今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.18

マカバと日常

最近、ほぼ毎日マカバ瞑想をし、日々の生活の中でマカバを意識することが多くなってきました。それでも「常に」感じていると言うところからはまだほど遠い、私にとってマカバはまだ非日常です。

マカバを意識することによって何かが変わったかと問われると、本当のところは良くわかりません。忙し過ぎる日常に追われている感覚が大きすぎて、今私の肩に乗っかっている荷物をおろすことができるまで、なんとなく気分的に集中できていないのです。要するにやっぱり私にとってマカバはまだ非日常なんです。

ここ4年以上、かなりのコミットメントを要求されてきた仕事を後1週間ほどで終わりにします。その仕事をちゃんと身体から振り払わないと、私が私に戻れないと感じるほど、その仕事に振り回されてここまで来てしまいました。何か考える余裕や、他のことを始めるエネルギーを抑圧させ続けて来たことにより、欲求不満は少しずつ確実に増大し、良くない影響を及ぼしていましたが、そういうネガティブなエネルギーを体にとどめたままマカバを活性化させてもバランスがとれるはずはないんです。

現実には、私たちは3Dで生きていますから、日々の生活をするためには、多少のことを犠牲にして「仕事」というものをして「報酬」というものをもらい、それによって食べ物や着るもの、住むところ、など、生存するために必要な最低限のものを確保しなければなりません。そこらへんにふわふわ浮いているだけでは生きていけないのです。

でも、これって本当に真実でしょうか。「働かざる者食うべからず」これって真実ですか。人間は、働くために生まれてきたんでしょうか。自分自身に向き合ってこの問いを私の深いところ、ハイヤーセルフに尋ねてみてください、答えはYESでもNOでもありません。

これは私のそしてほとんどの人たちの思いこみではないのでしょうか。

今、1つの仕事を辞めることによって収入が半分ぐらいになってしまう可能性に直面している私に、「怖れ」と「解放感」、「不安」と「希望」、そういうプラスとマイナスの思考や感情が次々に訪ねてきます。

マカバを続けていることによって、私は自分の望むものを実現することができる次元に行くことが可能であることを頭では100%理解出来ているのです。でも真実は頭で理解するものではありません。知っているだけでは意味がないのです。これから私は真実を体験するために、今この状態に自分を置いたのだと感じています。

マカバのバランスを取って、自分のいる次元を上げて行く、それによって自分で現実を作り上げて行くのです。その覚悟が出来ているかと問われると、良くわかりません。でも私はそのためにこの転生に生まれてきたのだろうと感じています。グダグダとした理屈はもういいですね。とにかく出来るところまでやってみようと思います。

現実がどの程度のものになるかによって、私の成長具合がわかると言う、ある意味恐ろしい挑戦ですね・・・。まぁ、あんまり深く考えずやってみることにします。

2011.02.03

エジプトへの祈り

今晩夜半過ぎ2:31am(GMT)は、チャイニーズニューイヤーの新月です。

私が現世で繋がっているARのエネルギーはエジプトとアトランティスとシリウスに深く深く繋がっています。今現在、自由を求めて大々的なデモが広がるエジプトへ、エジプトのエネルギーにつながっている私は、エジプトに住むARマスターの行う瞑想に新月の時間に参加します。

癒しのエネルギーを送るのではなく、現実を受け止め認識するための瞑想です。

"What I am seeing is that the Egyptian people are reflecting back to us a claiming of power that goes beyond all divide. Beyond religion, age, class, gender and agenda.
Angelic Reiki is intimately linked to Egypt in a profound way. The sacred geometry of the  temples and pyramids are sixth dimensional, they are archetypal consciousness; Sirian light consciousness; Galactic consciousness; Angelic Consciousness.
The Master Crystals were given for a reason and I believe this is one of the key times. I ask you to join me in a meditation at the new moon on the early ours of Thursday at 2:31am GMT or the closest to that time as possible for you. This is not about sending a healing. It is about acknowledging and recognizing the Divine Spark that is truly in everyone and the meditation that I recommend is this:
Dedicate your space.
Hold your Master Crystal in your right hand-I will be holding mine and Kevin's.
Visualise a web of light connecting to every Master Crystal in 23 countries around the world.
Visualise this web connecting to this Divine Spark of every Egyptian.
Call in the most perfect Angelic Energy.
Allow a down-pouring through you and your Master Crystal of the most perfect Angelic energy and unconditional Love.
Hold this space for 15-20 minutes and see the energy connecting through a perfect balance of the male and female and into the land of Egypt and reawakening the connection to Galactic Wisdom.
Bring to completion and do the usual disconnection and offer gratitude."

この瞑想に備えて、先ほどマカバを回しました。その前にシリウスにつながりたくて空を見上げると、ロンドンにしては珍しくとてもクリアで沢山の星が見えていました。新月なので、余計に良く見えるのでしょう。シリウスも半端ない明るさで青く光っていました。そのシリウスに向かって座り、手順通り一つ一つのレベルのマカバを浄化し、活性化させていきました。

Merkabah2020angel

シリウスからの波動を感じながらあらゆるレベルのマカバを活性化させると、思わぬことに今まで思いだせなかった遠い前世での私の役割を一つ思いだしました。

さて、あと30分ほどで新月の時間になります。瞑想に行ってきます。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ