今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« ながら族 | トップページ | 2008年IFA総会 »

2008.10.08

浄化のチャンス

世の中金融危機って話で、政治とか経済とかの偉いおじさんやおばさん達が悲痛な顔してTVで会見したり、意見を述べたりしている姿が最近よく見られます。

でも、そういう政治とかにかかわっている偉い人たちの顔見てると、裏で舌出してそうな気がして全然同情する気も起らないです。大体この人たちの波動から全然「危機感」が感じられませんものね。銀行が多額のロスを出したとか、株が何%も下がったとか言っても彼らが失業するわけでも、明日食べられなくなってしまうわけでもないですし、所詮政治家の「悲痛な顔」なんて、大体において演技かな、って思ってしまう私は、在英生活が長くなりすぎましたでしょうか。

もともとマネーゲームとかには興味がないし、汚れが付きそうな気がして、金融関係には近寄らないようにして来たので、今回の「金融危機」も結構他人事で、「高見の見物」な気分です。もちろんこれから生活にいっぱいいろんな影響が出てくる可能性が高いし、経済もリセッションが進んで行けば、仕事だって減って行く可能性が大きいので、他人事ではいられないかもしれませんが、なんとなく私はこの今の金融危機は、世界にとっての「浄化」のチャンスだといまのところポジティブに捉えています。資本主義崩壊のシナリオ通りことが進んでいるのかな~、なんて。

地球のアセンションにとっては、20世紀の負の産物とも言える(言いすぎ?)今のいびつな資本主義は障害となりうるものの一つなんじゃないかと思います。3Dの権化みたいなシステムですからね。これを地球規模で乗り越えないと、次に進めないんでしょうね。

だからと言って、私たちに出来ることなんて微々たるものです。でも、こういう危機の時にこそ、大きな浄化がもたらされるチャンスと捉えて、エネルギーの変化に俊敏に対応していきたいと思います。

月曜日にトリートメントに来たお客さんが、「3週間前に私の働いていた銀行が破たんして、収入がなくなってしまったの」と言っていましたが、それでもトリートメントに来る余裕があるのだなぁとなんだか逆にその余裕に敬服しました。日本人だとすぐに財布のひもを締めてしまいたくなりますが、こちらの人はそうでない人たちもいっぱいいるのが興味深いです。逆に「自分が危機の時こそ自分のエネルギーを落ち込ませないようにしようとする」のでしょうね。

以前に会社勤めをしていた時に、「この会社やこの社会システムが激変して、私が今の仕事や所有物を一切なくしてしまった時に、私にいったい何が残っているのか?」と考えて、会社や社会に100%依存しなくても出来ることを求めて、今の仕事にキャリアチェンジした訳ですが、昔に比べて金持ちにはなれてないかもしれないけれど、心の安定は格段に上がりました。

昨日、朝から私の家の一帯の電源がパワーカットに遭って、電気が4時間ぐらい使えなくなりました。電気がないと、PC作業が出来ないし、バッテリーで少しの時間は動いてもネットにつながらないし、翻訳の最後の仕上げが出来なくなりかなり焦りました。また、洗濯をする予定にしていたのに、それも出来ないし、原因を探るために電気会社に電話しようにも電話も使えない。諦めて本でも読もうと思っても曇っていたためか薄暗くて本を読む気もしない。当然TVも見られないし音楽も聞けない。電気がなくなっただけでこんなに不自由になってしまうのだなぁとか思っていました。何時修復が終わるかもわからないし、夜まで電気なかったら嫌だなぁなんて思いながら過ごしました。家にいただけでもこんなにいろんなことが出来なくなる訳ですが、もし会社にいたら、ほとんど仕事になりませんよね。それで、電気やらがスやらがない世の中でも私はサバイバル出来るのかなぁなんて想像をめぐらせてしまいました。

今読んでいる本に、波動を上げて生きていくために訓練することの中に、「暗闇でも音を立てずに作業ができるよう訓練する」というのがありましたが、何が起こってもあわてず騒がず対処できるように、現状を受け入れることによって、また一歩先に進めるってことなのかな。大げさに言うと、経済危機がやって来て、みんなが仕事を失って、電気も失って暗闇になっても平常心でいなさいってことかしら。

« ながら族 | トップページ | 2008年IFA総会 »

Diary 日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ながら族 | トップページ | 2008年IFA総会 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ