今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.23

シンガポール

シンガポールコンファレンスは大盛況のうちに幕をとじることができました。遠路はるばる暑くて寒いシンガポールに来てくださった参加者の皆様、本当にありがとうございました。またお手伝いくださったたくさんの皆様や、無償の講演、ワークショップをしてくださった講演者の方達にも言葉では言い尽くせないほど感謝しています。

お土産バッグを手に楽しそうに帰って行かれる参加者の方達を見ていて、準備に費やした時間と労力が報われたような気がしました。また、ウェルカムパックとワークショップのハンドアウトが良かったと言ってくださる方の話を聞いて、ほっとしました。最後の2週間の「ウェルカムパック地獄」が、報われたと思えた瞬間でもありました。

講演、ワークショップ両方とも私自身は忙しくてほとんど何も見ることができませんでしたので、コンファレンスの内容についてはなにも書くことができません。参加者の方が雑誌にレポートを書いてくださることになっているので、それを私も楽しみに待つことにします。

昨日のスクールミーティングもたくさんの学校が参加してくださって、こちらもミーティングとしては実りあるものであったと思います。至急処理しないといけない宿題が山積みになってしまってまたプレッシャーを感じていますが……。

4月に入ってから最悪だった体調が、シンガポール入りしてから更にもっと最悪になってしまって、普通の会話すら努力しないと出来ないようになってしまい、あんなにたくさんの人たちにお会いできたのに、殆ど話ができなかったのが本当に心残りです。

これからホテルをチェックアウトして今晩の飛行機でイギリスに帰るところです。8日間も居たのに結局ほとんどシンガポールを見ないままに帰ることになりそうです。

ってよく考えると、シンガポールに来てもずっと、打ち合わせ、ミーティング、書類の作成、プリント、コピー、カウント、荷物の移動、の繰り返しで、場所がただイギリスじゃないだけって言うだけだったかも。自国以外の場所でこんなに大規模な催しを出来る体力がないのに、「え~いっ!」っていう勢いだけでやっちゃった、って感じですね(苦笑)。なんでこんなことが出来たのかって聞かれてもきっと誰も答えられないと思います。

イギリスに帰ったら数日は身体をゆっくり休ませてあげたいと思います。滅多なことでは体調を大きく崩さない私ですが、さすがにこれだけボロボロになったらこれ以上は危険だと自覚しました。心配していろいろなものを下さったり、分けてくださった皆様、本当に心づかいありがとうございました。

シンガポールの話は、また折を見て書くことにします。(もう頭が働かないです)。

2008.04.07

春なのに…

昨日は朝起きたら窓の外が真っ白、雪がしんしんと降っていました。先週本当に暖かかったので一瞬夢かと思ったけど、現実でした。そして今日もなんだか寒かったぁ…。

先週私を襲った謎のInfection(感染)もだいぶ良くなり、スープ以外のものも少し食べられるようになりました。ろくなもの食べてない割には全然やせないのは何でだろう?先週痛みにクラクラしながらも「もしかして減量できるかも!?」と思ったけど、ダメそうです…。

今日は父の命日でした。
3年前の今日、父が突然亡くなったと連絡を受けた時は、本当に気持ちが動転し、何をどうすればいいのかさっぱりわからないままに、とりあえず日本に向かいました。飛行機の12時間の間に心の整理をつけて、成田に着いた私を待っていたのは日本中をピンク色に染め上げている満開を過ぎて散り始めた桜たちでした。そしてその後の通夜、告別式はずっと散り続ける桜吹雪の中で行われたのでした。

あれほどまでにたくさんの見事な桜を見るのはおそらく日本に住んでいた時以来だったので十数年ぶりだったと思います。父の死の3年前の4月に里帰りした時は桜が早すぎてみることができず、一緒に行った東北の秋田で5分咲き程度のものを見ました。「満開の桜が見たい」という私の願いをああいう形で父がかなえてくれたのだと思っています。

あの時の桜のインパクトがあまりにも強烈で、それ以来、桜、とくに散りゆく桜は父の死を連想させるものとなってしまいました。

今年の桜も関東地方はもうそろそろ終わったころでしょうか。桜って多くの日本人にとって特別な花ですよね。日本にずっと住んでいたらたぶんこんな風に考えることもなかったかもしれませんが、あの桜が毎年見られるって言うのは結構すごいことなんだと思います。

ロンドンにも桜はありますが、日本の桜とは全然違います。どちらがいいとか悪いとかではなく、宿っているたましいとその役割が違うんだと思います。

イギリスで春を告げるものはdaffodils(スイセン)でしょうか。春が近づき日が少しずつ長くなったと思う頃に咲き始め、あらゆるところで切り花が売られます。今年は春の訪れが早かったのに、何で今頃雪降ってるんでしょうね。反動かな。

父が亡くなって最初の2年間ぐらいまでは母がなかなか元気を取り戻してくれなくて心配でしたがやっと最近ようやく昔のように元気で強い母に戻ってきたように思います。もちろん同じじゃないですけど。人間ってどんなにつらいことがあっても、時間がかかってもこうやって少しずつ克服して強くなっていけるんですよね。

だから今辛くても、ずっと辛いわけじゃないと思ってがんばりま~す。

2008.04.05

ストレスと免疫機能

最近、あまりにも体を酷使し続けたので、この間の日記を書いた次の日からちょっと最近では味わったことがないほど酷い状態になってしまいました。

火曜日は普通に事務局へ行って仕事をしていました。エキシビションに出ていたせいもあって、山のように書類がたまっていました。朝は口唇ヘルペスと異常な体の疲れ以外は普通でしたが、月曜日からピリオドが始まったので(全部いっぺんに来るんですよね~)どんどん体が動かなくなって行き、右上の親知らずあたりの歯ぐきが最初は微妙な違和感だったのが、昼過ぎから激痛に代わって行きました。あああ、痛い…。

私は免疫機能がひどく落ちると、口唇ヘルペスが出てくるのですが、それ以外にストレスがたまっていると、ピリオドの前後に歯ぐきがよく腫れます。これも免疫機能に関係しているのだと思いますが、たいていは口内炎をちょっとひどくしたようなもので、食べ物を食べにくかったりずっと気になっていたりはしますが、Tea Tree Oilで消毒して2日もすればそんなことがあったことも忘れてしまう程度のものです。

ところが火曜日にやってきたものは酷かった。朝からずっと忙しくてあんまり痛みに注意していなくて、ランチがちゃんと食べられない(口が開かない上に噛めない)ので、なんだか様子がおかしいことに気がつきました。ランチは半分ぐらいで諦め、忙しかったのでせっせと仕事をしているうちに痛みは激痛になって行き、右の頬から顎が熱を持ち始めたのを感じました。5時半ごろになって、マネージャーに「顔色が悪いけど大丈夫?」と言われ、なんとなく本当に具合が悪いような気がしてきました。疲れもあったのと痛みが尋常じゃなかったので、その日は6時で仕事を切り上げて家に戻りとりあえずビタミンCとフルーツジュースを飲んで、消毒して寝ました。あまりにも痛かったので2時間おきぐらいに目が覚めてしまいました…痛い。

大昔に神経まで完全に行っちゃった酷い歯痛を経験したことがありましたが、あの時の神経の痛みとは違っていましたから、絶対に歯ぐきの Infection(感染)なのだと思い(自己診断)、GPにも歯医者にも行かず朝は普通に起きてまた仕事に行きましたが、水曜日は朝からこぶとりじいさんみたいに右側が腫れあがってました。み、醜い…。

こういうinfection(感染)に遭った時(インフルエンザの時も)は、あんまり食べ物食べない方がいいらしいです。白血球やリンパ球が菌やウィルスと戦っているので、たくさん酸素や血液をそこへ送った方がいいので、何か食べたりすると消化作業に血液を使ってしまい、早く回復しないのだそうです。たくさん水分をとってゆっくり休んでいるのが一番いいのだそうです。

水曜日に仕事に行くと、「仕事うちで出来るんなら帰ってやった方がいいのでは?」(ゆっくり休みなさいと言えないのが彼女にとってもつらいところだったと思います)と言われましたが、オフィスの方が人がいるから痛みを少し忘れていられるので、そのまま仕事しました。人手不足なのはマネージャーと私が一番よく知っていますから、どうにもならないですよね。あと10人は必要です。この日は口が開かないのでしゃべると痛くてほとんど言葉を発せなかったです(涙)。

水曜日の夜になっても腫れが引かないので、身体を酷使したことを本当に申し訳なく思いました。GPへ行かないのは、行ったところで、「ああ、Infectionね、じゃantibiotics(抗生物質)を処方します」と言われて帰されるのが関の山だからです。そしてせいぜい「気になるなら歯医者へ行け」と言われるぐらいですかね。抗生物質は私の体は受け付けないので、そんなものを飲んだら、もっとひどいことになります。

痛みがひどいのでTea Treeの代わりにcloveを使いました。うう~、強い。でも効きそう…。そして、臭い。あと氷を使ってカモマイルでCold Compressを作り、熱を発している右の頬、顎、首に当てました。前の晩は何もできずただうんうん唸って寝るだけだったので、この晩は、Visualisationをしました。うんと小さくなって口の中に入って、まずは歯ぐきの洗浄です。痛いところを特に念入りにきれいな水を使って洗浄しました。それからその日から腫れてきた首のリンパ節に行ってリンパ球に援軍を送りました。あとはたくさんフレッシュな酸素を体に送って…。そのうちに寝てしまいました。

木曜日の朝、頬の腫れが少し引いて来て、感染がリンパ節へ少し移動したのがわかりました。今度はリンパ節がじわ~っと腫れています。痛い。金曜日のレギュラーのお客さんにキャンセルの連絡を入れました。マッサージ、やって出来ないことはないけどこぶとりじいさんがマッサージに現れたら、やっぱり嫌ですよねぇ?

この日はシンガポールへ送る書類とお土産・景品のパッキングをしました。ロンドンは暖かい日々が続いているので汗だくになりました。そんなこんなで仕事終わったら夜の9時でした。本当にこの事務局ってマルチスキルが必要です。肉体労働、単純作業から、ITスキル、接客、PR、語学スキル、アロマの専門知識、翻訳から校正、デザイン、秘書業務に、会計業務まで、おまけにタイプスピードは有能秘書並に速くないと作業がこなせない・・・。そして究極のフレクシビリティと協調性を問われます。次の人が決まらないのも仕方ないのかなぁ…?この間の新人さんは結局続かずに、今またテンプで働いている若い女の子が来ています。とてもいい子なので長く続けてくれるといいのですが・・・。

この間の月曜日のCSTのお客さんのブロックって右首の少し上のあたりだったと思いますが、私のこの感染と場所が近いんですよねぇ…。エンパスの私はお客さんから簡単に影響を受けるので普段はとても注意しているのですが、免疫機能の落ち込みは想像以上だったのかもしれないです。

金曜日。頬の熱が引きました。痛みがだいぶ楽になってきました。リンパ節はまだ腫れています。そして想像した通り、咳が出てきました。とうとう喉へ移ってきたようです。でも感染の威力は弱まっている(免疫が回復してきた)ので、気管支へ行く前に食い止められると思います。

この日はマネージャーが個人的な用事があってお休みです。シンガポールで参加者全員に渡す、「ウェルカムパック」という講演のプログラムの印刷を水曜日から始めているのですが、全然終わらない。統一カラーがあるので、カートリッジからその色ばかり食ってしまって、いったいいくつカートリッジを使ったかわからないぐらい使ってもまだ終わらない。結局今度は夜10時まで残業しましたが、パッキングがほとんど終わったので、よかったです。

この講演プログラムは、英語、中国語、日本語の3種類作りました。参加者は結局最終的に250~260名になる予定です。ほとんどフルブックです。英語と日本語は人数分用意できたのですが、中国語の印刷がまだ終わっていません。火曜日にはカーゴ出荷しないと現地での受け取りに間に合わないため、現地での印刷になるんでしょうね…。シンガポールについてもまだこれが続くのか……(溜息)

ずっとスープしか食べられなかったので、いい加減飽きました。今日(土曜日)は、お休みの日です。本当はワークショップの翻訳校正をしないと間に合わないのですが、このままではシンガポールへ行きつけなくなってしまうので、今日はゆっくりしています。そしてこのブログを書いて、ストレス発散しています(苦笑)。

コンファレンスそのものはすごく楽しみにしています。たくさんの参加者に会うことも、中国人をはじめとした東アジアのアロマセラピストたちに会うのってあんまり機会がないから興味津々でもあります。そしてその中で自分がどんな貢献ができるかを考えるとすごくいい経験をさせてもらっていると感謝しています。コンファレンス当日にこぶとりじいさんにならないためにも、これ以上身体に負担をかけるわけにはいかないので、週末しっかり休ませてもらって、免疫力を回復させて、来週またハードに働きます。

シンガポール出発まであと10日。そういえば、シンガポールって熱帯だったっけ(怖)。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ