今日の月

  • CURRENT MOON

Current Reading 現在の一冊

  • What is Lightbody?

    Lightbody



    What_is_light_body


  • Cell Talk

    Cell_talk

  • emerald tablet

    Emerald_tablet

  • Ascension Manual 1

    Ascension_manual_1

The Soul Mantra

  • I am the Soul,
    私はたましい
  • I am the Light Divine,
    私は神なる光
  • I am Love,
    私は愛
  • I am Will,
    私は意志
  • I am Fixed Design.
    私は完璧にデザインされている

« 占星術とアロマセラピー1 | トップページ | アンジェリック・レイキ アチューンメント »

2007.06.25

占星術とアロマセラピー2

1からの続き)

たとえばひとつの方法として、占星術のチャートを使わなくても、支配する惑星の特性に注目して、特定の問題の本質をつきとめ、体と心に働きかける精油や治療法を選ぶことが出来ます。

10種類の惑星ですが、日本語ではあまりぴんと来ないかもしれませんが、英語ですとそれぞれギリシャ神話の神々由来の名前が使われているように、名前からもキャラクターが連想できます。

太陽Sunは青春と芸術の神アポロン、月Moonは月の神ヘレネか女神アルテミス、水星Mercuryは伝令神ヘルメス(英語名マーキュリー)、金星Venusは美と愛欲の神アフロディテ(英名ビーナス)、火星Marsは軍神アレス(英名マース)、木星Jupiterは最高神ゼウス(英名ジュピター)、土星Saturnは農業神クロノス(英名サターン)、天王星Uranusは天空の神ウラノス(英名ウラナス)、海王星Neptuneは海洋神ポセイドン(英名ネプチューン)、冥王星Plutoは冥界の王ハデス(英名プルートー)。

この惑星のキャラクターを分析することで様々な要素をそれぞれの惑星の支配下に分類できるわけで、すべての惑星は、ある決まったハーブや精油、クリスタルや色などを支配すると考えます。

また、黄道12星座(宮)はそれぞれ私達の肉体の特定部分に関連しているので、体の不調箇所からどの星座(宮)に関連する問題が発生しているのかを特定し、肉体的問題のほかに心理的、感情的問題として捉え、問題を起こしている星座を支配する惑星の支配下にある精油なりクリスタルなりを使って、問題解決の糸口を探していくことが出来るというわけです。

それぞれの星座の表すからだの部位は、牡羊座-頭部、牡牛座―首、双子座―胸・両腕・肺、蟹座-バスト・胃、獅子座―背中(胸椎部)・心臓、乙女座―腸、天秤座―腰・腎臓、蠍座―生殖器、射手座―お尻、太腿、山羊座―膝、骨(全体)、水瓶座―ふくらはぎ・足首・かかと、魚座―足(feet)と、上から順番に下部に向かって行きます。

例えば、胃の調子が悪くて来られたクライアントが居たとします。通常胃の調子が悪ければ、「何か良くないものを食べたのだろう」ということになりますが、この方式で見ると、蟹座に関連した問題を抱えているということになります。そして蟹座(宮)の問題点はといえば、家庭・家族・さらには家に関する問題なので、「家族に問題があるのでは?」と推測するわけです。もちろんクライアントにダイレクトには言わず、「最近あなたの家族はどうですか?」と言った尋ね方をし、クライアントにその問題について話すか話さないか選ぶ余地を与えるのもヒーリングのひとつのテクニックですので、「家族に問題がありますね?」といった言い方をしないのが大切です。

同様に首の問題は、牡牛座()の問題である「経済的なこと」であったり、足の問題は魚座(宮)の課題、「逃避」に関する問題であったり、体の各部位に対応する12の星座それぞれに、その性質に関連した問題点を見出すことが出来るのです。

問題点をクリアにしたら、次にその星座(宮)を支配する惑星に関連するハーブやクリスタル、色、精油をその身体的な状態を見ながら処方します。また問題が、逆の方向に出ている場合、例えば牡牛座の経済問題でも、「お金がなくて困っている」のが通常とすると、「お金がありすぎて困っている」といったように問題点が反対方向に出る場合は、その星座のちょうど反対側にある星座の支配星に関連するものを処方します。(この場合、牡牛座の支配星金星に対し、正反対の星座蠍座の支配星火星に関するものを処方)

ワンダ曰く、この方法で割り出した問題点は、彼女の経験上ほぼ100%の割合で正しいそうです。本当にビックリしてカウチから落っこちそうになった人も何人もいるとか。もちろん、正しく推測していくには、直感、そして何よりも経験が必要になって来ます。

また、各惑星が支配するハーブ、クリスタル、精油、色などは、伝統的に大昔から使われて来たものなのでで、通常外側の惑星は使いません。昔の伝統に従うと、その時代には天王星、海王星、冥王星は見つかっていなかったので、その時代の支配星を使います。

この方法は、デカンビチュア・チャートとはまったく別の方式ですが、デカンビチュアで処方する植物やハーブ、クリスタル、精油、カラーの支配星は同様になります。

デカンビチュア・チャートもとても興味深いものなので、これはまたあらためて書きたいと思います。 (こちらを参照)

この方法はチャートが要らず、それ程占星術に精通しなくても直感と経験で培っていくことが出来るので、かなり有用なのではないでしょうか。ワークショップに参加した方達が、それを機に占星術に興味を持ってくれると私も嬉しいと思います。

« 占星術とアロマセラピー1 | トップページ | アンジェリック・レイキ アチューンメント »

Aromatherapy アロマセラピー」カテゴリの記事

Astrology 占星学」カテゴリの記事

コメント

占星術とアロマセラピーの関係って面白いですね~!!

特に
>首の問題は、牡牛座(宮)の問題である「経済的なこと」
これって、よく「借金で首が回らない」っていうのに通じるわけですね!!
なるほど~!と一人で納得・感心してます(笑)

私の周りでよく胃が痛いって言ってる方はご家族の問題を抱えていたりしてますし。

人間ってホント自然界に生かされているんだな~と思わずにはいられないですね。

あきこさん、こんにちは~!

>占星術とアロマ
本当に占星術って不思議です。大昔の人たちはそういう「不思議なこと」を直感的に知る力が今ほど衰えていなかったのかなぁって思います。

>首が回らない
それは私も思いましたよ~(笑)。

今回は内容説明で終わってしまいましたが、星座ひとつひとつの問題点についてもまた機会があったら、書きたいと思います。
オーラソーマ、レベル2でも占星術と色の関係が出てきますよ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405648/6917303

この記事へのトラックバック一覧です: 占星術とアロマセラピー2:

« 占星術とアロマセラピー1 | トップページ | アンジェリック・レイキ アチューンメント »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • MagentaRay

Merkabah

  • Flower of Life

    Fol_fb

  • Metatron's cube

    Metcube_20fruit

  • Star Tetrahedron

    Merkabah

Angels

  • Archangel Metatron

    Metatron1

  • Archangel Raphael

    Raphael2

無料ブログはココログ