今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009.10.29

アクシデントと応急処置

昨日、ちょっとしたアクシデントが起こってしまい、夜に予約が入っていたマッサージができなくなりました。

実は「ちょっとした」、どころではなく私にとってはかなりのアクシデントでした。

昨日は事務局で働く通常の水曜日でしたが、ここのオフィスはパーティションを隔てて、ワークショップやトリートメントを行えるスペースが隣にあって、そこでワークショップが開催されていました。参加者の一人が夕方のフライトでヨーロッパに向かうとのことで、タクシー(キャブ)を予約したものの、時間になってもそのキャブが現れず、別の会社に急きょ変更したり、なんだかバタバタしていました。

キャブを手配した女性は責任を感じて下に降りて、事務所の建物の先の大通りの方まで探しに行った模様で戻ってきません。その後キャブのドライバーが、「もうすぐ着く」と電話してきたのを別の人が伝えに下へ降りて行きました。ワークショップの他の参加者も帰り支度で出て行きました。その段階でオフィスには、私とワークショップを行った先生が後片づけをしている以外誰もいなくなりました。再び電話が鳴って、ドライバーから建物の先の入口で待っていると言われたので、一刻も早く伝えてあげようと、一番近い窓から下に向かって叫ぼうと窓を開けた瞬間、窓がすごい勢いで私の手の上に落っこちてきました。(オフィスの窓はこの国に良くあるタイプの「上げ下げ窓」で、要するに手がギロチン状態になったのでした)。

「ぎゃぁ~~~!!」と叫んでその状況(おっこってきた窓と窓枠に挟まれている私の右手)を見た瞬間「ヤバいっ!」と血の気が引きました。人間こういうときって痛みより視覚で見ているものにショックを受けてしまうんですね。もちろん自由な左手で窓を上に上げようとしましたがびくともしません。このままでは右手が死んでしまいます。同業者の方ならすぐにわかってくださると思いますが、セラピストにとっては「手」は命と同等、もしくはそれ以上に大切なツールです。その数秒の間に私の頭に百万ワード費やしてもここに書ききれないほどの様々な事柄がよぎりました。

パーティションを隔てた反対側に先生がいたので、大声で彼の名前を呼んで来てもらい、私の状況を見た彼は焦りながらも窓を押し上げて私の右手を解放してくれました。すぐに手を見ましたが中指から小指までが歪んで見えます。正確に言うと手ではなくこの3本の指が落ちてきた窓と窓枠に挟まれていたようです。中指の内側の第二間接の上辺りと薬指の外側第二間接の上、小指の第二関節下の辺りからかすかに血が出ていました。そして内側も外側も斜めに窓のエッジの形に後がついて赤くなっていました。指を動かしてみると、とりあえず3本ともちゃんと動きましたので、骨折とか脱臼とか後に引きずるような深刻なダメージはなさそうですが小さな組織はぐちゃぐちゃに壊れていそうです。すでに3本とも第二関節から下が腫れあがっていました。

先生が、「アルニカオイルある?」と言っているのが耳に入ってきましたがアルニカはオフィスにはありませんし私も持っていません。次に「レスキューレメディは?」と言われ、それなら常に持ち歩いてますので、持ってきて傷ついた場所に垂らしてみましたが、先生は「飲め」といいますので、飲んでみました(言われるがまま・笑)そしてオフィスの常備精油からラベンダーを持ってきて渡してくれました。

でもそうだった!伝言を伝えなければ!と下に降りて行きましたらまだ彼らはそこでキャブを待っていました。その間がとても長い時間に感じましたがおそらく1、2分の出来事だったのだと思います。

自分の怪我のことでかなり動揺している私は、半分パニック気味になっていたのか、また外が真っ暗なせいもあってかそこにいた人たちが全員日本人であることに気がつかず、英語で叫んでいました。「入口で待ってるって言われたから、そっちに行けばいるはずだから、そっちに行ってみて!!あ、あれ!?○○ちゃんは?」そう、その○○ちゃんに向かって話していたつもりになっていたから英語だったんですが、その彼女はキャブを探しに大通りまで出て行ったままなんだそうです。そこにいた数人はただ心配して取り囲んでいるだけの人たちでした。そこに居ても意味がなさそうなので私は自分の応急処置をしにオフィスに戻って行きました。

6時半からのトリートメントをキャンセルしました。窓枠から手を引き抜いた時に指が動いたので「マッサージ出来るかな?」なんてバカげたことを考えていましたが、キャンセルして正解です。ただ、このお客さんは先週具合が悪くて今週のトリートメントをとても楽しみにしてくれていたので、本当に申し訳なく思いました。

応急処置を開始しました。自分の持っている最大限のものを使って自分を救わなければなりません。セラピストとして長い間手を負傷しているわけにはいかないのです。また、怪我したときは、何はともあれ正しい応急処置がその後の回復の速さを左右するのです。

深呼吸して少し気持ちを落ち着けて、手をよく見てみました。親指と人差し指は難を逃れたようで無傷でした。傷ついたのは中指、薬指、小指の3本の指で、すでにかなりの熱を持っていますし、第二関節付近とその下は膨れ上がっています。「ああ、白血球とリンパ球が仕事している」とつぶやき、ラベンダーでコールドコンプレスを作り幹部を冷やしてはドレナージュを繰り返しました。つぶされて壊れてしまった組織を出来るだけ速く再生するためには、壊れて老廃物となった残骸を速く幹部周辺から取り除いてあげないといけません。コンプレスをしているとだんだんと激しい痛みを自覚し始めました。ずきんずきんと響いてきます。リンパを流すように3本の指を交代でドレインし、その間にARのエネルギーをinvokeしました。

窓が落っこちて来たときのことをはっきり覚えていますが、あの衝撃とその後数十秒間つぶされつづけたのに指の打撲だけで済んだんだとしたら、本当にラッキーとしか言いようがないです。セラピストとして普段からかなり指を使って鍛えているから、指が衝撃に耐えてくれたのかもしれません。また、おかしなもので手が挟まった瞬間、ふつうならそこから外そうと手を動かしてもがいてしまうところを、窓のエッジをつかむ形のまま窓の重さのエネルギーを(マッサージ時にボディに対してするのと同様に)手に吸収・拡散しようと意図して全く動かずに抵抗しなかったのも良かったのかもしれません。

更に、セルフ・クレニオを施しました。まずは衝撃時のエネルギーの経路を確認します。殆どが抜けているようですが、薬指へのインパクトがMeta Carpal(中手骨)の途中でとどまっています。これを抜かないと炎症が酷くなる可能性があります。その付近の数か所のエネルギーを抜くことに成功しました。痛みがシフトしたのと同時に熱が抜けて行きましたので、コンプレスをやめました。(クレニオってやっぱり凄い!!)さらに腕の数か所で止まっているマイナーなエネルギーを解放しました。

ここで根拠はありませんが、大丈夫だと確信しました。後は壊れた組織の残骸を出来るだけ速く取り除き、再生を行ってもらうだけです。この日の夜は何も食べずにすべての血液を組織回復に使ってもらうことにして、早めに休みました。就寝時にはまたARのエネルギーをinvokeして、戦っている白血球とリンパ球に援軍を送っている図をヴィジュアライズして…と思う間もなく寝てました(笑)。

そして今朝起きたら、指は腫れたままで、やっぱりかなり痛いです。痣になるのかと思ったら、まだそんな段階まで来ていないようです。痣として現れ始めたら組織回復が進んでいる証拠なのかも。明日(金曜日)予約があるのでそれまでにはマッサージができるまでに回復しないといけないのですが、大丈夫でしょうか。

今日は普通に事務局での仕事をしました。昨日の晩はタイプを打つこともままならなかったのですが、今日までに普通に打てるようになってきました(なのでこの記事書いてるんです)。だんだん普通になってきたのでつい忘れて何かをしようとして激痛が走るということを何度かやってしまいました。

指はまだ腫れているので暇さえあればドレナージュしています。数分続けてやっているとかなり楽になり腫れも引いてきますが、こうやってタイプとかずっとしているとまた腫れが戻ってくるので、そろそろやめないと(笑)そしてクレニオも落ち着いて座れる時間が来ると行っています。リリースしなければならないトラウマが指にたくさん張り付いています。

それにしても、実際に指が受けた衝撃とつぶされていた数十秒間の物理的なインパクトより、窓と窓枠に挟まれている手を視覚的に目撃した心理的・感情的ショックの方がはるかにトラウマティックな気がします。要するに肉体的な損傷より、エスリック・ボディと感情体が受けた損傷の方がはるかに私に影響を及ぼしているのではないかと感じました。

今思い出してもぞっとするのは窓枠に挟まれている私の手の映像とそれを見ていた数十秒間に考えた様々なことです。あまり素敵なことは思考に上ってきませんでした。「こんな状態では、骨折れてるかも、マッサージどのぐらいできなくなるだろう、マッサージができなかったら生活できるかな、今日のマッサージせっかくさっき確認したのに断らないとダメかな、申し訳ないな、その次の予約はいつだっけ、ああ、金曜日だ、日曜日も予約があるな、大丈夫かな、それにしても何で焦って窓から叫ぼうとしたんだろう、私のことじゃないのにバカみたい、全く無駄な怪我だよな、ああ、はやく手をここから出さないと組織が死んで大変なことになっちゃう、それにしても何でこの窓開かないんだろう、壊れているのなら早く言ってよ、これは何のメッセージ? マッサージ少し休めってこと?等々・・・」しばらくは窓を見るとこのトラウマを思い出しそうです。

かなり精神的・感情的にショックを受けていたのはその後の私の行動と言動に表れています。どうやら私はパニックになったり、感情が先に立つと英語が主言語になるようです(笑)。初めて気が付きました。それで思い当たったことが、変な言い方ではありますが感情体のマスターは、英語で行わないといけないのだということです。そしておそらくその先の精神体やスピリチュアル・ボディのマスターも。

でもそんなことを気づくためにこんな大けがしたんじゃないよね?なんだかちょっと腑に落ちない気分です。明日マッサージできるといいな。今日もヴィジュアライズして寝ることにします。ああ、長い日記だったな。支離滅裂だし。ま、いいか。

2009.10.17

Merkabah マカバ ワークショップ4

マカバの上級インテンシブ・ワークショップが終わりました。何と言うか、とにかく密度の濃い6日間でした。

ワークショップは本当は全部で7日間なのですが、IFAのAGMの日と初日が見事に重なり、ティーチャ―であるクリスティンに相談したところ、3月にベーシックコースに参加したので、2日目からの参加でOKと言ってくれました。本当に参加できて嬉しかったです。「素晴らしい」という言葉では全然表現できていないほど、深遠で巨大で感動的なコースでした。ティーチャーであるクリスティンには言い尽くせないほど感謝していますし、彼女に巡り合わせてくれたすべての物事にも感謝します。本当にありがとうございます。

                           Cuboctahedron

マカバって、本当にものすごく深い秘儀です。その深遠さはちょっとこの3Dの言葉では表現できないです。体験してみないと分からないとしか言いようがないです。

アトランティスからエジプトへ伝わり、フラワー・オブ・ライフのドランバロ・メルキゼデクがその著書で明かしているマカバの秘儀ですが、現代で言うところのカバラの体系がベースになっています。クリスティンとケヴィンが発展させた、マカバのワークショップは、おそらく今現在マカバを教えているものの中でも、深く、広く、最もコンプリヘンシヴなもののひとつではないかと思います。もちろんドランバロの教え子たちのワークショップに参加したことはないから、比べようがありませんし、比べる必要はないのですが、このワークショップはドランバロのものからケヴィンとクリスティンが年月をかけてかなり発展させた形のもので、大天使メタトロンのチャネリングも含まれています。今回実際にワークショップを終えて見てとても良くできていると思いました。ドランバロやゲイリースミスの行っているものより優れているということではなく、彼らがメタトロンにチャネリングして生まれたアンジェリック・レイキも含め、現在の私たちの位置と向かっている方向性に合わせて、さらにその体系をわかりやすく進化させているという表現が正しいでしょうか。

3月にベーシックを受けた時の日記にも書きましたが、マカバ瞑想はCDを買ってきてその通りに行っても、期待したようなことは何も起こりません。そこにある真理を理解した上で行わないと、ただのまどろっこしい儀式になってしまうのです。マカバはただの儀式ではありません。これは、アトランティスから伝わる秘儀です。マカバとはライトボディのことということもできますが、そのライトボディを活性化させるための秘儀なのです。

何度かすでに言っていることの繰り返しになってしまいますが、私たちの存在は今現在3Dで乗り物として使っているこの肉体のことではありません。私たちは、肉体を乗り物として利用している「意識」なのです。だから、理論的には次元を超えるアセンションも、空間を超えるテレポートも、時間を超えるタイムトラベルも、物体を抜けることも、すべて可能なのです。そして驚くなかれ、私たちの殆どが、小規模であるかもしれませんが、日常でこれを体験しているのです。

それが認識できず、意識的に可能にならないのは、私たちの意識がプロジェクションして(投影して)造り出している現実が「それは不可能だ」と思い込んでいるからなのです。

私たちも天地創造と同様に造られました。すべてはホログラフィックに存在しています。ですから、私たちも、ここに存在するすべてのものも天地創造のプロセスと同様に造られています。そのプロセスの真理を知り、そのプロセスを自分の意識にプロジェクション(投影)していくことにより、自分自身の肉体から、マカバ(ライトボディ)へと乗り物を乗り換えるのです。いや、「乗り換える」という言葉は正しくないですね、肉体を捨てて別の乗り物(ライトボディ)へ乗り換えるのではなく、投影している意識を変容させることにより、肉体をライトボディへと変容させていくのです。それはアセンションでもあります。

カバラにも強く通じるこの秘儀は、もちろん魔術とも関係しています。でも光と神聖の目的以外に使うことはできません。なぜならこの秘儀で使われている法則がそれを許さないからです。

これからマカバをさらに活性化させて、光の率を増やしていけるように、「今を生きる」ために意識の変容を促していきたいと思います。

このコースを終えると、マカバのベーシックレベルを教えることができるのですが、今のところ取り入れた新しい情報が散乱しているので、ゆっくり自分なりに吸収して、教えることができるようになったら、アンジェリック・レイキとともに世に広めて行きたいと思います。

きっと時が来たら、私に教えを求める人たちが来るのだと、まずは自分のマカバに集中して精進していくことにします。

おそらくアトランティスの時代に自分も行っていたであろう、この秘儀に、このインカネーション(転生)で巡り合えたことに深く感謝します。

考えがまとまらないので、今日はこの辺で終わりにします。

2009.10.05

アンジェリック・レイキ アップデート

週末に、アンジェリック・レイキのアップデートワークショップに参加しました。

土曜日と日曜日の2日間かけて、ARに関連した新しい情報や新しいテクニック(という言い方は正しくないけど、他に言葉が見つからないので)を学んだり、ヒーリングを行ったりして、多くの「気づき」を体験しました。そして以前に行ったアチューンメントをオーバーライト(上書き)してもらい、それによりDNAがグレードアップされました。意識の変容も体験することができました。

何と表現していいのか分からないので、月並みな言葉で言うところの、「大きな学び」「意識のシフト」を知識ではなく、智恵として理解したという感じです。

心からこの素晴らしいヒーリングを私たちにもたらせてくれたケヴィンとクリスティンに感謝します。そしてこのヒーリングに私を巡り合わせてくれた多くの人と物にも。

クリスティンは、本当に素晴らしいティーチャーです。彼女から学ぶことは山どころか山脈ほどあります。

最近読んでいるダイアナ・クーパーの本に、「スピリチュアルであることは、優しくてナイスであること、ではなく、本物であり、正直であることである」とありますが、本当にその通りだと思います。私は今の私のままでスピリチュアルなんです。そしてあなたも、今のあなたのままでスピリチュアルなんです。自分自身であることがスピリチュアリティであり、エンジェルが回りにいること、前世を知ること、癇癪を起さず人々をすべて許すこと、ベジタリアンであること、マスターのチャネリングを行うこと、人々を癒すこと、……こういったことができるからスピリチュアルなのだというのは大きな間違いです。ただただ、自分が自分でありつづけ、自分に正直に生きていくことが、究極のスピリチュアリティと言えます。

今回のワークショップで、今まで散々「言葉」で語っていたことを、「そういうものなのだ」と頭で納得したのではなく、「腑に落ちた」感覚で理解できました。本に書いてあることが正しいことで、それを知っていることが、「スピリチュアルな成長」なのであれば、沢山スピリチュアル系な本を読んだら、成長できるということになってしまいます。私たちが知識として知っていることって、なぜそれがそうであるかという本当の意味や理由に対して実践的理解を得るまでは、無用の長物なんです。だって、それなら本をたくさん読めば明日にでもアセンションできてしまうはずですから。でも現実はそうではないです。それは頭でわかってるつもりでも、本当の意味で実践的理解がなされていないことを、その頭でっかちな頭がわかっていないからです。

最後に行ったアンジェリック・アチューンメントで、エンジェル達の居た大聖堂を後にし、次元の光の中を通って一緒にアチューンメントを行ったグループと分かれて、自分のアンタカラナが目の前に見えた時に、思いがけずに泣きそうになりました。そしてそのアンタカラナを通って自分のボディの中に意識を戻したときに、今まで生きてきたこの人生の中で、本当に初めて、「自分のボディの中にいること」がこんなにもハッピーで、こんなにも素晴らしいことだったのだと存在全部で感じることができました。自分が何故ここに居て、この人生を生きているのかをその瞬間に理解し、その意味の重大さに気づき、それを可能にしているこのギャラクシーに心から感謝できた瞬間です。私を存在させてくれたすべての人とすべてのものと、このギャラクシーを創造した創造主に、感謝します。そしてそれらは私自身でもあるのです。

この2日間で、私が大きく理解したことは、最近の私の心境の大変化をバックアップしてくれました。

結局私たちは、選んでこの3Dに生まれてきた訳なので、この3Dにいることに100%幸せを感じることができなければ、この人生の目的と学びを全うできないことになります。自分の抱えているたくさんの問題に直面し、この3Dの乗り物の中で私自身の答えを見つけて行きたいと思います。

アセンションは今自分がいるこの場所からどこか別のところ、上空や宇宙にあるどこかへ移動することではありません。今自分がいるこの場所で、自分をしっかりここにアンカーして、その上昇しようとする次元がここにあることを頭の中だけでなく、自分の存在全体で認識し、自分の意識をそこへと変容させることだということが良くわかりました。

今、私たちが体験している3Dは、私たちの意識が作り出した幻影です。私は、このことは知識としてすでに理解できています。これを100%真の意味で理解できるまで私はしばらく3Dにいなければならないです。子供のころ「自分がいまここにいるのは長い夢を見ているのだ」と思っていた不思議な感覚は、実はものすごく真実に近いことなのだと今頃気づいています。

そして今はこの「3Dにいられること」がすごく幸せなことなのだと思っています。

来週はマカバの上級ワークショップに行ってきます!また新しい学びを得ることができるであろうと、わくわくしています。

最近ものすごく忙しくて記事を書くのをさぼっていますが、できるだけ覚えているうちにアップしていきたいと思います。がんばりま~す。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ