今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.08

信念

「ある教理や理想などを、かたく信じて動かない心」(広辞苑)

人間って、一度信念を持つと、かたくなに信じて疑わない様になるような気がします。そして信念は、その本人と周りの人間(特に親や先生)の経験値から作られ、人生の中で強固になって行くことが多いので、どれだけ理屈を並べられても、その信念体系を簡単に崩すことは難しいし、逆に何らかの出来事などで信念を崩されると弱腰になったり、否定的になったり、なんとなく無防備に感じたりするものではないでしょうか。信念とは、プロテクション=(防衛)と表裏一体なのかもしれません。

信じていること(信念)を実行して生きて来ると、その信念がどれだけ否定的なものであったとしても、その信念に従うことがどういうことなのか体得して馴染んでいるので、多くの人は変化を嫌います。たとえ現状に満足していなくても、それを実行していればそれ以上悪くはならない、という信念が有るからです。

つまり、変化することによって状況がよくなる可能性があったとしても、その変化の結果は決断の時点では見えないから、逆にもっと状況が悪くなる可能性を含んでいるため、そんなリスクを冒してまでも変化する必要はない、と現状に甘んじるわけですね、たとえ今の自分がみじめでつらいと感じていても、その「みじめさ」や「つらさ」はすでに馴染みのあるものなので、「未知なる挑戦の恐怖より、すでに知っているつらさの方が良い」という結論になるわけです。

仕事がつらいとか、対人関係でストレスを感じているとか、家族と上手くいかないとか、お金がないとか、ありとあらゆる現在の不満を見返してみると、文句を言いながらも結局変化することを怖れて、現状に甘んじていることに気がつくはずです。

でも、本当に悪くならないんでしょうか。信じているだけで実際には、状況が悪くなる可能性だってあるんじゃないでしょうかね。でも、きっとそんなときでも、馴染んだ状況が作り出した悪化だから対処できるとかって思うんでしょうか。

そんな風にしてまでもしがみつくほど「馴染みが有る」ことはよいことなんでしょうかね。

私はこの「文句を言いながら生きる」自分を見るのが嫌なので、出来るだけ早いうちに変化することにしています。いや、断言するほど出来ていないので(笑)、変化する努力をしていると言った方が正解です。もちろん慣れ親しんだ状況を手放すのは、たとえそれがあまり好ましくないものであったとしても、不安や恐怖が伴います。でも私は自分がそこに安住してしまうことが実は一番怖いと思っているのです。

もちろん過去、もっとずっと若いころや子供のころには人(特に親)の信念体系から逃れるのに本当に苦労しましたが、最近はそれほどでもありません。ただ、金持ちにも成功者にもなったような実感がないので(苦笑)、変化することとは別に物質に関する信念体系も見直さないと行けないとは思っていますが。。。

私が育ってきた環境が作った信念体系は、自分、両親、家族、学校、周りの社会、国、この辺の集団が信じていることに大きく根ざしています。そして小さいころからそれに完全には馴染めなかったから、イギリスに来ることになったのも、今ではもともとプログラムされていたことであったと思っています。

場所がイギリスになったとしても日本との縁を切ったわけでもないし、日本の親や家族とは感情体でしっかり結びついており、私の文化の基本は日本であることに間違いはありませんし、私のDNAにも日本人の記憶が大きく反映されているはずです。

日本とかイギリスはおいておいて、今のこの3Dで私たちが作り上げている現実は、今の私たちの信念体系が作っているものです。本当は私たちは空も飛べるし、壁をすり抜けることだって、水の上を歩くことだってできるのです。今私たちがいると私たちの意識が信じている3Dでは出来ないかもしれないけれど、私たちは実はどんな次元にも同時に存在しているから、そういう視点で見ると不可能なことなどほとんどありません。

DNAは実は光の数倍も速く移動することができるし、私たちの意識は宇宙の果てまでだって一瞬で行きつくことができるのです。光より速い物質はタキオンとかいう仮想上の物質が有るそうですが、私が知っている限りにおいて、光より速く移動できるものは、私たちの意識です。今、私が「シリウスに行く」と決めた瞬間、私の意識はシリウスにいます。そして同時にここにも存在しています。光だって物理的にシリウスに到達するには4年もかかるんです。もちろん意識は物質ではありませんが、私たちはもともと物質ではなく意識なので、そう考えると私たちは光より速く移動できるのです。

3Dにしか意識がない人には何のことやらさっぱりわからないかもしれませんが、目に見えるものだけがすべてだと思っているその信念体系を少しだけ脇に寄せて、自分の今いる状況、生きている意味、についてちょっと考えてみてください。

集合意識の作り出した、信念体系は、重たい波動を持っているものが多く、私たちのアセンションに影響します。それを軽くて光に近い波動に近づけるためには一人ひとりが自分の信念を見直さなければなりません。誰か一人が行えばよいことではないのです。ここに生まれて来て、今この時代を地球で生きている私たちは、アセンションに対して責任が有るんです。というかアセンションに参加しようという意思を持って生まれてきたんです。

気がつくともうすぐ2010年も終わろうとしています。2012年12月まであと2年ですね。でも重要なのはタイムスケジュールではありません。私たちの意志と私たちの意識の変化です。

これから毎日マカバを回そうと決めました。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ