今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« あけましておめでとうございます | トップページ | 無意識的逃避 »

2009.01.15

年末年始のドタバタ

年末年始に日本に里帰りするのが恒例になりました。

お正月はやっぱり日本で過ごすに限るなぁ、と毎年この時期に日本に行く度、つくづく思います。今年は急激な円高、ポンド安のため状況は結構厳しかったですが、この時期に里帰りするのは、お正月ぐらいは一人暮らしの母と一緒に過ごしたいというある意味親孝行のつもりでもあります。(実際は親孝行どころか上げ膳据え膳になってましたが・・・)。

いつもは結構のんびり過ごすのですが今年はなんだか状況が違っちゃってました。

忙しかった2008年を象徴するかのように、最後の最後までとても忙しくて疲れ切ってた私は、クリスマスカードもいつもの半分も出すことができず(出せなかった人達、本当にごめんなさい)、クリスマス前の最後の最後で事務所で風邪をうつされ、普段なら免疫機能が働いてめったに風邪なんかうつされないのに、疲れ切ってた私の身体じゃ、抵抗も出来なかったみたいで、日本に出かける直前から、どんどん酷くなりました。

そのせいなのか、フライトの当日は思いっきり寝過して、あわや飛行機に乗り遅れるところでした。朝の9時半までには家を出ようと思っていたのに、起きた時はすでに10時でしたもの(滝汗)、クリスマスで道がすいてなかったら、ちょっとやばかったです。

そして乾燥した機内では喉が悪化し、鼻がつまって、着陸時にはあわや急性中耳炎寸前になり、必死でセルフ・クレニオで側頭骨とTMJを動かして、なんとか大事には至りませんでした。着陸までの20分ぐらい、耳を引っ張ったり、顎を引っ張ったりと、あやしい行動を取ってました(笑)。ずっと昔に、やっぱり飛行機の着陸の時に急性中耳炎になって、あまりの痛さにのたうちまわった経験があるので、ちょっと怖かったですが、なんとか痛みも最小限で治まりました。その後1週間ぐらいは耳が変でしたが・・・。

着いた翌日はお友達と会う約束が入ってましたが、ティッシュの箱を一箱抱えて出かけました(母に、本当に持っていくの?と何度も聞かれましたが、とても重宝しました・笑)

その後の滞在では、あまりゆっくりする暇もなく、4月の仕事のための準備に追われ、毎日いろんな人たちとミーティングしてました。多くの人に会うのは本当に楽しいし、勉強になりました。時間を取ってくださった方達には本当に感謝します。ありがとうございました。

あっという間に時間が過ぎて、帰りのフライトでは前日の中途半端な時間にも関わらず家にいてオンラインチェックインを済ませ、結構良い席をゲットすることができました。成田まではいつも成田エクスプレスに乗るのですが、このNEX、ちょうどいい時間のものがなくて、やたらと早く着いてしまっていつも空港で時間つぶしをする羽目になるので、今回は電車賃をケチって普通の電車で成田へ向かいました。

宅急便のカウンターでスーツケースを受け取ってBAのカウンターに行くと、いきなり係りの人から紙を渡されました。「BAのお客様ですか?」「はい」「大変申し訳ないのですが、本日のBAの便はキャンセルになりました」

ええええええええええええ~~~???? なにぃぃぃ~~~!!

去年シンガポールで散々な目に遭って、その後そのクレームでまた酷い目にあった時にもう2度とBAなんかに乗るもんか!と誓ったはずなのに、BAの安いフライトに目がくらみまたBAに乗ってしまった自分に対して、しばし反省。

結局BAのカウンターで説明を受け、バージンに振り返られました。で、バージンのカウンターへ行くと、並んで待っている時からやたらといろんな売り込みがあってとても不愉快になりました。「お客様、アップグレードはいかがですか?」と言ってプレミアムエコノミーやアッパークラスへの差額を提示し、「わずか3万ちょっとで上のクラスに乗れますよ!」とさんざん宣伝され、さらには「バルクの席(非常口前や壁の前の足を伸ばせる席)なら、1万5千円でお取りできます」なんて言ってました。「その席って私が昨日BAオンラインチェックインでとった席じゃない、くぅ~~!」と悔しく思うのと同時に、バージンってサービス良いって印象あったけど、金の亡者だったんだぁ、最低、と思いました。BAはオンラインを迅速に行えば料金は変わらずにその席を取ることができます。っていうかそれが普通だと思いませんか?エコノミーはエコノミーです。何で同じエコノミーなのに差額を払わなくちゃならないのでしょうね?バージンって席にあまり差をつけないのが売りじゃなかったっけ?

かなり待ってやっとチェックインカウンターに行き、チェックインを行い、搭乗券も発行されたのに、最後に「機内持ち込みの荷物は、1個6キロまでです、ここに全部置いてください」と言われ、焦りました。BAは機内持ち込みは2個までOKです。小さなスーツケースとラップトップの入ったバッグの2つ持っていましたし、預ける予定のスーツケースはすでにそれだけで21.5キロもあったので、合わせると30キロぐらいになりました。カウンターの係り員は、追加料金がかかると言い出しました。計算してもらうと5万4千円!怒りを通り越して呆れてしまいました。そんなに払うのならアップグレードする、と言うとプレミアムでも荷物の制限は変わらないと言います。BAはプレミアムだと重量制限がもっと大きくなるのですがこちらは違っているようです。クレジットカードでしか払えないと念を押し、BAにクレームするからレシートを請求し、ブツブツ文句を言いながら荷物を入れ替えて支度が済むと、その係員が「今、調べましたら、こういうキャンセル時の受け入れの場合荷物は32キロまで無料という決まりがありました。ですのでお客様のお荷物も追加料金は必要ありません」だって。私より前にチェックインした人で払った人いるんじゃないのかなぁ?

出発ゲート入口からゲートに向かいました。時間もあまりなかったので、買物もできませんでした。それにしてもいつも思うのですが、荷物の重量制限とか、個数の制限って、全員にちゃんと公平に適用しているのでしょうか?私は機内に持ち込もうとしていた荷物を無理やり預けさせられたのに、ゲートの前で待っていた時に、3個以上バッグ持ってる人とか結構いたし、それが特に外人に多いのです。搭乗の時もエコノミーの列に並んでいるので、制限は私と同じはずですが・・・。外人には甘いのか?と勘ぐってしまいました。

機内では隣に座ったコリアンがやたらと肘鉄をくらわしてきてとても気になりましたが、それ以外は特に問題もなかったです。BAではミールリクエストをしているのですが、それに関してはバージンは食事の種類が充実していたので良かったです。

そんな思いをしてやっとロンドンに到着。無事になんとか家まで戻りました。

翌日からすぐに事務所に出ましたが、M&Sで買ったサラダが体に合わなかったらしく、食あたりになってしまい、昨晩から今朝にかけて本当に大変でした。やっぱり私疲れているのかな?

明日はトリートメントのブッキングがあるので、こちらも仕事開始になります。

年末年始は本当にドタバタしていました。新年早々なんだかいや~な感じです。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 無意識的逃避 »

Diary 日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あけましておめでとうございます | トップページ | 無意識的逃避 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ