今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« インテンション intention | トップページ | 掃除 »

2008.08.24

2012年

2012年まで、もうあと4年ですね。

知らない間に北京でのオリンピックが閉幕していました。今日はグランプリの日だったのでレースに夢中になっていて、同じ時間帯に閉幕式をやっていたことは後のニュースを見て知りました。まぁ、イギリスでオリンピック見ててもちっとも面白くないし、実際今回もほとんど見てませんでしたので、グランプリがなくても見てなかったかもしれませんけど。

今回の北京オリンピックは、開幕のときにはまだ日本にいたので、日本のテレビで開幕式を見ました。個人的には、本当につまらない開幕式だと思いました。お金とエネルギーの無駄遣いばかりが気になって、「だからどうした?」という感想しか持てませんでした。参加国・選手の多さも「なんだかなぁ」な感じで、だらだらといつまでも参加国入場をやっているのを見てすっかりくたびれてしまいました。「だったら見るな」ですよね…。確かにその通りなのですがついだらだらと見てしまい、見終わってものすごく時間の無駄をした気持になりました…(笑)

実は私は1988年のソウルから、オリンピックはずっとイギリスで見ています。初めてイギリスのTVでオリンピックを見て物凄く違和感を感じたことを覚えています。特にあの頃は今のようにネットもないし、日本の新聞を読むことも出来なかったので、日本人がどの程度活躍しているのか全然わからず、イギリス人の得意競技、「こんな種目、オリンピックに有ったんだっけ?」的なもの(例えばボートとかセーリングとか馬術とかボクシングとか)ばかりしかTVでやっておらず物凄く退屈でした。それ以来冬のオリンピックも含めてずっとイギリスで見る羽目になってい居るので、オリンピック自体に対する気持ちがすごく冷めています。

次のオリンピックは、ここロンドンで開催されます。そして、その年は2012年です。

3年前にロンドンと決まった時から、決まってしまったものは仕方ないけれど、あまりポジティブな感情を持てずにいます。「どんだけ物価が上がるんだろう? どんだけ生活が不便になるのだろう?どんだけ税金の無駄遣いをするのだろう?どんだけイギリス人がいつもの『ハッタリ』だけで偉そうに運営開催するのだろう………」素直に喜べないところに「ああ、やっぱり私はここでは外国人なんだな」と逆に気付かされました。

今回一緒に開会式を見ていた妹に、「2012年はロンドンなんでしょ?生きてるうちに一回ぐらいはオリンピック見てみたいから遊びに行ってもいい?ボランティア通訳とかやんないの?」などと無邪気な質問をされました。でも、本音はオリンピックの期間はロンドンから逃げ出したいです。

奇しくもアセンションの年とされる2012年開催のロンドンオリンピック。その頃までにどれだけの人たちが、莫大なお金をかけて国の威厳とか都市のエゴとかといった3D的なものをひけらかすだけのショーのむなしさに気づいているかなぁ。オリンピックは純粋にスポーツの素晴らしさ、美しさを楽しむものであってほしいと心から思います。立派なスタジアムとか派手派手しい演出とか必要ないと思うんだけどなぁ…。入場行進も旗を持つ旗手が代表ってことでいいよ、あんなの何時間も延々とやってもみんながくたびれるだけだもん。

2012年の話をしようと思ってこの日記を書き始めたら、オリンピックの話ばかりになってしまいました。

今回の日本滞在中は、あまり本屋さんに行くことが出来ず、どうしても買いたい本があったので急いで行った本屋でざっと見まわしただけでしたが、印象的に「2012年に何が起こるか教えてあげましょう」的なものが増えてきているような気がしました。気のせいかもしれませんが。

最近では2012年に何が起こるかは個人個人によって違うのではないかと感じています。何も起こらない人もいるかもしれませんし、本当に逝っちゃう人もいるかもしれません。何が起こるかは、教えてもらってもその通りには起こらないと思います。自分で見つけないといけないんじゃないかと考えます。アセンションはおそらく個人的なものなのではないでしょうか。それゆえ自分以外の誰かのアセンションを手伝うことは出来ないのだと思います。ただ、気づいた人は、望めば「救い」は現れるのかもしれません。でもあくまでも「自発的に」求めなければならないんじゃないかなと思うのです。

この間のSERのコースの中で、私の中にいる「内なる賢者」と会話することができました。それは不思議な体験でした。思いもかけないことをたくさん教えてもらいました。その「内なる賢者」に3つの質問をするという練習をしたのですが、私の3つ目の質問で「今から4年後私の居るべきところはどこですか?」と問いました。

「まだ決まっていません。あと2年の間にあなたの答えが出ます。あなたがすべきことは、自分を信じること(stay in faith)です。かならず正しい答えが出ます。答えを得るために瞑想をしなさい。」

まだ私は結論を知るべきではなく、これから私自身で見つけていかなければならないようです。

2012年のロンドンオリンピック。本当にちゃんと開催されるのかな。私はどこでこのオリンピックを見ているのかな。

« インテンション intention | トップページ | 掃除 »

Diary 日記」カテゴリの記事

Spirituality スピリチュアリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405648/23232782

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年:

« インテンション intention | トップページ | 掃除 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ