今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« スキルとテクニック、プラスアルファ | トップページ | タッチ(触れること)の威力 »

2008.11.14

良質マッサージの条件

ひとつ前の日記に書いたとおり、今日友人のMさんとアロマセラピーの交換トリートメントをしました。お互いに1時間半ぐらいのフルボディをみっちりと行い、結構お互い終わった後は呆然としていました。

彼女の子供のナーサリーの都合もあって、朝の10時に始めて彼女が帰ったのが2時。久しぶりに会ったから話もいろいろしたかったのですが、お互いマッサージが始まると無言になってしまい(笑)、キャッチアップも出来たような出来なかったような…。でも、彼女のマッサージでははっきりとした覚醒状態をずっと続けているのがやっぱり難しかったです。

私が最初に彼女に施術して、その後交替という順で行いました。彼女も話したいことがたくさんあったようなので、最初の10分ぐらいは何とか会話になっていましたが、その後「…」と無言になり、結局終わるまでアルファ波からシータ波への深いリラクゼーションに入っている様子で、終わった後に「我慢していた疲れがどっと出てしまったわ」と言ってました。彼女はどんな話題においても、あまり深い話をするのが得意でないらしく、アロマセラピーの話や一般的な話はしますが、私が探求しているような、ライトワークに関係することはあまり話をしたことがありません。ただ、時々突然に本人も気づいていないような、鋭いことや面白いことを言ったりするので、彼女はかなり感覚の鋭い人だと感じていました。

今日も私の施術が終わった後に、「あなたは本当に第六感というか、目に見えないものにものすごく敏感で、それをあたかも見えているかのように上手く感じられる人よね」と突然言われたのでびっくりしました。彼女が意図することが良くわからなかったので、どういう意味なのか聞き返すと、「それがあなたのマッサージに良く反映されているんだと思う」と半分独り言のように呟いてそれ以上は(ぼーっとしていたせいもあるのか)言葉では伝えてくれませんでした。なので多分褒められたのだと勝手に解釈しました(笑)。

そして彼女のマッサージを受けました。今日は前の日記に書いたこともあって、彼女のマッサージを分析したい気持ちも強くて(笑)、彼女の手、指、動きに全神経を集中させるようにしながらマッサージを受けました。なぜ彼女のマッサージはここまで深いリラクゼーションを誘発するのか、何が他の人のマッサージと違うのか。

彼女の使うテクニックそのものとマッサージシークエンスは勿論素晴らしいものですが、特に抜きん出て高度なものでもありませんし、たとえばタイヨガの要素とか経絡マッサージの要素が入っているとかそういうものでもないです。彼女の使う手技はエフルラージュ、ペトリサージュ、フリクションこの3つだけです。あと強いて言えば指圧のようなフィンガープレッシャーが時々入りますが、これはメインではありません。

結局、彼女のマッサージが他のマッサージと違って感じられるのは、彼女の「手の使い方」なのだと今日つくづく思いました。

単純なエフルラージュひとつとっても違っています。彼女の手は、手全体を使う手技でも全部が同じ圧で押していません。指先と指の真ん中、掌の真ん中とヒール、小指側と親指側、(その他諸々の小さいパーツ)手全体を身体に押しつけていても別々の強弱を使って上手に身体に圧をかけてくるのです。これは「手」が自動的に体をよく「読んで、聞いて、理解して、同調して」行っているものと思います。それゆえ受けている方は「無理なく自然に共感・共鳴・同調してくれる圧倒的な施術者の手」に委ねている気持ちになり、安心してリラクゼーションに入っていけるのかもしれません。2つ以上の手に施術されているように感じられるのです。そして、圧が入るところはかなり強く入りますが、決して痛くないのです。最近体がアロマセラピーの体になったのか(本当はクレニオの身体になったんだと思いますが)、必要以上に強い圧に耐えられなくなりました。(体が「凝りすぎ」って噂もありますが・・・)

この「手全体で異なった圧を使うこと」は私も心がけて行っていることです。そしておそらく他のセラピストでもそうしている人はたくさんいると思います。ただし私は自分のマッサージを自分で受けることはできないので、彼女のように素晴らしく出来ているかどうかは不明ですが…。

さらに、もうひとつのポイントは指の力加減です。今日エクスチェンジしたMさんではなくもう一人のMさんも全く同じですが、彼女たちの指は「魔法の指」のようです。なんでそこだって知ってるの?のポイントにぴったり来て、入ります。ほかにもぴったり入る人達はいっぱいいるのですが、この2人は場所だけでなく、指の力加減、角度、圧を入れた後のフォローアップが抜きんでています。指を入れられて痛いだけで終わらない、指圧にならずアロマとして完成しているというポイントでもありますね。勉強になります。ついでにMさんには、ぜひリフレを勉強したらいいとアドバイスもしてしまいました(笑)。あの指なら何人もの人を幸せに出来るのではないかと思います。

途中で何度も気を失いました(笑)が、本当に気持良かったです。それとエクスチェンジの特権で、ブレンドも指定して、ネロリとジャスミン、ジュニパーベリーの3つは絶対使ってと頼み、もうアンジェリックなエネルギーに包まれてこちらも幸せでした。本当にありがとうございました。

そして今日はマッサージを受けて気持ち良くなってものんびりしていられず、夕方から、もう一人のMさんに声をかけていただいたお仕事をしに、南東ロンドンのイベント会場へ行きました。3週間ほどのオペラ講演を行う会場で、オリエンタルフットマッサージ(要はリフレクソロジー)をオペラを見にきたお客さん達に待ち時間に提供するというものです。私は今日が初日で、すでに2日間働いていたお友達に細かい手順を教わって、後は客の呼び込みをしてなんとか形にすることができました。明日もお昼過ぎにこの会場へ行きます。

今日Mさんと交換トリートメントを行って、やっぱり「セラピストの手」ってすごいなぁと改めて思いました。私も人を幸せにするお手伝いが出来たら良いなと気持ちを新たにしました。

« スキルとテクニック、プラスアルファ | トップページ | タッチ(触れること)の威力 »

Aromatherapy アロマセラピー」カテゴリの記事

Diary 日記」カテゴリの記事

Reflexology リフレクソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スキルとテクニック、プラスアルファ | トップページ | タッチ(触れること)の威力 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ