今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 思考を超越した意識領域 | トップページ | 試験と緊張 »

2009.05.18

3年周期

どうも私は大体において3年ごとにいろんなことを変えたくなる傾向があるようです。「石の上にも3年」ということわざがありますが、よっぽどの事情などがない限りはとりあえず3年ぐらいは続けてみて、それから判断しているようです。自分的には別にはっきりと意識して3年と決めているのではなく、そういう風にふと立ち止まって、「そろそろ変え時かな?」とか「もうやめよう」といった気持ちになるのが大体3年を経過したころなのです。

何事も3年ぐらい続けると大体のことがわかってきます。それが自分に合っているかどうか、これで自分はいいのかどうか、といったような考察を意識せずとも自然に行っているのだと思います。3年が過ぎて、同じ仕事を続けるにしても環境を変えたり、アプローチを変えたりしないと、マンネリ化が始まり、そうなるともともと物事を難しく哲学的に考えたがる傾向のある(要するに理屈っぽい)私は、その「マンネリ」に耐えられなくなる訳です。今までの人生の中で、後先考えずに、仕事をスパッとやめたり、突然家を引っ越したり、小さな変化では物足らず、誰にも相談せずに大きな変化を起こして周りを驚かせることをたくさんやって来てました。

良く言えば「思い切りが良い」、悪く言えば「忍耐強くない」のです。

だから私はいろんな経験をした分引出しの中身はごちゃごちゃと多いけど、人に誇れるような「これ!」と言ったアチーブメントがあまりないのかもしれませんね。そういう意味では一つの物事を、20年とか30年とかずっと続けている人たちを、本気で尊敬しています。

そういうことで、今現在の私はひとつの節目を迎えています。ちょうど3年前に完全フリーランスになって、トリートメントルームと訪問トリートメントを主とした活動をしてきたのですが、どうやらそろそろ根本の見直しをしなければならない時期に来たと感じているのです。

訪問トリートメントの方は去年から意識して減らすようにしてきましたので、もうほとんど数えるほどしかお客さんもいないし、このままいくと月にせいぜい2-3回のレベルに減らせそうです。そうなるとこれはもう時々行うバイトみたいなもんですね。

そして一時は自分のビジネスを目的をもって立ち上げようかとも考えたのですが、IFAの仕事が思いのほか忙しく、2010年にはまた大きなイベントを行うことになっているので、それまでは思い切ったことが出来ないような、ちょっと足かせをはめられた気分なのです。この仕事は今現在、私の当初の予想を超えた展開になってしまっていて、もちろん仕事そのもののやりがいなど別の点で利点はあるのですが、ある意味ノーチョイスで縛り付けられているので、自分のビジネスという点で見ると心理的に、そして経済的にかなりの負担になっています。

IFAの仕事もこの秋に丸3年になりますので、私の生活リズムから言うと、見直し時期です。まぁ、イベントやるんならあと1年は頑張らないといけないんでしょうけどね、それまで私の本業の方がこの経済危機においてきちんと機能するかどうか、一末の不安はありますが、まぁ神様がIFAの仕事をやれって言うのなら、そういうことなんでしょう。

危機と言えば、昨年秋のクレジットクランチ以来、年末年始と4月と2回日本に行きましたが、日本で声高に「経済危機」と言っていらっしゃる方達には本当に申し訳ないのですけれど、イギリスの悲惨さを見ていると、確かに停滞しているとは言っても日本が天国に思えてしまいます。それほどイギリスは酷いです。80年代のゴーストタウン化、90年代当初の不況よりも酷いことだけは確かです。イギリスポンドは1年前の約半分になってしまいましたから、日本滞在中はポンド建てにするとすべて倍払ってましたので、すべてがものすごく高かったです。イギリスの今までの好況は金融に頼っていたもので、それが何もかも泡となってしまった今、この国を立て直すのは難しいでしょうね。今日もシティの近くを通過しましたが、なんともはや擦り切れて、消耗したようなエネルギーが、弱々しく取り残されているような感じでした。2012年に本当にオリンピックやったら、それでこの国終わっちゃうかもしれませんね。

…とここまでゴチャゴチャ書きましたが、3年周期の見直しは、実はもう済んでいます。ただまだ私がその見直し書にサインしていないだけです(笑)。

そして、今年からまた3年後は2012年ですよね。アセンションの知識が増すにつれ、今では、地球とともに2012年に人類が集団アセンションすること云々の真偽についてはある意味どうでもよいことになりつつありますが、私にとっても2012年は意味のある年になりそうです。

« 思考を超越した意識領域 | トップページ | 試験と緊張 »

Diary 日記」カテゴリの記事

Mind Body Spirit 心・身・神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思考を超越した意識領域 | トップページ | 試験と緊張 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ