« 天使の祝福 | トップページ | 肉親との別れ »

2007.05.25

IFA 国際アロマセラピスト連盟

昨年から、ロンドン西部にあるIFA事務局で週に2日、事務をしています。

何年か前から、IFAにて日本語の筆記試験の採点のお手伝いをさせていただいていたのですが、それがきっかけで事務局でお手伝いするようになったのです。

IFAは英国において1985年にプロフェッショナルアロマセラピストのための組織として設立され、会員により支えられている非営利の慈善団体として運営されています。アロマセラピストの団体としては、世界でもっとも古く、数々のアロマセラピストを育ててきました。

同じく英国に本拠を置くITECやIFPAに比べると、ディプロマ取得の教育水準規定が高く保たれ、アロマセラピストの資格としては英国において最も高いレベルとされています。

IFAは主に理事会(11人のメンバーからなっています)が運営していますが、この理事の方達は月に一度のミーティングで事務局に来る以外は殆ど事務局でお会いすることはありません。

事務局はと言えば、驚くなかれ、なんとたったの3人ですべての事務をこなしております。それも、私は週に2日。もう一人は週に3日。あとはオフィスマネージャーが一応フルタイムでいるだけですから、実働は毎日2人しかいないんです。この人数で2000人近い会員に関すること、認定校との連絡、試験の手配、合格者のサーティフィケート発行、ワークショップの手配、季刊誌の配布、そして理事会の事務など、様々なことをこなしているのです。

私は、ここ何年かで急増した日本人の会員(全会員の1/3近くになるんですよ~)の皆様からのお問い合わせや、日本の認定校との連絡、日本で行われる試験の手配、合格者のサーティフィケートの発行などを主に行っています。オフィスマネジャーはフルタイムと先に書きましたが、彼女は出張で出かけることが多く、事務局では一人で働いていることも多々あります。でも、そうなると電話の対応などに追われて一日何の仕事も出来なかったりもします。

日本の会員の皆さんの中には、「問い合わせをしてもすぐに返事が来ない」「英語の書類が多くて意味不明」「間違いが多い」など不満に思っていらっしゃる方もいるようで、本当に申し訳ないと思いながらバタバタと走り回っております。

なんとか英国IFA本部を身近に感じてもらえたらな~、と思いながらも具体的に何をしたら良いのやら。せめてIFAウェブサイトの日本語ページをもっと充実させたいと思ってるんですけど、なかなか進みませんね~。

大体、会員の人たちってウェブサイト見てくれてるのかしら?「ど~せ英語だから良くわからないから見ない」とか思われていたら、ちょっと悲しいです。

IFAウェブサイト

|

« 天使の祝福 | トップページ | 肉親との別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IFA 国際アロマセラピスト連盟:

« 天使の祝福 | トップページ | 肉親との別れ »