今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 英語コンプレックス | トップページ | 予約殺到の波 »

2007.11.19

ロンドン

ロンドンに住んでもう17年目になります。その前にも学生として2年滞在していたので、トータルで18年半、19年目になるんです。改めてそう考えると少し気が遠くなります。何故ロンドンだったんだでしょうね。

1989年に勉強を終えて日本に帰った私は、再びロンドンに戻るために歩き出しました。執拗なまでに、イギリスにこだわり、イギリスに少しでも早く戻るためにはどうしたらいいのかを毎日考えていました。

勉強嫌いの私は、また学生としてロンドンに行くとは考えられませんでした。とすると、あとは仕事か結婚しかないですよね。学生時代に付き合っていたイギリス人のボーイフレンドとはとっくに完璧に終わっていましたし、結婚と言うのは一人じゃ出来ないから、すぐにはありえません。そうなると、残っているのは仕事・・・。しかし、英語はそこそこ出来ても、他に大したキャリアもない私にビザを与えてくれる仕事ってあるんでしょうか。

仕方がない。ないものはどうにもなりません。本当に行きたいのなら、何年かかってもいいと思いました。「とりあえず12年かけてロンドンに定着する方法を探していこう。12年かかっても行き着くことが出来なければ、諦めよう」と心に決めました。

何で12年だったのかは、今となってはよく分からないけど、若いときの12年って、気が遠くなるほど長い年月だと思います。あの時はそれぐらいかけないとたどり着けないような気がしていたんです。行くからには、永住するぐらいの気持ちで、きちんと行きたいと思っていました。すぐに帰ってくるようなことになりたくなかったんです。

そんなこともあって、いくつかの派遣の仕事をこなした後、英国の会社に就職先を絞り、そのためにはと、英国系のJob Agentに登録し、ブリティッシュ、最悪でもヨーロピアンの会社を紹介してもらうようにお願いしました。

結果、1年2ヶ月後には私はロンドンで働いていました。

結果だけを見ると、簡単に成し遂げたように聞こえるかもしれません。実際に簡単だったような気もします。「ラッキーだったね」ともよく言われます。確かにラッキーだったとも思っています。

誤解をおそれずに言うと、人間、明確な目標を持ち、今の自分が出来ること、持っているものを認識し、そこからゴールまでの構想を練ってしまったら、その先は案外楽なのだと思います。導いてくれる人や物事を見極め、ひたすら感謝しながら、ゴールに向かって進むだけ。明確な目標を持つことにより、エネルギーが集まり、目標に波動が共鳴し、その方向へ連れて行ってくれるのだと思います。あれこれ迷うことはありません。ただひたすら、目標へ向かって日々出来ることをしていけばいいのです。そのための努力が出来ないと言うのなら、それは本当に望んでいることではないとも言えます。

Creative Visualisationが自己実現をhelpするというのも、こういうことなんだと思います。そしてもうひとつ大切なのは、実現しなかったことも失敗だと思わないことです。もっとずっと後で、突然実現してしまうこともあります。人生は長いのです。

ロンドンで働き始めて3年後に一度大きな危機が訪れました。労働許可の延長が拒否されてしまい、イギリスに居られなくなりそうになったのです。あのとき私のとった行動も今考えると結構笑えるぐらい必死でした。「どうしてもイギリスの永住権をとる」(永住権は4年働くと申請が可能になります)。そのために自分が出来ることは全てやりました。そして、もしイギリスに居られないのであれば、日本に帰るのか、別の国に行くのかと言う事も検討しました。会社にヨーロッパのどこかのブランチに送ってもらえるかどうかも打診しました。可能性のあるミラノ、ハンブルグ、ロッテルダム、全部検討しました。労働許可の延長拒否に対して異議申し立てをしたのですが、それが失敗した時には、どうすれば最短でイギリスに戻れるかしか考えていませんでした。

結局再申請は成功し、労働許可は延長され、翌年パーマネント(永住権)の申請も受領されて、晴れてレジデントとなれたわけですが、そんな風に結構トラブルがあって長いこと不安定な生活を強いられた訳ですが、自分の心のどこかでは絶対に自分はイギリスに居られるという確信がありました。もちろん精神的におかしくなりそうなぐらい不安な時期を過ごしたのですが、どこかで「絶対大丈夫」って思っていたのでした。

その後何年も経ちますが、いまだにこの国に住んでいるってことは、私の居るべきところは本当にここだったのでしょうね。

「ロンドンに住む」と言うことをこんな風に自己実現した後でも、「自己実現」って簡単にできると思ったことはありません。いつも試行錯誤です。自分が本当に望んでいることと、自分のエゴが望んでいることの見極めって凄く難しいですよね。

今でも執着と確信の見極めを勉強中です。

« 英語コンプレックス | トップページ | 予約殺到の波 »

Mind Body Spirit 心・身・神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語コンプレックス | トップページ | 予約殺到の波 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ