今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 日本滞在記その7-がん患者ケアとアロマセラピー(ワークショップ) | トップページ | 日本滞在記その9-ネットワーク »

2007.08.27

日本滞在記その8-オーラソーマとアンジェリック・レイキ

満月の次の日7月31日は、3回目のオフ。
この日は、お友達のあきこさんにオーラソーマのリーディングをしてもらうことになっていました。

あきこさんは、いわゆる「趣味」を通じて知り合ったお友達です。私達に共通するこの「趣味」は、一般的に言うとヒーリングやセラピーからは程遠いもののようです。(一般的に言わなくても、「遠い」かな?)でも、私から見るととっても近いんです。まぁ、ここで分析すると理屈ばかりになるのでやめておきますが(苦笑)、またいつか機会があったら、私なりの検証を紹介してみたいと思います。(って誰が興味あるんだろう?)

また話題が脇にそれちゃった・・・。どうも私は理屈っぽくて、頭の中の情報を整理しながら組み立てて全部出さないと気がすまないようで、時々まどろっこしい文章になってしまいます(反省)。人に興味を持って楽しく読んでもらえるような文より、自己満足的で、自分に向けて書いてるのが丸出しです。読んでくださっている方、本当にありがとうございます、ご苦労様です・・・(苦笑)

話を元に戻しますと、そのあきこさんとは、ヒーリングから一見程遠い趣味で知り合ったにもかかわらず、知らず知らずヒーリングやセラピーの話ばかりするようになっていました。知り合った頃、彼女も「過渡期」にいたみたいで、自分の道をいろいろ模索しておられましたが、彼女の選んだ道の第一歩がオーラソーマでした。その彼女のオーラソーマ・レベル2が、この日の数日前に終了したばかりで、私はいわゆる「実験台」、でも私自身で望んで「受けたい~~」とお願いした、自己売り込みの「実験台」です。

ずいぶん前から日時を決めて、あきこさんはボトルつき貸しサロンまで借りていてくれました。日本は凄いですね、「貸しサロン」そのものも、こんなものまでビジネスに?と思ったけれど、それがオーラソーマにまで及んでいるとは、恐るべし!

以前アロマセラピーとの出会いという記事でイギリスでオーラソーマを学んだことを書きましたが、現在のここイギリスではこのセラピーはかなり衰退しています。本場なのに残念ですよね。今のマネジメントも、イギリスには力を入れていないように思います。なのに、日本では貸しサロンまで!う~ん、なんかギャップを感じます。

リーディングを受けるのは本当に久しぶりです。以前は時々自分でやってましたが、ここ数年全くやっていません。どんなボトルを自分が選ぶのか、結構楽しみにしていました。が、結果は・・・、昔と殆ど変らないレンジを選んしまって、逆にビックリしました。でも、チャレンジボトルは実は初めて選んだボトルだったんです。あきこさんは、私もオーラソーマをやっていて、知識がある分、多分凄くやりにくかったんじゃないかと思いますが、とても丁寧に、慎重に読んでくださいました。また、私の話をとっても辛抱強く聞いてくれていました。聞いてくれると話もしやすくなります。

また、私のボトルはソウルボトルもチャレンジボトルも両方とも同系色で、混ぜるとマゼンタになるのですが、そのマゼンタの補色、オリーブグリーンを出された時は、痛いところつかれたなぁと思いました(汗)。最後のボトルがマスターボトルだったのですが、その名を聞いてずっこけてしまいました。「サン・ジェルマン」。え~?なんで急にフランス人になっちゃったの~?日本のオーラソーマって各国語がごちゃ混ぜになっているんでしょうかね。ちょっと違和感が。日本人は、良く知らないマスターとか宗教のこととかどうクリアして行ってるのかなぁ、私はそのあたりでちょっとToo Muchになっちゃったんだけど。

私が話をしすぎたせいで、時間がなくなってしまいました。お返しにアンジェリック・レイキをすることになっていたのに、残念。この後もう一人の友人のお家に二人でお邪魔して、今度はその共通の趣味の話に花を咲かせ、楽しいオフの1日はあっという間に終わってしまいました。

サロンまで借りてくれたのに、お約束のアンジェリック・レイキが出来ないのは申し訳ないと思い、次の日仕事の後にホテルに来てもらって、ヒーリングしました。

私もこのヒーリングは6月にアチューンメントしたばかり。他のセラピーを施術する時にはこのエネルギーを乱用(笑)していましたが、ちゃんとした1時間のセッションで施術するのは実は初めて。でもまぁエンジェルが何とかしてくれるだろうと思い、やってみました。

いやぁ、凄いですねぇ。ヒーリングを受けるのも、アチューンメントも凄かったけど、ヒーリングするのも凄い。そして楽しい。彼女が何を感じているかわかるときもあるし、全然わからず自分がいろいろ感じる時もあるし、ビジョンも出てくる。ビジョンの弱い私ですらこんなにはっきり見えるのが凄い。

エンジェルやマスターも沢山来ていたみたいです。最初はずいぶんいろんなものを引きずっていて、またいろんなものを体にくっつけていてとても苦しそうでしたが、彼女が自分でLet goしてからは一気に波動が軽くなって行ったのがわかりました。後で話をきくとずいぶんリリースできたようなのでよかったなぁと思います。

このアンジェリック・レイキ、10月ごろにマスター・ティーチャーコースをやる予定にしています。自分の中で納得したら、私もティーチャーとして、望む人たちにアチューンメントをしていきたいと思っています。アセンションのためにきっと有効なものになると信じています。

最後になってしまいましたが、あきこさん、いろいろありがとうございました。またオーラソーマのリーディングお願いしますね!アンジェリック・レイキもよかったらまたさせて下さい。今回は本当にお世話になりました。また「趣味」の方でもよろしくね(爆)!

« 日本滞在記その7-がん患者ケアとアロマセラピー(ワークショップ) | トップページ | 日本滞在記その9-ネットワーク »

Angelic Reiki アンジェリックレイキ」カテゴリの記事

Aura-Soma カラーセラピー」カテゴリの記事

Spirituality スピリチュアリティ」カテゴリの記事

コメント

AA師匠!!(笑)
先日は、学びたての私の実験台(笑)になっていただきましてありがとうございました!
いや~、無理強いしないセラピーなのに、これでもか~って「オリーブグリーン」を強調してしまってすみません(>_<)AAさんなら言っちゃっても大丈夫かな~と思ってついつい(汗)
ボトルも購入しますので、これに懲りずにまた年末に帰国された際にはコンサル受けてくださいね(笑)お待ちしてます!
そして、アンジェリックレイキ!!想像以上に素晴らしいヒーリング効果を実感できました!ありがとうございました!!
是非、年末帰国された時にアチューンメントを受けさせてください。宜しくお願いします。

そうそう、「サン・ジェルマン」(笑)
フランス革命に影響を与えたマスターだからフランス語読みなんでしょうかね~?
「セント・ジャーメイン」と教えているところもありますが。。。
でも、「サナト・クマラ」は日本では「鞍馬天狗」って説もありますが、そうは教えないですしね(苦笑)。「ラオツー&クワンイン」は「老子と観音」って言われたほうがピンときます。
日本って、お盆もクリスマスもお正月もあるなんでもありの国だから、日本人はマスターに対しては「あーそうなんだ~」って感じなのかな~って。
いずれにせよ、マスターは「自分の内側」に存在しているものですからね~。私は呼び方に関してはあまりこだわりはないです(もっとこだわれって?!)

あきこさん
コメントありがとうございます~!
日本では大変お世話になりました。

師匠なんて、やめてくださいよ~~!皆一緒に学んでいるのですから、まぁ、そういう意味では皆お互い師匠って事ですが・・・。

マスターの呼び名などについては、日本ではきっとフランス人や中国人にリーディングすることなんて殆どないでしょうから、確かにどうでもいいことなのかもしれませんね。突っ込まれることもあんまりないと思いますし・・・。西洋のマスター達や宗教に深くかかわった人たちの知識なんて、みんな似たり寄ったりだと思うし。逆に、西洋っぽくっていいのかもしれない。ちょっと3D的ですが・・・(笑)。文化の根が同じだと、やりやすいのかな。でも、リーディングが浅くなっちゃう可能性も。

イギリス人に「サン・ジェルマン」なんて、言えないですもん・・・。B7なんて、名前聞いても日本人にはピンとこないだろうしなぁ。いっそのこと、ボトル名は、廃止しちゃえば?または自分でネーミングしちゃう。日本文化に合わせて。楽しいかも。な~んて、こんなことばかり言うから、オーラソーマ道を極められなくなったのね、ごめんなさい。

あきこさんは、頑張って極めてくださいね。またリーディングしてください!楽しみにしています。

アンジェリック・レイキのアチューンメントは、いつから始めるかわかんないです。期待しないで待っててくださいね。翻訳しないといけないしなぁ・・・(遠い目)その前にマスターにならないといけないんだった(汗)。がんばりま~す。

度々こんにちは~(笑)

確かに、イギリスとフランスとの歴史から考えると、イギリス人相手にはあの呼び名はダメですよね~(苦笑)
やはり違う民族に伝えるというのはかなり大変ですね…。私は今はまだ日本人相手にしかコンサル出来ないですが、一応英語の解説本?も購入して必死に理解しようとしてます(汗)。微妙に違うところがあるんで、学びたての私には迷う事もまだまだありますが、どうすればお相手にその意味を理解してもらえて奥に眠っている大切なことに気付いてもらえるか?ってことに焦点あてて精進していきます~(^^ゞ
B7…(-_-)確かになんのことやら~でした(苦笑)。まだまだですね。。。
そうそう、日本でオーラソーマを本来のものからかけ離れた内容で提供してる方が増えてるらしく、今後いろいろ厳しくなるそうです。でも最後はその人任せなんですけどね~。。。

アンジェリックレイキを年末に修得!と私の予定表には既に書き込まれてますので(笑)、AAさんよろしくお願いしま~す(^O^)

あきこさん、こんにちは~。

オーラソーマが人によってはかけ離れた内容になるのも、ある程度仕方ないかなって思います。制限すると、もともとこのセラピーが持つ意味から外れてしまうし・・・。コントロール下におこうとするのも間違っていると思います。

セラピーやヒーリングって3Dを超えて、多次元で、ホリスティックなものですから、その人その人に合った方法が正しい方法になるのだと思います。ただ、誰でもお金を払ってコースに参加すると資格が取れてしまうから、必ずしもそういうことを理解したうえで独自にやっていく人ばかりじゃないってところが難しいところですね。

オーラソーマも修了試験とかすればいいのかな。でもなぁ、解釈に正しいとか間違っているとかってないからなぁ・・・。

>アンジェリックレイキ
ええ~、すでに予定に入ってるんですか~?プレッシャーが・・・(笑)

初めまして。
Vancouver(Canada)からです。
先週、Angelic Reikiのアチューメントを受けました!
その前にブログを拝見させていただき、わくわくとドキドキが混ざっていましたが、すごかったですー!!!
同じ日本人の方がすでにアチューメントを受けられているのを見て、思わず書き込みしちゃいました。
これからもお邪魔させて頂きます。

おすぎさん

初めまして。コメント有難うございます!
カナダでもAngelic Reikiのアチューンメントが出来るんですね!なんだか感動です。

今日ちょうど、一緒にアチューンメントを受けた3人でプラクティス・セッションをやって大いに盛り上がってたところなんで、地球の向こう側からのコメント、とっても嬉しいです!

この素晴らしいヒーリングがどんどん広まっていくといいなぁって思ってます。

実は今週末にマスター・ティーチャーのアチューンメントを受ける予定なんです。またこのブログ(最近忙しくてサボリがち・・・)で報告しますので、遊びに来てくださいね!

おすぎさんの体験も教えてください~。(興味深々です!)

こんにちは。
IFA大阪ミーティングでお世話になりました名古屋人です。

ボトルの名前!!
…確かに日本人は好きです。
「ネーミング・オブ・ザ・ボトル」という本も人気で、どうしてその名前なのか?ということもコンサルテーションの中に入ってきますから。

ボトルの名前のことを言ったら
オーストラリアやイギリスのティーチャーに
「なにそれ?」
と言われたというエピソードも、耳にします。

そして新しいボトルはエンジェルの名前ばかり。

>または自分でネーミングしちゃう。日本文化に合わせて。

この意見、楽しいです。
確かにそっちの方が、理解が深まるし心にも響きますよね~。

桂さま

こんにちは!コメント有難うございます。
オーラソーマもされていらっしゃるんですね~!私はずいぶん昔にやって、今はオーラソーマ自体はぜんぜんやっていないんです。色については今も私のヒーリングやセラピーに影響していますけど。

ボトルの名前については、やっぱりイギリス人がつけたものなので、どうしても「ユニバーサルとは言い切れないのでは?」と疑問に思うものもなきにしもあらずかな~なんて思っています。そういうこともあってボトルの名前にこだわり過ぎないほうがいいと考える方がいてもおかしくないかなと思いますね。その色そのものがもつ意味がボトルの名前によって意味が狭められたりしたら残念ですものね...。そう考えると難しいです。

桂さんはリーティング結構やっていらっしゃるのかしら?アロマセラピーとの融合も興味深いでしょうね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本滞在記その7-がん患者ケアとアロマセラピー(ワークショップ) | トップページ | 日本滞在記その9-ネットワーク »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ