今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 翻訳漬けの日々 | トップページ | Merkabah マカバ  »

2009.03.09

アロマセラピーとCSTとエネルギーワーク

今日はトリートメントの日。最近は、クレジットクランチ(金融危機)のあおりで、ブッキングも勢いはイマイチですが、それでもコンスタントにお客様はいらっしゃるものですね。

週末は翻訳に追われていましたが、土日と訪問が1件ずつ入っていました。実は同じお客様が2日続けて予約してくださったのです。彼女は以前のデイスパからのお客さまで、それほど定期的に予約をくれるわけではないのですが、もう4-5年のお付き合いになります。

私のレギュラーのお客様は、結構波乱にとんだ人生を送ってきた、または送っている人たちが多くて、いろんなことを学ぶことができます。毎回、「へぇ~、ほぉ~、ん~…」と思うことばかり。最近TVもほとんど見ないし、新聞も読まない私ですが、もともとゴシップとかワイドショーのようなくだらないネタに殆ど無頓着で、他人は他人、と人のすることにあまり興味がなく、自分との境界線をはっきり引くせいなのか、誰かに興味本位で話したり、TVや新聞、雑誌にネタを売られたりする心配がないと思うのか、そんな難しいことではなくただ単に私が外国人だからなのか、彼ら、彼女らも私には結構いろんな話をしてくれます。

で、その昨日の彼女は、もともとお金持ちの生まれらしく、いいお家に住んでいますが、おそらく仕事をしていません。そして何か問題を抱えているらしく、カウンセリングや治療をずっとされていますが、そのため私へのブッキングも波があるのだと思います。久しぶりに会った彼女はずいぶんふくよかになっていましたが、元気そうでした。土曜日に彼女のトリートメントを行った時に、マッサージも必要だけど、本当に必要なのはSERだと感じました。でも、SERを無理強いすることはできませんので、アロマセラピーにCSTを少し組み込み、後はエネルギーワークを入れるというトリートメントを行いました。案の定、トリートメントが終わった彼女はなぜか子供の頃の話をしていました。たぶん施術中に何かを思い出したのでしょう。

ただ、こういう場合、本当は最初からSERを勧めるべきなのかなと思うのですが、新規のお客様ならいざ知らず、ずっとアロマセラピーの顧客だった方達に、新しいセラピーを進めてもなかなか定着しないのです。この辺は私の悩みの種でもあります。

2日目の昨日は、土曜日の施術の効果を確認しながら、まだトリートメントをする必要がある部分を見て行きました。基本はアロマのマッサージをしていますが、エネルギーワークが多くなりました。そして、エネルギーワークが彼女にとても良く効いているのを感じました。彼女のハイヤーセルフに、SERが必要になったらいつでも呼んでほしいと心の中で伝え、トリートメントを終了しました。

そして、今日のお客さんは最初がレイキのお客様でした。普通のレイキです。でもその実私はもはや臼井レイキの波動を使っていませんので、厳密に言うとレイキじゃないのかもしれませんけど、まぁお客さんにとってはどんな波動でもトリートメントに対して満足感を得られればそれでよいのだと思っています。

今日のそのレイキという名のエネルギーワークの時に、実際に自分が送っているエネルギーがとてもよく見えてびっくりしました。大体私はビジョンが弱くて、あんまりはっきりエネルギーやオーラを「見る」ことが得意ではなく、エネルギーやオーラは「感じる」方がはるかに敏感です。以前にオ―ラやエネルギーを「見た」くて、練習までしたのに未だに初心者なみにしか見られません(笑)。でも、今日の私の手から出ていたエネルギーは目で見えたのでなんだか感動しました。とても不思議な美しい色をしていました。この色、見たことがあるようなないような、ちょっとたとえるのが難しい色でした。それがまるでシャワーのように私の手からお客様のチャクラに吸い込まれて行ってました。そしてそれがひとしきり経つと、手をかざしていてもエネルギーはもう入って行かなくなるのです。面白かったです。

このレイキのようなエネルギーワークをすると、最初の1分でみんな眠ってしまいます。初めて受ける人たちは、たいてい皆興味津々で、最初にボディのエネルギーのクレンジングなんかをしていると、目を開けて私のしていることを興味深く見守っていますが、あっという間に覚醒していられなくなるらしく、眠ってしまいます。実際には眠っているのではなく、脳波が通常のβ(ベータ)波から、α(アルファ)波、時にはθ(シータ)波に変わるらしく、意識が消えている状態になっているのです。

私の使っている波動はARの波動なので、臼井レイキなどに比べてもとても高いため、エネルギーワークに不慣れな人たちは覚醒しているのが困難になるのではないかと、今日レイキを行っていてふと思いました。実際に眠っているのは彼らの顕在意識だけで、彼らのハイヤーセルフやスピリット、潜在意識はちゃんと覚醒していてエネルギーを受けており、逆にその妨げになりかねない彼らのローワーセルフの意識のスイッチを切ってしまうのかもしれないと。

今日のレイキで、お客様の持っている健康上の問題の原因を探るために、彼女のマルチダイメンションにアクセスするよう導かれたのですが、ひとつだけ堅く閉じられた扉がありました。ところがその前に行くと、彼女のハイヤーセルフがその扉を開ける手伝いをしてくれたのです。おそらく何年も、もしかしたら生まれた時から開かれることがなかった扉ですが、ハイヤーセルフとエンジェル達の導きで簡単に開きました。こういうことは彼女が覚醒しているとなかなか起きないことなのかもしれないですよね。

彼女の後のお客様は、今日で3回め、3週間続けてマッサージに来てくださっている方ですが、黒人のものすごい筋肉質の男性です。最初に来た時にディープティッシューマッサージを予約されて、「手首壊れるかも・・・」と思うぐらいのマッサージを施し、すっかり気に入った彼は、それ以来毎週いらっしゃいます・・・。

先のレイキのお客様も実は先週もアロマを受けに来てくださっていました。彼女は中国系マレーシア人ですので、体型も華奢でした。と言ってもおそらく日本人などの東洋人からすれば平均並の体つきです。日本人を含む東洋人をマッサージして思うのですが、本当に身体のフレームが小さい。こういう言い方は不謹慎かもしれませんが、マッサージするのもものすごく楽です。面積も小さいし、筋肉の質感が全然違います。それほど力を入れなくてもすぐに深いところにある筋肉に到達します。上記の黒人の男性などは、決して太っているわけではありませんが、以前にウェイトリフティング(重量挙げ)をやっていたと言い、先の彼女の3倍ぐらい肉厚な筋肉質の体です。

日本にいる方にはちょっと想像できないかもしれませんが、こちらでマッサージをするということは、こういう筋肉マスを取り扱わなければならないので、セラピストとしての寿命はどうしても短くなります。手首が壊れても仕方ないぐらいみんな体が大きいのです。

という訳でやっぱりエネルギーワークにシフトしていくことを加速させていかなければとつくづく感じる今日この頃です。

« 翻訳漬けの日々 | トップページ | Merkabah マカバ  »

Angelic Reiki アンジェリックレイキ」カテゴリの記事

Diary 日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 翻訳漬けの日々 | トップページ | Merkabah マカバ  »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ