今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.24

コーディネーション

最近忙しくて、全然記事を書くことができずにいます。

考えてみたら、今年の1月からずっと忙しい状態が続いていて、次から次へとイベントが起こり、息つく暇もなく、ブレークもないままにここまで来てしまいました。ここから先もまだ、7月の日本での仕事、その後の8月はその後処理、と考えただけでもため息が出そうになります。身体の疲れも蓄積されていますが、精神的な負担が大きく、かなり参っています。また、忙しすぎて、免疫機能が落ち込んでいる状態が続いていて、今年のHay Fever(花粉症)リアクションは結構酷くなっていしまっています。こんなんでこの先夏の終わりまで無事でいられるのか、ちょっと心配ではあります。

どうしてこんなに仕事を抱え込むことになってしまうのか、本当に真剣に考えてしまいますが、考えても答えが良くわからないでいます。私の観念を洗い出す必要があるのだということはわかって来ているのですが、あまりにも嵐のように仕事が襲いかかってくるので、それを見直すことすら、「無意識の私」が拒否しているのか、それほど強い「観念」なのかなと思い始めています。

セラピストになる前までの私のキャリアは、分野が多少違っていても常に、仕事や物(商品)や人、イベント、プロジェクトなどを「コーディネートすること」でした。長く持っていた肩書も「セールス・コーディネーター」で、その後昇格して誰かの上に立っても、仕事そのものは「コーディネーション」が主なものでした。

そして、キャリアが変わってセラピストになってからも、誰かや組織で働くときは、気がつくと必ず「コーディネート」をする役目になっています。これは私にとって得意分野だからそうなってしまうのか、それとも克服すべき何かがあるから常にそういう状態になるのか、どちらなんでしょうか。

答えはまだよくわからないですが、私的には多分後者の方だと感じています。何事においてもコーディネーションって、絶妙なバランス感覚が絶対的に必要になります。そして、公平なジャッジメントと、パーソナルレベルの考えや感情アタッチメントなどを排除しなければ上手く人間や物事を調整することはできません。調整していく上で他の人たちが感情的であったり、偏見やエゴを持っていたとしても、コーディネーターである自分の持つ自我(エゴ)や個人感情をそこに入れるとめちゃくちゃになってしまいます。そういうことでは、コーディネーターとして仕事をたくさんしたことによって、バランス感覚を磨く訓練をたくさんさせられてきたとは思っています。でも、まだ十分ではないのだと感じることがあるのです。おそらく、自分の深いところにある「エゴ」と向き合うことを今、強要されているんじゃないかなと思います。そして、それは「セラピスト・ヒーラー」として成長していくためにも、絶対的に必要なことだと感じています。

私は自分でも自覚していますが、かなりの「コントロールフリーク」なので、無意識に自分の考えを人に押し付ける、という悪癖があります。また、「エンパス」であることと、「エネルギーに敏感」であることから、そのエネルギーを上手く使って、相手の思考や感情を読み取りエネルギーのパワーでねじ伏せるということを過去に何度もやってきていることも、自覚できるようになりました。

また、「自分のはっきりとした考えを持つこと」は子供のころから顕著だったので、そのため日本の社会にうまく対応できないという葛藤もあって、私は日本を飛び出したのだと感じています。そしてイギリスでは「考えを持つこと」は当たり前のことなので、その点に関しては日本よりずっと居心地がいいと思っていますが、それだけでは私にとっては本当の学びにはなっていなかったのですね。

最近になってやっと「自分のはっきりとした考えを持つこと」と「他人にその考えを押し付けること」をちゃんと区別出来るようになってきました。というか、今まであまり自覚もなくやっていたことをやっと意識化できたのだということだと理解しています。こうやって言語化すると簡単なことのように思えるのですが、無意識に起こることや内在する気がつかない観念って、自分の内面に入ることだけではなかなか認識できないので難しいです。自分が引きつけてしまっていること、特にネガティブなことに注意する必要があるのだと思います。

それで、こういう観念をどうしたら、今の嵐のように降ってくる仕事から解放されるのか…。「手放すこと」なんでしょうね。

Floweroflifesmall

2008.06.01

スピリチュアルな成長

最近二冊本を読み終わりました。私は乱読タイプなので、常に同時に2~3冊の本を読んでいる状態です。で、その2冊のうちの1冊目はこのブログの日記にも何度か引用したことのある、『ハトホルの書』で、もう1冊は、『超巨大「巨大宇宙文明」の真相』という本です。

「超巨大…」の方は、実際に地球よりずっと発達した惑星に住む宇宙人にその彼らの惑星に連れていかれていろんなことを教えられて地球に戻ってきた人が書いている本で、チャネリングではなく実際に自分で体験されたことなので、一貫性と連続性があって、またこの方は一般市民といえることもあるためか、盲目的なものもなく、そういった意味でとても興味深いものでした。スピリチュアルな教えをここから得るというよりは、いろんなことの裏付けが出来る本という感じです。ひとつだけ気になったのは、作者はフランス系のオーストラリアに住む方なので、彼が連れていかれた理由や、そこで学んだことなどが、主に地球の西洋地域(キリスト文化圏)に向けてのものであり、西洋人にはインパクトが強いであろうと思われることがたくさん出てきます。日本人にとっては、「へぇ~」で終わってしまうことが結構あり、東洋人にとって大きなインパクトを与えられるかどうかは少し疑問が残りますが、スピリチュアルとか真実とかといったことを置いておいてもなかなか面白い本だと思います。

もしあなたが自分自身を向上させたいのなら、瞑想を行い、次いで集中しなければならない。特別な場所に出かける必要はない。なぜならもっとも偉大で、最も美しい寺院は、その人自身の内部にあるから。
自己の内部で集中することによって、自分のハイアーセルフ(高次の自我)とコミュニケーションできるようになる。
そしてハイアーセルフに… (以下は本を読んでね)

超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」 超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」

著者:ミシェル デマルケ
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、もう一つの「ハトホルの書」ですが、この本は私にとてもたくさんの大切なメッセージを残してくれた本でした。しばらくはバイブル代わりに使いたいと思い、読み終わった今も、重要な部分を反芻しています。本の中のエクササイズも単純で、かつパワフル、とても良いです。題名がちょっと胡散臭く(笑)、さらには、カバーの写真(エジプトのハトホル女神)もなぜか好きになれず、ずっと無視していたのですが、あんまりアマゾンのお勧めの上位にいつもいるので、「買えってことかな」と渋々(?)買ってみたのでした。買うのを決心した理由が、「愛と音のマスター」という、「音」の部分が気になったからでした。

ハトホルからの教えはすべて実践で使っていくべきものです。「知識として分かっても意味がありません。実践してください。」と本書の中で繰り返し言われます。そして、「音」のマスターにふさわしく、「感情体の中でハーモニクスが生じるようになる」「感情の音を出す」エクササイズなど、振動としての「音」がふんだんに出てきます。

この本が今の私にとってとても重要な意味を持つのは、「感覚と感情」の記述が多いことです。私の今年のテーマ(?)である「感情」に対する様々な疑問への答えがちりばめられていました。そして、これからSERへ進むために、スピリチュアリティとCSTなどのボディワークを私なりに「統合」するために参考にしたい、使いたい概念が満載でした。

そしてもうひとつ、「ヒーラーとボディワーカー」に関する記述がとても参考になります。エネルギーを与えることと奪うこと、そしてヒーラーの予定表(エゴ)について。普段から私が気をつけていることについてはっきりと言及しており、またどう対処すべきかを明確に教示してくれます。

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ

著者:紫上 はとる,トム・ケニオン,ヴァージニア・エッセン
販売元:ナチュラルスピリット
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こういう本を読むと、私ももう知識を吸収するのではなく、実践しなければならないところに来たのだと自覚してきました。

スピリチュアル関連の本を今までに本当にたくさん読んできました。そろそろ飽和状態かなと思うこともありますし、乱立する関連本をすべて読みたいとは思いません。結局のところ違う言葉や言い回しでも、みな似たようなことを表現しているにすぎないからです。それよりは、そういった本やワークショップなどで学んだ知識をどう実践するか、がより大事になってきていると思います。

この私たちが生きている地球の3Dの世界で、おかしいと思うことは本当に山のようにあります。「こんなことのために生きているのではない」と思うこと、自由主義とか言いながら、全然自由がなく、自分が奴隷になったような気持になること、私たちを故意に「怖れ」させて、コントロールしようとする闇の勢力。マスメディアに踊らされて、何が本当に重要なことなのか考える暇も与えてもらえず、どんどん思考不能になって行く人たち。そしてそれに対して無力である自分に対する「怒り」や「憤り」。「どうせ私が何か言っても誰も聞いちゃいない」という「孤独感」や「疎外感」。私たちはbill(請求書)を払うためだけに生きているのではないはずですし、他人と比較して自分が少しだけ「マシ」になるために生きているわけでもありません。

人間はどれだけ癒しを必要としているんでしょう。そしてその「癒し」はどの程度提供されているのでしょう。

どれだけ考えたら、私は行動できるようになるんでしょうか。

スピリチュアル関連の本はいったんここで終わりにしてこれから、CSTとSER関連の本を3冊ぐらい読んで、8月のSERに備えようと思います。そしてこのSERが終わったら、私が貢献できることについて「統合」の準備に取り掛かります。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ