今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« Higher Self ハイヤーセルフ | トップページ | 私の中の誰か »

2009.11.26

アキュパンクチャ―とCST

1か月前に、右手(正確には右の3本の指)を負傷しました。そのことはいくつか前の日記に書きましたので、省略しますが、思ったよりも重症だったようで、いまだに全快には至っていません。

そうはいっても、もうマッサージやトリートメントにはほとんど支障がないので、日々の生活に困ることはなくなりましたが、3本の指の外側(手の甲側)に部分的な痛みがあり、壊れた組織が堅くなってそこにとどまっているような感じで、触らないと分からない程度ですがコブのように少し盛り上がっていて気持ち悪いです。そして指全体にスタグネーション(停滞感)があって、朝起きた時が一番痛くて鈍く、指を動かしているとそれが徐々になくなって行くという感じです。

一昨日、週に2回働いているセンターのオーナーセラピストのMさんが、怪我の回復が遅れているのを見かねて、トリートメントをしてくださいました。彼女は、それこそマルチスキルのセラピストで、マッサージはもちろん、アロマ、リフレから、クレニオ(CST)、そして鍼灸(アキュパンクチャ―)も行っています。1年ぐらい前の日記に登場した、Mさんです。

実は2週間ぐらい前に20分ぐらいのCSTを行ってくださったのですが、その時の反応はイマイチでした。私自身では、指が望んで回復を遅らせているような気がしているのですが、ただそれが何でなのか分からない、というちょっと混沌としたものを感じているのです。そして、怪我したときの皮膚の擦り傷がまだ治っていないという、あまりの回復の鈍さに「?」となっています。

それで、彼女が見兼ねてアキュパンクチャ―を施してくれることになったのでした。私自身は過去に鍼を受けたことは単発で2、3回しかなく、自分が鍼に対してどういう反応をするかというのはまだ未知の部分が大きく、受ける前から興味津々でした(笑)。

脈をとられ、身体の気をチェック、舌をチェックしてもらい、横になりました。大昔に鍼を受けた時に、「陰の気が強い」と言われましたが、あれからそれは変わっていないようで、「陽が弱い」みたいです。そんなこともあってか、気をめぐらせるために、足のポイントと膝の近くのポイントに数本打たれ、左手にも打たれ、あとは集中して右手とその3本の指に鍼を打たれました。

果たして…。

鍼はもちろんボディワークですが、身体のエネルギーを見事に動かしますね。その様子に感心していると、気が頭まで勢い上がってきたようで、左側の側頭骨と蝶形骨のジョイントあたり(こめかみ近く)と左目の左上辺りがキリキリしてきました。鍼を刺されたままで、彼女がCSTを始めました。

さあ大変。首がイヤイヤし始めました(笑)。怪我をした時のインパクトが実は首や背中にも来ていたらしく、背中と右肩が反応し始めました。しばらくそのあたりをリリースしていると、腕のリリースを始めるとともに、右手が動き始めたので、「鍼刺さってるから気をつけて~」と言われました。そんなこと言われても…リリースしたがってるし…(笑)。手から熱が出てきて、その熱がなかなか消えないでしばらくいました。指の中で固まった壊れた組織が出て行きたがっていないのがわかりました。

ややあって、目に見える解放があり、そんなこんなで時間が来てしまったのでセッションは終わりました。終わった時は指が重たく、リリースで軽やかという感じではありませんでしたが、確かに抜けた不要なエネルギーと組織が少し動いた感覚があったので、少し進展があるかと期待していました。

次の日になって、指を触ってみると堅くなっていた場所が若干やわらかくなったようです。ただ痛みはさらに局部的になったもののまだ残っています。仕事にももう支障がないとはいえ、こういうものは後遺症が怖いので、本当に早く良くなってもらいたいです。

それにしても、鍼とクレニオの組み合わせ、絶妙ですねぇ…。ピンポイントでストレートに問題個所に入ってくるので、とても興味深かったです。彼女が鍼をやりたかった理由が受けていてよくわかりました。鍼とクレニオは相性がとても良いようで、新発見がいっぱいありましたのでとても良かったです。

セッションを受けて、指の停滞組織が少し動いたこともさることながら、実はもっと別のことを強く実感したのでした。この間のマカバのワークショップの時にクリスティンが言っていたことで納得して腑に落ちたことがありました、それは、「スピリチュアル・ヒーリングに限らず、この3Dで行っているヒーリングやセラピーは、すべてフィジカルボディではなく、エスリックボディに行っているのだ」ということです。

そう、エスリックボディが癒されないと、フィジカルにもそれ以外のボディにも、癒しや回復は起こらないのです。だから、ヒーリング(セラピーも)は、本来フィジカルボディではなく、エスリックボディに対して行わなければならないのです。こういうことは良いセラピストであれば、頭でそんな風に理解していなくても、実践ではそれと気づかずに行っています。そして、いったんそれを真に理解すると、ヒーリングやセラピーは一段上のレベルになり、さらに効果的になり、それほど頑張らなくても、効率よくボディの本来持っているバランスを取り戻そう、回復しようという力を利用しながら行うことができるようになるのです。

私のこの怪我も、エーテルをもっと取り入れて、傷ついた部分のエスリックボディの回復を意識的に試みて行こうと思います。

« Higher Self ハイヤーセルフ | トップページ | 私の中の誰か »

CST クレニオセイクラルセラピー」カテゴリの記事

Mind Body Spirit 心・身・神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Higher Self ハイヤーセルフ | トップページ | 私の中の誰か »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ