今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« スピリチュアルとサイキック | トップページ | トンネルの先 »

2008.02.25

フローティング

今日は早くトリートメントが終わったので、久しぶりにフローティングをしてきました。週に2日月火はフロートワークスというフロテーション・センターの中のトリートメントルームで働いているので、スタッフとして、フリー(無料)でフロート出来るのです。

そうはいってもいつも忙しかったり、タイミングが合わなかったりとそれほど頻繁にフロートしているわけではないです。働き始めて2年近くになりますが、まだ2-3回だと思います。

私はどうやら前世に何度か溺死したりとか水関係のトラウマを背負って生きたことがあるらしく、水に対して異常に神経質になることがあります。何が嫌かって、顔を水につけるのにすごく抵抗があるんです。特に耳に水が入ることが恐怖らしく、潜水とか絶対にできません。もちろん人並みには泳げますし、中学校ぐらいまでは泳ぎも結構速かったんですが、水泳そのものはあんまり好きじゃなかったです。余談ですがイギリスのプールってものすごいスロープになっていて、片側は70cmぐらいの浅瀬なのに、反対側が3メートルぐらいの深さっていうところがほとんどなので、もう心理的に背が立たないと思っただけで泳ぎたくなくなります。

そんなこともあってか、一番最初のフロートはあんまり気持ち良くなかったです。とにかく顔に水がかかったり、耳に水が入ったりしたらやだな~ってことを常に考えてしまって、首が異常に緊張し、首をリラックスさせられないから体全体が緩まなかったんだと思います。特に最初のフロートは5~6年前、ちゃんとお金を払ってのものだったので、「なんだかなぁ」な体験でした。

そしてこのフロートワークスで働き始めてから2回目に挑戦した時には同じ思いをしないようにと、エアー枕を後頭部に使ってみましたら、1回目よりずっとリラックスできましたので、それ以来これを使ってフロートしています。私のトリートメントを受けるお客さんも、フロートを前後に受けられる方が結構いらっしゃいますが、感想を聞くと同じような思いの方が少なくないです。Chlorine(塩素)の臭いも顔に水をつけたくなくなる一因でもあります。

今日はCSTのお客様だけだったので、5時過ぎにトリートメントが終わってしまい、帰り際に「フロートしていけば?」と言われ、そういえばずいぶんフロートしていないし、最近体が硬くて今週末にCSTとマッサージを受けに行こうかと思っていたところだったので、タイミングも良いし受けることにしました。

今回は、タンクの中に入って自分のポジションを決めてリラックスした後、マカーバー瞑想をまずやってみました。水に浮いていると、3D以上のイメージってしやすかったです。ただ、私の左肩甲骨上部の内側にどうしてもリリースできないEnergy Cyst(CSTの用語で、エネルギーの包嚢=怪我や障害などの後解放されずに局所に集められ圧縮されたエネルギーによって形成される)があって、体が疲れてくるとそこから痛みが始まる部分があるのですが、そこが気になってしまって集中できないので、そちらのリリースをすることにしました。手を置かないでイメージの中で行うセルフCSTをやってみました。

水に浮いていると不思議な感覚になって行きます。自分の体の感覚が消えて行ったり、意識が別の空間へ飛んで行ったり。体の感覚は全部消えてしまうわけではないので、そこに自分がいることは分かっているのですが、そこがどこだか分らなくなって行く感じです。水の感覚も消えて行きます。

Energy Cystがなかなか緩まないので、援軍を頼みました。大天使ミカエルにご登場願って(笑)、光のソードからCystに光のエネルギーを流してもらいました。

また、ちょうど仕事に行く電車の中で、今読んでいる本の中の「自分の感情体がどのように記憶や感覚エネルギー・パターンを保持しているのかを見るエクササイズ」を行っていたので、それも試してみました。私のそのCystはネガティブだけではなく自分的にはポジティブと思うようなものも含んでいるようです。

最後の方になって、今まで起こったことがない動き(不随意)が体の左側で起こりました。CSTでは、たくさんの不随意な動きが起こりますが、私のこのCystに関しては、いつも左腕があっちに行ったりこっちに行ったり、腕を回したりと腕の位置を変えてリリースしようとするパターンが多かったのですが、今日は左半分が中心やや前に向かって微妙にシフトした感覚があって、そのあとに肩甲骨だけ後ろへ引くような動きが起こりました。これってカウチの上に寝ているとカウチが邪魔で出来ない動きですよね。体の上(前)と下(後)に何もないから出来ることです。

う~ん、今度フロートしながらCSTっていうの試してみたいなぁ、時々大きな人の仙骨リリースとかしていると手が潰れるんじゃないかと思うときがあるけど、そういうのなくなるし、結構いいかもなぁ。

さて、フロートが終わった後、Cystはまだ残っているのですが、周りがだいぶ緩んでいてとても気持ちがいいです。だんだんフロートのコツをつかんできたように思います。

日本にはこういうフロテーションセンターってあるんでしょうか?結構気持ちいいのであるのならぜひお試しあれ!

« スピリチュアルとサイキック | トップページ | トンネルの先 »

CST クレニオセイクラルセラピー」カテゴリの記事

Mind Body Spirit 心・身・神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スピリチュアルとサイキック | トップページ | トンネルの先 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ