今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« ひきこもり | トップページ | 良質マッサージの条件 »

2008.11.09

スキルとテクニック、プラスアルファ

静かだった先週末とはうって変わって今週末は3日続けて訪問トリートメントに行きました。全員5年以上ずっとレギュラーでいてくださるお客様たちです。

アロマセラピーやマッサージに対して情熱や気持ちを失ったわけではないのですが、それよりもずっともっと追究したいものがあるために、なんとなくマッサージの技術向上がここ最近出来ていないような気持がしています。もちろん後退しているとか劣化しているとかと言うわけではなく、高いエネルギーに容易に繋がったり、自分の波動を高めるようなエクササイズは行っているので、そういう大局的な意味では自分の提供するトリートメントの質の向上は出来ているとは思っているものの、昔のように貪欲にマッサージ技術の改善に取り組んでないな、と思う訳です。そんな気持ちを反映しているのか、アロマセラピーやマッサージの顧客を増やそうというモーティベーションは以前に比べるとあまりなくなってきています。

先月の末にCAMexpoというエキシビションに手伝いに行きました。出展者側としてスタンドをケアするのが仕事だったので、あまりたくさん周りを見る時間はなかったのですが、ほんの短いブレーク時間に他のスタンドをちょっとだけ覗いたり、45分のトークを聞きに行ったり出来ました。CAMexpoは補完セラピーがエキシビションテーマなので、来ている方達もプロフェッショナルセラピスト、またはセラピーを学ぶ学生たちが殆どでしたので、スタンドに立っているだけでも、多くの懐かしい顔やお友達に声をかけられました。

その時に久しぶりにお会いしたセラピストのMさんは、数年前にやはりセラピストの友人から紹介された日本人セラピストで、当時クレニオ・セイクラル・セラピー(CST)を勉強したいと思っていた私にコースを紹介してくださった方です。彼女はIFAアロマセラピストでもありますが、他にもたくさんのセラピー資格を持ち、初めてお会いしたときは彼女もCSTを熱心に勉強している時でした。その後彼女は鍼灸の資格を取るため大学に行き、コースは無事に終了され今は鍼灸の方も施術されています。彼女に会うたびにその向上心の高さに感銘を受け、いつもいい意味で刺激をいただいています。

彼女のその向上心、探究心と、有する資格の多さ、セラピーの幅広さも素晴らしいのですが、彼女のマッサージは、「絶品」です。そもそも彼女を紹介してくださった方から、「Mさんのマッサージは、すごいです!」と強く勧められて受けに行ったのです。

どう「絶品」なのか。マッサージは感覚的なものなので説明が難しいですが、彼女のマッサージはとにかくすべてが「スポットオン(spot on)」なのです。テクニックも圧も手技もすべて、その時の私の体が必要としているものを彼女の引き出しの中にあるたくさんの手技テクニックの中から正しく選んで、ちょうどいい具合に組み合わせてマッサージしてくれるのです。おそらく考えてやっているのではなく彼女の「直観」が全体的な要素全てを感知し、そのあとは「手」が主導して行っているのだと思います。「そこに指をその方向にその圧で入れてほしい」と思ったところにぴったりと入るのです。いつも必ず。テクニックの幅広さは特筆ものですが、それでいて技術に溺れることなく、セラピストの「手」「タッチ」そのものの素晴らしさも体感できるのです。要するにセラピストとしては大変にテクニックが要る「高度」なことを、お客様には「高度」と感じさせずにさりげなくやってしまうのですね。なのでセラピストとしてのエゴも全く感じることはありません。

私はプロフェッショナルとしてのセラピストキャリアは7年ほどしかなく、セラピー・ヒーリングを始めてからやっと10年になろうとしているという、キャリアの年数でいくとまだまだ未熟者ではありますが、幸いなことに(「無謀なことに」とも言うかも知れないです…汗)今までのキャリアの中でかなり沢山のチャレンジングな経験をさせてもらっていることもあり、結構な数のセラピストからマッサージを受けて来ています。

もちろん多くのセラピスト達同様、勉強の過程でクラスメート達と交換トリートメントをすることが始まりですが、資格を取得して働き始めてからも、偉そうな性格のせいなのか(苦笑)、3年働いたアロマセラピー・トリートメント・スパでは、ヘッドセラピストとして他のセラピストのトレーニングを任され、セラピスト募集の時は施術の実技テストも担当していました。PRマーケティングのためによそのスパにスパイに送られたこともあります(笑)。同じ時期に働いていた高級ホテルのスパでも、マネージャーから信頼されて、同様にトレードテスト(面接時の実技テスト)を何度か担当していました。そんな訳で、多くの仕事を探している初対面のセラピストから施術を受けるということを経験できました。特にこの場合はテストなのできめ細かく彼らの技術をチェックすることになり、私自身の技術向上にもとても役に立ちました。トレードテスト以外にも、多くの友人たちのケーススタディのボディにもなっていますし、結構たくさんの人たちとエクスチェンジ・セッションも行いましたので、経験の浅い深いを問わず、セラピストのキャリアの長さを問わず、お金を払って施術予約しなくとも本当にいろんな人からマッサージを受けることが出来ています。これは感謝すべきことだとつくづく思っています。

それで、その本当に多くの手にマッサージしてもらった中でも、このMさんのマッサージは文句なく1,2位を争うものであります。本当に素晴らしいです。ただ彼女のマッサージを受けている時に一度も眠くなったことはありません。どちらかと言うと「目が覚める」効果の方が高いように思います。もちろん筋肉の緊張は和らぎ、とても気分も良くなるのですが、リラクゼーションとは違った種類の満足感を感じるのです。彼女のマッサージはそういう質のものなのだと思います。

そしてその「リラクゼーション」「副交感神経優位」という点からみたマッサージだと、友人のこちらもMさんのマッサージが圧倒的にすごいです。彼女とはその上記のアロマセラピー・トリートメント・スパで一緒に働いていました。決して他の人に比べて際立ったテクニックや手技を使うわけでもなく、特に強い向上心や「これをやりたい」という雰囲気も持っていない彼女、見ようによってはなんとなくセラピストになってなんとなく資格も取れたからそれで働いている、と言う風にも見えてしまう不思議な彼女ではありますが(もちろん実際には違うのかもしれませんが)、彼女のマッサージを受けていると覚醒したままでいるのが難しいほど、深いリラクゼーションに誘われます。それゆえ不思議な満足感を味わうことができるのです。

私は先の「スポットオン」のMさんと「リラクゼーション」のMさんを足して2で割ったようなマッサージをずっと目指しています。セラピストの手や指が本当に望んでいるところにすっと入って来た時の心地よさは言葉では言い表せないほどで、クライアントにとって安心して体を委ねることができると感じる瞬間だと思います。また良いセラピストかどうかを見極める要素でもあります。それと同時に、やはり自分の意識がスイッチオフ出来るというのもアロマセラピーの大事な要素なのではないでしょうか。

そしてもうひとつ二人に共通しているのは、「決して押し付けて来ない」ということです。要するに「私が取得してきた素晴らしいスキルとテクニックの数々を使ってあなたを癒してあげましょう」と言うような、セラピストが高い位置からクライアントを見るなどと言うことがないということです。これはセラピストの心構えとしては基本中の基本ですが、驚くなかれ、意外に多くのセラピスト達が意識しようとしまいと「癒してあげる」「リラックスさせてあげる」という視点から施術しているのです。また、多くのセラピストが自分の手技を手順通りに行うことに集中しすぎて、肝心のクライアントの体や心が望んでいることを聞き逃しているのです。セラピストのエゴですね。これはセラピストの経験値には関係ないものです。

先のMさんにはCAMexpoでお会いし、その後今月から来月にかけてもしかしたら仕事でまたお会いするかもしれません。そして、もう一人のMさんからは先週1年ぶりぐらいに電話をもらって、今度の金曜日に交換トリートメントをする約束をしました。この2年ほど子育てが忙しくてなかなか本格的な仕事が出来ていなかったと言っていた彼女ですが、金曜日が楽しみです。この2人のMさんに最近久しぶりに会ったのも何か偶然ではないような気がしています。

« ひきこもり | トップページ | 良質マッサージの条件 »

Aromatherapy アロマセラピー」カテゴリの記事

Diary 日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひきこもり | トップページ | 良質マッサージの条件 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ