が覚醒すればさらに大規模に広がっていくものです。

今回のこの大災害とそれに続く原発の危機によって、多くの人たちが日常を見直し、自分の生き方を内観し、これからどうやって生きて行くかを、そうと気づかずとも多次元的に考え始めています。地震の前にだって皆そのように生きて来ていたのですが、この出来ごとをきっかけに大きな「気づき」がもたらされ、意識的な脱3Dが始まってきました。

「多次元」とはそれほど難しいことではなく、今自分に見えているもの、保有しているものだけにとらわれる3次元だけでなく、もう少し多角的な自分のあり方、生き方を、目に見えないもの(感情、思考、精神性)も含めて高い志を持ってしっかりと感じて生きて行くということで、多次元に存在するようになるのが始まりです。自分の存在があらゆるところに点在出来るようになる、と言ったらわかりやすいでしょうか。

地震・津波の大災害に有ってなお懸命に真摯に生きて行こうとしている現地の方たちとそれを支える日本人・東北人特有の我慢強さ、そして多くの人たちがそれを支え、必ず日本を復興させて見せるという気概を感じさせるほどの力強さ、正気でいるのですらつらいであろう被災者たちが見せるあのクオリティーは何なんだろう、と遠い外国にいて日本人の底力を見せられているような不思議な気持ちになりました。世界中を見渡しても、自然災害的にかなり危うい位置にあり、ほとんど何の資源も持たないこの経済大国は、「日本人」という素晴らしい資源を持って作られたと言っても過言ではないと思います。その日本人はもっとその資源に誇りを持ち、これから、その危うい状況でも人間としての尊厳を失わずに行動できるという手本になり、そこから世界に、そして地球の次元上昇に貢献していってほしいと心から思います。

震災が起こってから本当に沢山の思わぬ国の人たちが日本人に対して深い同情と敬意を表してくれることを本当に嬉しく誇りに思っています。そういうことは日本にいるとなかなか聞こえてこないかもしれませんが、多国籍の人が住むロンドンにおいては、地震発生後に本当に沢山の人から声をかけられました。決して裕福でもない言ってみればマイナーな彼らの国で日本が援助を行ってきたことを彼らはちゃんと覚えていて感謝してくれているのです。普段は機会もないからそんなことを声高に言ったりはしないのでしょうけれど、こういう日本の状態をみて心から同情し、昔自分たちが日本にしてもらったお返しをしたいと言ってくれるのです。世界はちゃんと見ているんです。

安全なところで勝手に希望論をかざしているだけの私は、そうだと言われてしまうと何の反論も出来ません。でも私も日本人のDNAをもつ者として、自分の生活基盤の中で出来ることを精いっぱいやっていきたいと思います。ただいま経済危機の私は募金も神戸の震災の時に比べると本当に気持ばかりしか出来ませんでしたが、先日はチャリティーイベントでトリートメントを無償で提供すると言う機会に恵まれました。当日福島の南相馬市出身の方にトリートメントをさせていただきました。明るくふるまっていらっしゃいましたが、身体がとても強張っていて感情的に緊張の毎日を過ごされていることがうかがえました。

被災地の方たちに直接何かを行えなくとも、今、目の前にいる人たちに対して優しさと思いやりを持って、日常を生きて行くことが大切だと感じています。人生は長いのです。いつか東北に被災地に直接何かが出来る機会があったときにそれを実行すればよいのだと思います。今はただ祈りのエネルギーを送り続けたいと思います。原発にもずっと祈りのエネルギーを送り続けます。

原発反対のうねりも頼もしいと思います。私はかなり昔に原発反対を表明しデモにも参加したことがありましたが、また機会があったらそういうものにも参加して行きたいと思います。

1カ月って長いような短いような、あっという間ですね。不自由な暮らしをしている方たちの今日が、昨日より少しでも良くなっている事を願い続けています。

« Faith 信義 | トップページ | Angelic Reiki アンジェリック・レイキと意識の変化 »

Diary 日記」カテゴリの記事

Spirituality スピリチュアリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Faith 信義 | トップページ | Angelic Reiki アンジェリック・レイキと意識の変化 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ