今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 夏とグラウンディング | トップページ | CST クレニオ・セイクラル・セラピーが施術にもたらすもの »

2010.07.18

金縛り

ずいぶん前の日記に書いたことがありますが、私はとにかく金縛り体質で、疲労がたまったり、睡眠不足が続いたり、不規則な睡眠を取ったりすることに加えてストレスや心配事があると、頻繁に金縛りにあいます。たいていは寝入りばなになるのですが、時々睡眠中や、目覚めのころに起こったりもします。

初めて金縛りにあったのは中学1年の時でしたが、とても悲しい出来事があって、それを引き起こしたいろんなことに腹を立てていて、自分の無力感をいやというほど感じ、とてもストレスを感じている時でした。

それ以来あまりにも頻繁に起こるので、だんだんと慣れっこになってしまいました。もちろん子供の時は、金縛りにあうと幽霊が来たり、どこかに連れ去られそうになったりするので怖かったですが、金縛りそのものが霊現象ではないと悟ってからは、「怖い」ことはあまりなくなりました。でも、とにかく「不快感」が大きいのでやっぱり金縛りは避けたいものです。

金縛りについて調べてみると、たいていは子供や若い人がなるもので歳とともにあまり起こらなくなるとありますが、私の場合は歳とっても起こっているので、あまり関係ないような気がします。

金縛りの正式名称は、睡眠麻痺と言って、レム(REM=Rapid Eye Movement)睡眠中の骨格筋弛緩中に何らかの理由で意識が覚醒してしまった状態のことを言うそうです。骨格筋が完全弛緩しているので、覚醒してしまった意識が体を動かそうとしても反応しない状態になるのです。実際私たちは睡眠中に1時間半ごとにレム睡眠状態になるのですが、通常寝返りをうったり、無意識に体を動かしたりすることはこの時にはまったく起こらないのだそうです。通常は意識も同様に睡眠しているためまったく気がつかないわけですね。

そんなわけで、金縛りそのものは心霊現象ではありません。

では何故心霊現象と金縛りが関連付けられているんでしょうか。

私は上で自慢した(?)通り、かなりの金縛り(睡眠麻痺)体質なので、今までにもう数え切れないほど金縛りにあっています。というか遭わない月はないし、毎日毎週ある時もあります。そんな私の経験からの話なので、他の人には当てはまらないかもしれないのですが、心霊現象としての金縛りとそうでない普通の睡眠麻痺には、はっきりとした違いがあります。

私が日常茶飯事のようになる金縛りは、科学的に解明されている「睡眠麻痺」というものにほぼ間違いないですし、これは心霊現象ではないと私も納得できます。たいていは数秒前に「ああ、来るな!」という前触れがあります。確かに誰かにのしかかられているような感じや首を絞められそうになった、とか人の話し声が聞こえたとか、誰かにじっと見られているとか、腕を引っ張られているとか、そういう幻覚、幻聴をよく体験します。でも、これはほとんどその時の体の状態(体勢)が原因であったり、自分でそういう風に幻覚を誘導していたりするんです、よく気がつかないうちに。

これは、子供のころにあまりにも何度も金縛りにあうので、自分で何度も実験して結論を出したものです。つまり、金縛り中に「誰かがいる」と思うとその誰かが現れるし、「お化けが来る」とか思うとヒタヒタと足音が聞こえてくるんです。「連れて行かれる」と思うと手足を引っ張られたり、「殺される」と思うと首を絞められるような感覚を体験したり。ほとんど幻覚です。そして、わりと自分で誘導できます。

そして金縛り中はかなり感覚が鋭くなります。レム睡眠中なので意識が半覚醒状態の可能性があるため夢ではないかとされることもありますが、夢ではありません。金縛り中のことはかなり細かいことまで記憶に鮮明に残っていて夢のようにあいまいではないからです。ただし記憶に残るほどはっきりしていても、それが実際に起こっていることかどうかの判断はかなりあいまいになります。原因のひとつは、体の動きが抑制されるため実際に物事が起こっているかどうかの確認ができないということがあります。目をあけられなかったり、振り向いたり出来ないのだから仕方ないですよね。実際に誰かに呼びかけられて声を出そうとしたことが何度もありますが、声を出すことももちろん出来ません。

子供のころは幽霊より一生このまま起きられなくなるのではないかと思うのが一番怖かったです。金縛りって、動かない体を動かそうとするためにかなり疲れるのです。実際、無理に体を動かそうとするから呼吸も乱れてくるため、自律神経コントロール下の呼吸では息苦しくて死にそうにつらいですし。この睡眠麻痺の金縛りはほとんどが入眠の時に起こります。上手く睡眠に入れずに金縛りになるのがほとんどですが、この場合一度ちゃんと覚醒してからでないと何度も何度も金縛りに遭いますので、ちゃんと起き上がって、きちんと寝なおしをして入眠するようにしています。稀に睡眠中に金縛りに遭うことがありますが、ほとんどの場合眠いのでそのまままた眠りに戻っているようです。

さて、お待ちかねの心霊現象の方ですが、私の場合は睡眠中に起こります。何かの存在にたたき起こされる感じです。それがたまたまレム睡眠中というタイミングで起こってしまうと金縛り状態になることになります。

真偽のほどはよくわかりませんが、金縛り中の意識状態の波動が、他の次元のポータルにつながりやすいために、たまたまそこに霊やスピリットがいると、それを認識しやすくなるとも言われています。科学的に証明されている金縛りがレム睡眠中に起こるということなら、他の次元の波動とつながりやすいのはたとえ顕在意識は眠っていてもレム睡眠中ということになる訳ですね。そして霊の方から私の方に働きかけてくれば、意識が覚醒することもある、と考えられます。

私はそれほど強い霊感体質ではないので、あんまりはっきりとした心霊体験ってないのですが、金縛り中に霊体験を数度しています。そのうちかなりはっきりしたものの一つが父が亡くなった時に起こったものです。あの時体験した金縛りはそれまでの人生でおそらく何千回と体験した金縛りのどれともまったく違っていて、言葉では上手く表せないのですが、とにかく強力で一気に違う次元に連れて行かれたような感じで何の前触れもなく起こりました。何者かが私に向かって叫んでいるので目覚めさせられたのです。よく聞くとその声は「助けて~、助けて~」と私に助けを求めていました。間違いなく、それは母の声でした。私は自分がどこにいるのかもよくわからず、その声に答えようとしたのに声が出ず、体が動かないことで、やっと自分が金縛りにあっているのだと気がつきました。「これはいつものとは違う、どうしたんだろう?」と思っているそばからどんどんおかしな現象に引き込まれて行きました。感覚的にはかなり長い間体が動きませんでしたが、とにかくあまりにも強力なので、抵抗も出来ず、これは意図されたものだと思って、じっと起こることを傍観するしかなかったのです。

その時最後に現れた存在は、間違いなく父でした。そして彼が消えると体が元に戻って行きました。恐怖は全くなく不思議な感覚と父に関してなんとなくよくない予感がしましたが、時計を見るとまだ朝の4時だったので、取りあえず体を起して呼吸を整えてもう一度眠りに入りました。そして眠りに入っておそらく15分もしないうちにけたたましい音に起こされました。ちょっと前の金縛りでかなり疲れていた私は遠くで目覚まし時計が鳴っているのかと思ったのですが、起きてみるとそれは枕元の電話の音で、日本の妹から父の呼吸停止を告げられました。その時起こった心霊現象はまさに父からのメッセージでしたので、死ぬ前に私のところにメッセージを届けに来たのだとすべて合点が行きました。もちろんその時は信じたくなかったですけど。

私の父は、大きな病気を何度もしていて、5年前に亡くなる前にも2回ほど命を落としてもおかしくないことがありました。はっきり言ってくれませんでしたが、2回目は臨死体験をしているようですが、とにかくそのどちらの時もこんな風にメッセージを伝えに来たことはありませんでした。弱くなっていても突然亡くなるような感じではなかったので呼吸停止は本当にびっくりしましたが、そんな風に肉親に死を知らせに来る人は多いそうです。知り合いにも何人かそういう現象を体験した人がいます。

なんだかまとまりがなくなってしまいましたが、金縛りのことをなんで書いているかというと、今朝、すごく嫌な金縛りに遭って、とても苦しくてつらかったので、どうすれば金縛りに遭わないで済むのかをずっと考えていて、いろいろネットで調べたら、「金縛りは睡眠麻痺で霊現象ではない」と言いきっていることに少し違和感があったからです。

確かに金縛りそのものは霊現象ではありませんが、霊現象に遭遇しやすくなる、という風に私は解釈しています。違いは金縛りに何度も遭えばわかるようになります。でも、多分金縛りなんかに遭わない方がずっと幸せです。だって結局かなり不快なものですから。

« 夏とグラウンディング | トップページ | CST クレニオ・セイクラル・セラピーが施術にもたらすもの »

Diary 日記」カテゴリの記事

Mind Body Spirit 心・身・神」カテゴリの記事

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ