今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 意識の差 | トップページ | 読書の秋 4 »

2008.01.30

冬の夜空

今日からしばらくは、週に3回水木金とIFAオフィスに出ることになりました。12月に辞めてしまったBさんの代わりがまだ見つかっておらず、更新時期だというのに書類がぜんぜん片付かないので、1日エキストラで出て書類の山を平地に戻すためのお手伝いです。水曜日にオフィスに出ると宣言するとメールが殺到する(んな訳ないか)かもしれないので、出ていることは内緒です(笑)。

今日はメンバーの皆さん宛にお送りするDMの封筒詰めを終えて、まとめて発送しました。これで少しはシンガポール・コンファレンスのブッキングが増えてくれると良いなぁ・・・。それから、IFAの機関紙の翻訳を載せるために新設したブログのお知らせも入っています。これからメンバーのみんなにもう少しIFAを身近に感じてもらえると嬉しいです。

DMが終った後はマネージャーの出張経費の処理と会員更新手続きに追われ、気がついたら結構夜遅くなってしまいました。IFAのオフィスを出るとロンドンの冬にしては珍しく星が見えていました。

私は星が大好きで、子供のころは天文学者になりたいと思っていたんです。小学校のころに大きな天体望遠鏡を買ってもらって星を観察するのがとても楽しかったのをよく覚えています。夜空に輝く星たちって神秘的だと思いませんか?地球に近い惑星でさえ私たちの3Dの時間・空間感覚だとはるか遠く、自力で行き着くことなんて出来ないような距離にあります。宇宙全体を考えたら、太陽系なんて本当にちっぽけなのに、その太陽系の一番外側の冥王星は太陽の周りを一周するのに100年以上かかるって聞いて、宇宙の果てしなさ、壮大さに心を奪われました。宇宙の感覚で考えると人間なんて本当に無にも等しい存在になってしまいます。

毎年冬に日本に里帰りすると、日本の冬は比較的天気も良くて空気も澄んでいるから星が沢山見られて嬉しくなります。冬の星座といえば、冬の大三角形、オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオン、そしておおいぬ座のシリウスがやっぱり目立ってきれいですよね。オリオン座って比較的簡単に見つけられるので、そうするとすぐにこの3つが見つかります。あとはそこから始めていけば大六角形まですぐに広げられて結構楽しめます。プレアデスもすぐに見つかります。赤い星、青い星、いろいろあるけどやっぱりシリウスが一番目を引くように思います。(今年からブログの写真もプレアデス改めシリウスです・苦笑)余談ですが、私自身はたぶんプレアデスではなくシリウス系統なんだと思っています。根拠はないけど。いつかマカバを活性化させることが出来たら、早速シリウスに行ってみたいと思っています。たぶん無意識な私はとっくに行ってるんだと思いますが。

今日のロンドンの空はやっぱり雲が多いので点々と星が見えるだけでいったい何が見えているのか良くわかりませんでした。星が見えたので無性にシリウスを拝みたくなって(苦笑)、さっき家のテラスから見てみましたが、ベテルギウスとリゲルなどのオリオン座付近は見えたけど、肝心のシリウスが見えなかったです。残念。

今日バシャールの[恐れを変容させる]エクササイズをやってみました。自分が持っている「観念」を整理していくと、知らず知らずのうちに自分を縛り付けている「観念」の多さ、影響力に気がつきます。バシャールのエクササイズの多くは自分の内側へ入って行って考察して、持っている「観念」を分析して別の角度から見ることを練習するものなのですが、結構しんどい時があります。ああ、でももしかしたら、しんどいのはバシャールが言っていた、「エネルギーがショートしている状態」だからなのかもしれないです。「現実創意のプロセスでは、期待感を捨てる必要がある。自分が投影して出しているエネルギーに、こういう現実になってほしい、こういう状態になるべきだ、という条件や判断をつけてしまっていると「ショート」してしまうという結果になる」のだそうです。

この本の前書きにあったように「そんなん、知ってるよ」といわず実践するためにはまだまだ練習が必要なんだと改めて思いました。当たり前のことですが「知っているということ」と「出来るということ」は違うんですものね。

さて、シリウスは今なら見えるかな?もう一度テラスに行ってみます。

BASHAR(バシャール) 2006  バシャールが語る魂のブループリント BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント

著者:ダリル・アンカ
販売元:ヴォイス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 意識の差 | トップページ | 読書の秋 4 »

Mind Body Spirit 心・身・神」カテゴリの記事

コメント

「現実創意のプロセスでは、期待感を捨てる必要がある。自分が投影して出しているエネルギーに、こういう現実になってほしい、こういう状態になるべきだ、という条件や判断をつけてしまっていると「ショート」してしまうという結果になる」のだそうです。

ここのところがすごく参考になりました。
今年の私のマニフェストのなかに「想念が現実をつくる」があるのですが、ただ想念を強くするだけではダメで、期待感をレットゴーする必要があるのですね。私も心がけます。

よっしーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

バシャールいいですよ。実践していくためのテクニックが満載です。そして、静かな場所を見つけて座ってやらなくても読みながら出来てしまう感じも気に入っています。今日の日記でもこの本を紹介していますので、読んでみてくださいね。興味があったら今度お貸しします。読み終わったらね(笑)。

バシャール、昔すごーく流行りましたよね。80年代終わりくらいに。
読んだことがないので、ぜひ貸してください。

よっしーさん、こんばんは。

>80年代終わりぐらいに。
ああ、そうだったんですね、もうそのころから私はほとんど日本に居ないので、それでぜんぜん知らなかったんですね。イギリスでは聞いたことないけどどうなんでしょうね。

もちろんお貸ししますよ!
でも読み終わってからね(しつこい?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意識の差 | トップページ | 読書の秋 4 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ